The Return of The Incredible Bongo Band

羊が何をした?↓ と同時リイシューされた Incredible Bongo Band の 1974 年産 2nd アルバム。

いや、↓ と一緒にレヴューしようと思っていたのだが、↓ の記事がそこそこ長くなってしまったので。

ちなみに、↓ との 2 in 1 的なリイシューはあったのだけど、今作単独でのリイシューは今回が初めてなのだとか。

実は、ショップで今作のジャケ写を見かけたときに、どうしても買いたくなって、それでどうせなら 1st も買っちゃえと思ったのが、既に所有していたのに 1st も合わせて買ってしまった原因ではあるんだよねー。

まあ、銀紙仕様だったのも大きいんだけどね。

 

さて、今作は Ringo Starr が参加しているという噂の "Kiburi" からスタートするのだが、内容は基本的には 1st とほぼ同じ。

とは言いつつも、多少ロック感が強めになった印象で、それなりにあちらこちらでネタとして使われてはいるのだけれど、使い勝手のいいトラックは 1st の方が多そうですね。

あと、"Pipeline" とか、"Wipeout" とか、サーフィン系のカヴァーもやっているのだけど、どっちも爽快感があまりないという、なかなか不思議な感触だったりする。

 

結局、このバンド形態でのアルバムは 2 枚で終わってしまうのだが、今作のオリジナルのライナーによると、次のアルバムを London Symphony Orchestra とレコーディングするプランがあったのだとか。

聴いてみたかったなーと思いつつも、更に Funk 感が減退してしまうのでは? という気も。

 

★★★★

 

--------------------

Pride Original Breaks & Beats Collection の過去レヴューは ↓

Bongo Rock / Incredible Bongo Band
 

FUNK 区切り 23:29 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Bongo Rock / Incredible Bongo Band

銀色に輝くAtlantic、Brunswick あたりから始まったソウル・ミュージック系のレーベル・ベースの復刻なのだが、当然のことながら、段々とマニアックになっていき、今回登場するのは MGM 傘下にあった Pride。

この Pride、Michael Viner なるプロデューサーが運営していて、彼が "The Thing with Two Heads" なる B 級映画のサントラを作成するために結成したのが、Incredible Bongo Band というわけです。

基本的に参加ミュージシャンはノー・クレジットなのだが、Jim Gordon (dr)と King Errisson (bongo)が参加しているのは確かなようで、他には Joe Sample、David T. Walker、Wilton Felder など、更には Glen Campbell、Harry Nilsson、Hal Blaine など、はたまた Ringo Starr が参加しているという噂もあるらしい。

 

で、彼らの 1st アルバム。

サンプルネタとしてあまりにも有名な "Apache" が収録されております。

昔、Bluenote で The Roots が生で "Apache" を演奏していたのを聴いたことがあるような記憶も。

それはさておき、この盤、当然ながら昔 CD 化されていたものを既に所有しているのだが、確か、その盤のジャケットは白地だった。

それが今回は銀紙仕様になっているし、何より最新リマスタリングされているということで、再度入手した次第。

まあ、いろいろ理由を付けてるけど、単にショップで見かけて欲しくなったというだけなのだが。

何となく音質も良くなっているような気もするし、それはそれでよかったかな。

 

そんなこんなで、中味については、今さら書くこともないんだけどね。

 

★★★★☆
 

FUNK 区切り 23:33 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Joey Negro & Sean P present the best of Disco Spectrum

もしもし…ここで Disco 方面にちょっと戻ってみましょう。

と言うか、このところ、ジャンルの間を行ったり来たりして、少々つながりが悪いのだが、今日のは単にレヴューするのを忘れていただけなのです。申し訳ない。

 

で、今日のお題なのだが、かつて BBE から 1999 年、2000 年、2002 年にそれぞれリリースされていた 2CD コンピレ盤「Disco Spectrum」 3 部作から、選りすぐりのトラックを 2CD に再セレクションしたベスト盤。

コンピレ盤のベスト盤と言うと、いささか不思議な印象なのだが、まあ、とにかくセレクションはオリジナル 3 部作と同じく Joey Negro と Sean P のコンビが手掛けておりまする。

 

どんなトラックがセレクトされているのかは、まあ、検索していただければいいのだが、おそらくはオリジナル 3 部作がリリースされたころには激レア物の発掘といったところだったのだろうが、15 年以上の時が経ち、このあたりの復刻も進んできたので、今となっては定番トラック揃いのセレクションと化している。

