Soul Limbo / Booker T. & The M.G.'s

夏っぽいね!昨日の Mavis に続いて、Stax 60 周年記念シリーズから、Booker T. & M.G.'s の 1968 年産 7th アルバムを。

今回のシリーズでは、今作以降、1970 年の「Melting Pot」まで、彼らのアルバムが計 5 枚ラインアップされていて、既に持っている「Melting Pot」と「McLemore Avenue」以外なら何を買ってもよかったのが、ジャケ写が今の季節にピッタリな今作を選んだ次第。

まあ、要するにジャケ買いなのだが。昨日は 1,800 円は高いと言ってたくせにね。

 

で、内容の方は、例によって、"La La Means 〜" を始めとするカヴァー曲を中心とする構成なのだが、"Eleanor Rigby" やら "Foxy Lady" やら、果てはマカロニ・ウェスタンの主題歌とか、ジャズ系までいろいろやってます。

マカロニ・ウェスタン好きはジャマイカンだけじゃなかったんですね。

 

変わったところでは、オリジナルのタイトル曲はなんとマリンバをフィーチャーした南国風味。

あー、それで、こんなジャケ写だったのか。

あと、"Eleanor 〜" はずいぶんとヘヴィーなアレンジですねえ。"Foxy Lady" と同じぐらいの重さじゃあないか。

 

★★★★

 

--------------------

Booker T. & the MG's の過去レヴューは ↓

Melting Pot / Booker T. & The M.G.'s

Sound The Alarm / Booker T. Jones
Green Onions / Booker T. & The MG's
The Road From Memphis / Booker T. Jones + McLemore Avenue / Booker T. & the MG's

 

Stax 60th Anniversary シリーズの過去レヴューは ↓

Mavis Staples - Only For The Lonely / Mavis Staples
 

SOUL 区切り 23:13 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Mavis Staples - Only For The Lonely / Mavis Staples

サイケな時代Shakira からラテンっぽいところを軽く行ってみるつもりが、ずいぶんと遠いところまで行ってしまいましたね。

ということで、再びソウル方面に戻りましょうか。

 

またしても周年記念で申し訳ないが、Stax が 1957 年に設立されて、今年が 60 周年ということで、20 枚ぐらいリイシュー盤がリリースされている。

まあ、Stax と言えば、あちらこちらでさんざんリイシューされているわけで、今回は「Shaft」みたいな超有名盤もありつつ、若干ハズした感じもあるという、少々不思議なセレクションになっている。

でも、今どきストレートなリイシューで税込 1,800 円というのは、ちょっとお高くないですか?

それでも、2 in 1 ならお買い得かと思って、現在 78 歳にして、まだまだ現役の Mavis Staples ソロ名義の 1969 年産 1st と翌 '70 年産 2nd のカップリング盤をチョイスしてみた。

 

パッケージには 1st のジャケ写が使われているのだが、Mavis といえどもサイケの波には抗えなかったのか、額に星(まさかヒトデじゃあないよね。)らしきものを貼っているではないか。

とは言うものの、中味はがっつり正統派の Stax サウンド。もうちょっとゴスペル風味が効いてるのかと思ってたんだけどなー。

特に 1st は Steve Cropper の Prod. で、Otis や Sam Cooke や、果てはこういう場合の登場率が極めて高い Bacharach のカヴァーやらが、次々と登場して、まさに Stax マナーと申しましょうか。

2nd は Don Davis Prod. に替わっているのだが、基本的には同じでしたね。

 

★★★☆

 

--------------------

The Staple Singers 関連の過去レヴューは ↓

Pass It On / The Staples
 

SOUL 区切り 23:24 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Candido Featuring Al Cohn

23 年前は着衣いつの頃からか、日ごろ巡回しているタワレコ新宿店の一角に、Oldays Records なる紙ジャケ再発レーベルのコーナーが設置されていて、まあ、基本は 60s アメリカン・ポップスの発掘みたいな感じだったので、全く無視していたのだが、最近、通りすがりに Sam Cooke がラインアップされているのを発見して、あー、これはたまにはチェックしておかねば、的な印象を持っていた。

で、先日、本日のお題を発見して、とりあえず初めて手を出してみた次第。

 

その、本日のお題とは、以前 Salsoul 盤をご紹介した Candido の 1956 年産、初のリーダー・アルバム。

えーと、タイトルにある Al Cohn 氏とは、ライナーによると 1925 年生まれの Sax 奏者とのこと。

ちなみに Candido は 1921 年生まれなので、30 代半ばであったようですね。

 

で、今作、彼のリーダー・アルバムだけあって、彼のパーカッションが大々的にフィーチャーされているのだが、基本的にはオーセンティックなジャズでございます。

そりゃそうか、1956 年作品だもんねー。ディスコなんて、影も形もないはずだし。

ということで、たまに聴くにはいいにしても、今作を採点するほどの、知識も耳も持ち合わせておらず…。

申し訳ない。

 

ところで、以前ご紹介した Saisoul 盤は 1979 年産なので、今作から 23 年後の作品となるわけなのだが、年齢は相当違うとは言え、ジャケ写のポーズはほぼ同じじゃあないですか!

まあ、こちらの方は、きっちりと着衣しているんだけどね。

 

--------------------

Candido の過去レヴューは ↓

Candi's Funk / Candido

Dancin' & Prancin' / Candido
 

JAZZ / CROSSOVER 区切り 23:30 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

El Dorado / Shakira

黄金郷ラテン系でエロと言えば、Shakira 姐さん 3 年ぶりのニュー・アルバムです。

いや、彼女も既に 40 歳で 2 児の母なので、いつまでもエロ目線で見ているのもおかしいのだが。

とは言うものの、正体不明の乳白色の液体に浸かった、なんだか思わせぶりなジャケ写ではある。

 

内容的には、王道ラテン・ポップ路線に戻りつつある、といった感じでしょうか。

とは言え、ラテン系ポップと非ラテン系ポップがほぼ交互に登場する展開といった程度なのだが。

まあ、ビッグネームだし、年齢も年齢なので、ラテン一辺倒に突っ走るようなことはないのだろう。

 

それにしても、英語以上にスペイン語はわからないとか言っておきながら、なぜ彼女のアルバムを常に買っているのか?

我ながら不思議なのだが、やっぱりラテン系が好きなんだよね。

なので、彼女の新譜を発見してしまったら、マルチバイ割引要員として、どうしても発注してしまう、みたいな。

今回は、もういいかと思ってたんだけどねー。

 

★★★☆

 

--------------------

Shakira の過去レヴューは ↓

Shakira

The Sun Comes Out / Shakira
She Wolf / Shakira
 

ROCK / POP 区切り 23:09 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

The Sexadelic Disco-Funk Sound of Susana Estrada

当然、透けてますよね。ゲテ物ディスコマニアの皆さま、お待たせしました。

本日登場するのは、スペインの肉体派女優 Susana Estrada の 1981 年産唯一のアルバム「Amor Y Libertad」をベースにしたコンピレ盤。

リリース元は、スペインの復刻レーベル Guerssen が新設した Espacial Discos で、今作が第 1 弾リリースとのこと。

 

で、主役の Susana Estrada なのだが、ライナーによると、スペインで最初に全裸でパフォーマンスした人物で、ロボットと疑似 S●x する舞台に出演していたそうな。

そう言えば、ブックレットに、ほぼ全裸の彼女がロボット(風のかぶりモノを着ている人)に組み敷かれている写真が載っていて、何事かと思っていたのだが、この舞台の写真だったのか。

ブックレットと言えば、このジャケ写、彼女が着用しているレオタードは、当然、透過性の強い生地なのだが、ブックレット内にはもっと危険な写真が満載なのでご注意を。

 

内容としては、まあ想像どおりのユーロ・ディスコ系。

まあ、セクシー女優 × ユーロ・ディスコなんていうと、いかにもチープな仕上がりかと思うのだが、サウンドだけ聴いてると意外と本格派な印象。

とは言うものの、歌詞がスペイン語なので、何を歌っているのか、英語以上にさっぱりわからないんだけどね。

中では、M-8 "Espacial" がコズミック・ディスコ系としてインパクト大。喘ぎ声も多めに収録されてるし。

M-11 のラップ曲 "Mi Chico Favorito" は、例の Chic 〜 Sugar Hill Gang ネタですねー。

と思ったら、M-12 は "Another One Bites The Dust" か?

ラス曲は 2007 年録音の未発表曲。彼女は 1949 年生まれらしいので、当時 58 歳だったことになりますね。いやあ、お元気ですねえ。

 

★★★★
 

DISCO 区切り 23:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Dancin' In My Feet / Laura Taylor

カット盤で申し訳ない。続いては、いつの間にか第 4 期に入っていた T.K. リイシュー・シリーズから、Laura Taylor なる女性シンガーの 1979 年盤を。

オリジナルは T.K. 傘下の Good Sounds なるレーベルからのリリースだったようだ。

 

さて、この Laura Taylor 女史、聴いてみたところウィスパー系のヴォーカルなのだが、実は Jazz シンガーなのだそうだ。

で、Good Sounds が所有する Criteria スタジオで Bee Gees と出会い、彼らのバックバンドと制作したのが今作なのだとか。

その後、彼女は Julie London や Chet Baker へのトリビュート・アルバムをリリースするなど、Jazz 界に戻った模様で、今作だけが突然変異の如きディスコ・アルバムなわけですね。

まあ、そう言われてみれば、ディスコ・シンガーとしては辛気くさい雰囲気ではありますねえ。

 

と書くと、何だか中途半端な作品なのでは、と思われるかも知れないが、実際はストリングスやホーン・セクションががっつり効いた直球勝負のダンス・アルバムでございまして、M-2 タイトル曲は Jim Burgess の Remix でビルボード・ディスコ・チャートの #4 にまで昇ったらしい。

ということは、そこそこのヒットだったはずなのに、そのディスコ路線をあっさりと離れてしまうのも、これまた謎ですね。

 

ところで、今作の画像を探していて、ようやく発見したのが → なのだが、よく見ると左下の部分に切り込みがある。

あっ、これってカット盤じゃない? 懐かしいなあ。

 

★★★★

 

--------------------

The Miami Sound: Original Soul / Funk / Disco Collection の過去レヴューは ↓

You're The Song I've Always Wanted To Sing / Timmy Thomas

Groove Machine / The J.B.'s + Pure Miami Jewels: T.K. Soul Standards
 

DISCO 区切り 23:58 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Slippin' And Dippin' - Second Cup / Coffee

2 杯目半年ぐらい前に、bbr からの 1st アルバムのリイシュー盤をご紹介したばかりの Coffee なのだが、今般の De-Lite 復刻シリーズ第 3 期に、なんと 1st と 2nd の 2 in 1 盤がラインアップされているではないか。

あゝ、そうでしたか、と言って買い直すのもシャクなのだが、1st を結構気に入っていたので、2nd の復刻盤に 1st がボートラとして付いているのだと自分に言い聞かせて購入に至った次第。

パッケージに使われているのは、当然 1st の方だったのだが、ここは特別に裏ジャケに使われている 2nd の方をアップしておきましょう。

 

さて、1st のレヴューで書いたように、彼女たちは Elaine Sims、Gwen Hester、Dee Dee Bryant の 3 人組。1st は Chi-Lites のメンバー Clarence Johnson の Prod. で 1980 年のリリース。

続く 2nd は、あの Tony Valor の Prod. で 1982 年のリリース。

1st は全 6 曲構成で、バラード系が 1 曲あった以外は、軽快でありつつも、そこはかとなく上品な風情のディスコ物だったのだが、2nd はもっとボトムが強化されて、これぞディスコと言わんばかりのギミックも盛り込まれた、がっつりダンス寄りといった感じ。

ほら、ジャケ写からして、ディスコ感強めでしょ。

と思ったら、後半になると、フツーに 80s なメロウ系だったり、同じく De-Lite 所属の Leon Bryant とのデュエット・ナンバーがあったり、なんとなく中途半端な印象も。

いや、そんなに嫌いじゃあないけれど、単に 80s のメロウ系が聴きたいのなら、もっと他に聴くべきものがありそうだもんね。

 

えーと、1st はレヴューしたばかりなので、今回は 2nd のみの採点ということで。

★★★☆

 

--------------------

Coffee の過去レヴューは ↓

Slippin' And Dippin' / Coffee

 

De-Lite Original Master Collection の過去レヴューは ↓

Melodies / Made In U.S.A.

Street People

De-Lite Dance Delights / DJ Spinna

Kickin Presents De-Lite 45s: DJ's Choice 1969-1976

De-Liteful And Soulful: Mellow Mover

Soul On Your Side / Rhythm Makers

Dazzle

Think Positive! + Struck Gold / Crown Heights Affair

Dance Lady Dance + Sure Shot / Crown Heights Affair

Dream World / Crown Heights Affair

Do It Your Way / Crown Heights Affair

Dreaming A Dream / The Crown Heights Affair
 

DISCO 区切り 23:00 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Melodies / Made In U.S.A.

単なる画ですか?De-Lite 復刻シリーズ第 3 期の 2 枚目は Made In U.S.A. なるグループの 1977 年産、こちらも唯一のアルバム。

元々は、グループ名をタイトルに戴いたセルフ・タイトルド作品だったようだが、リイシュー盤となってからは、アナログ B 面 1 曲目のタイトルを使っているようだ。

Made In U.S.A. とは、ずいぶん大きく出たグループ名だが、ライナーによると「Unity, Strength Ambition」なのだとか。

その割りには、ジャケ写に米国国土図を使っているのだが、この図、よく見ると地図でも何でもなく、単なる絵なんですよねえ。何だか安っぽいなあ。

 

で、そんな彼らの正体は、ジャケ写で観たとおり、Jann Harrison なる女性ヴォーカルをフィーチャーした総計 7 名のセルフ・コンテインド・グループ。

CHA を制作していた Freida Nerangis と Britt Britton のコンビが Prod. を務めているほか、ほとんどの曲の作者としてもクレジットされている。

 

さて、内容としては、M-1 "Never Gonna Let You Go" が Theo Parrish の「Ugly Edits」の Vol.1 でエディットされていたことで知られていますねー。

あと、タイトル曲は Larry Levan のガレージ・クラシックとして、こちらも知られておりまする。

軽快でありつつ、切れがよく、メロディアスなホーンが特徴的なディスコ系なのだが、ヴォーカルはソウル風味濃厚な本格派というところが、面白いですねえ。

キャプションだけで選んだにしては、当たりでしたね。

 

ちょっと甘いけど、↓ が★× 4 なら、

★★★★☆

 

--------------------

De-Lite Original Master Collection の過去レヴューは ↓

Street People

De-Lite Dance Delights / DJ Spinna

Kickin Presents De-Lite 45s: DJ's Choice 1969-1976

De-Liteful And Soulful: Mellow Mover

Soul On Your Side / Rhythm Makers

Dazzle

Think Positive! + Struck Gold / Crown Heights Affair

Dance Lady Dance + Sure Shot / Crown Heights Affair

Dream World / Crown Heights Affair

Do It Your Way / Crown Heights Affair

Dreaming A Dream / The Crown Heights Affair
 

DISCO 区切り 23:33 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Street People

確かに見た目は。さて、そしたら、De-Lite 復刻シリーズ第 3 期を行ってみましょうか。

Street People なるグループの 1976 年産唯一のアルバムで、オリジナル・リリース元は De-Lite 傘下の Vigor。

ということは、以前、第 2 期でのリリースをご紹介した Rhythm Makers と同年・同レーベルということになりますね。同期同窓みたいな。

 

彼ら自身に関しては、オリジナルのジャケにあまり情報が記されていないようで、ライナーの筆者もいろいろと調査・推理している(と言っても、ネットで検索しているだけのような気がしなくもないが。)ようだが、どうやら Ray Dahrouge なる人物を中心とした 5 人組ということらしい。

あと、1st と 2nd シングル曲のアレンジと指揮を CHA にも絡んでいた Bert Decoteaux が手掛けているようだ。

… だから、どうって言いたいわけでもないのだが。

 

で、内容の方なのだが、ジャケ写から感じられる怪しさ・胡散くささとはかけ離れた、フィリーの流れを汲む(と言っても、Hit Factory 録音なのだが。)正統派ソウルでございました。

なんだか、De-Lite という一癖ありそうなレーベルからのリリースというより、Atlantic あたりからリリースされてそうな感じと申しましょうか。

 

★★★★

 

--------------------

De-Lite Original Master Collection の過去レヴューは ↓

De-Lite Dance Delights / DJ Spinna

Kickin Presents De-Lite 45s: DJ's Choice 1969-1976

De-Liteful And Soulful: Mellow Mover

Soul On Your Side / Rhythm Makers

Dazzle

Think Positive! + Struck Gold / Crown Heights Affair

Dance Lady Dance + Sure Shot / Crown Heights Affair

Dream World / Crown Heights Affair

Do It Your Way / Crown Heights Affair

Dreaming A Dream / The Crown Heights Affair
 

SOUL 区切り 22:19 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

De-Lite Dance Delights / DJ Spinna

ダンスの喜び昨日の kickin 編と同じく、De-Lite 復刻連動企画の DJ Spinna による Mix 盤。

 

えーと、今作に関しては、CHA を始めとして、The Kay-Gees、Dazzle、Coffee など、昨日の kickin 編とは違って、復刻シリーズのラインアップを中心としたセレクションになっておりまして、まあ、宣材としての役割もきっちりと果たしていますねえ。

あ、それから、De-Lite の不動の 4 番バッター、Kool & The Gang も 3 曲ほど使われています。

まあ、De-Lite 時代の Kool & The Gang と言えば、彼らだけで Mix 盤を作ってもおかしくはないぐらいなので、あくまでも控え目に使ってみたという感じでしょうが。

 

ということで、こちらは陽性ディスコがこれでもかと言わんばかりに続く展開となっておりまして、Dance Delights という看板に偽りはないけれど、この調子じゃあ、腰が壊れてしまいそう。

 

ところで、DJ Spinna は実は Crown Heights の出身で、最初に買った 12" も CHA のものだったのだとか。

あー、なるほど、そういうことだったのか。

 

★★★★

 

--------------------

DJ Spinna の過去レヴューは ↓

DJ Spinna Presents The Wonder Of Stevie Vol.3

Undisputed Soul mixed by DJ Spinna

DJ Spinna Presents The Sound Beyond Stars
Deep Into Nite Grooves : Mixed & Selected by DJ Spinna
Southport Weekender Volume 9 / Mr. Scruff & DJ Spinna
Acrylick Presents 90's RnB Mix / DJ Spinna
Strange Games & Funky Things Volume 5 Compiled by DJ Spinna & BBE Soundsystem
DJ Spinna presents The Boogie Back
West End : New York City Classics - Mixed by DJ Spinna
Spring Time / DJ Spinna

 

De-Lite Original Master Collection の過去レヴューは ↓

Kickin Presents De-Lite 45s: DJ's Choice 1969-1976

De-Liteful And Soulful: Mellow Mover

Soul On Your Side / Rhythm Makers

Dazzle

Think Positive! + Struck Gold / Crown Heights Affair

Dance Lady Dance + Sure Shot / Crown Heights Affair

Dream World / Crown Heights Affair

Do It Your Way / Crown Heights Affair

Dreaming A Dream / The Crown Heights Affair
 

DISCO 区切り 23:36 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/285PAGES + >>