オリジナル盤の復刻だったり、コンピレ盤だったり、はたまたリ・エディットだったりで、当ブログにもかなりのトラックが登場済みなのでは。

 

ということで、ひょっとして当ブログを見て、アングラディスコ系に興味を持たれた方がいたなら、手始めに今作をお聴きになることをお勧めしておきましょう。

まあ、セレクターの趣味がよくって、少々上品すぎるきらいがあって、ディスコ特有の如何わしさに欠ける面がないでもないのだが。

 

★★★★

 

--------------------

Joey Negro の過去レヴューは ↓

Produced With Love / Joey Negro

Electro: Compiled by Joey Negro

Remixed With Love by Joey Negro Vol.2

Supafunkanova Vol.1: Compiled by Joey Negro & Sean P
Le Freak - Music Inspired By Chic: Compiled by Joey Negro
90's House & Garage : Compiled by Joey Negro
Supafunkanova Vol.2 : Compiled by Joey Negro & Sean P
House Masters / Joey Negro
Italo House : Compiled by Joey Negro
Remixed With Love by Joey Negro
The Secret Life Of Us / Joey Negro and the Sunburst Band
Go Go Get Down : Compiled by Joey Negro
Joey Negro Presents The Soul Of Disco Volume 3
Locked In The Vinyl Cellar / Joey Negro
Moving with the Shakers / Joey Negro and the Sunburst Band
Lust - Art & Soul : A Personal Collection by Joey Negro
Back In The Box / Joey Negro
 

DISCO 区切り 23:08 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Anthology / Black Ivory

そんなことをしてたのか。以前、何枚かご紹介した再発レーベル Play Back からリリースされている Black Ivory のコンピレ 2CD セット。

ちなみに、Discogs によると、このレーベル、

Releases are likely to be unlicensed.

とのことです。

 

この Black Ivory なるグループ、ショップで見かけるまで全然知らなかったのだが、どことなく不穏な佇まいのこのジャケ写と、何となく意思を感じさせるグループ名に釣られて、入手に至った次第。

で、聴いてみたところ、なんと、いわゆるスウィート・ソウルではないですか。

この雰囲気からして、もう少し骨のあるイメージだったんだけどなあ。

 

それで、今さらながら、ライナーを見てみたところ、彼らは NY ベースのヴォーカル・トリオで、メンバーは Stuart Bascombe、Russell Patterson、Leroy Burgess の 3 名。えっ! 最後の人って、まさかあの人?

更には、彼らをマネジメントしているのは Patrick Adams なる人物で、えっ! これも、まさかあの…?

ライナーによると、元々は Patrick Adams が若き Leroy Burgess を発掘し、Burgess の友人 2 人とトリオを組ませて、自分のレーベル Today からデビューさせたのだとか。しかし、弱小レーベルなので、プロモーションも十分にできず、ローカルヒット程度しか生み出せなかった模様。

これも初めて知ったのだが、Leroy Burgess は Thom Bell の甥らしく、その伝手でデビュー・シングルは Sigma Sound 録音だったらしい。

1971 年にデビューし、'72 年にアルバムを 2 枚リリースした後、Warner 傘下の Kwanza に移籍し、シングル 1 枚をリリースしたところで、同レーベルは閉鎖。その後、Buddah に移るのだが、この頃流行りつつあった Disco サウンドへのシフトを Burgess が主張し、他の 2 名と方向性の違いが生じたことから、解散に至った模様。

なるほど、それなら後の展開とも辻褄が合っていますね。

 

そんなこんなで、時系列に収録された今作は、後半になるほど Disco 系のナンバーが増えてくるという仕組みになっている。

Disc 2 の M-6 "White Wind" あたりはクールで疾走感があって、なかなかのカッコよさですね。長尺の M-9 "Big Apple Rock" も気になるし、彼ら最大のヒット M-10 "Mainline" はさすがのクラシックですねー。

そんな Disco 系だけではなく、初期のスウィート・ソウル系も近年あちらこちらでネタ元として使われているので、そのあたりから楽しむのもアリかも。

 

★★★★

 

--------------------

Leroy Burgess の過去レヴューは ↓

Casually Formal + Shock! / Aleem Featuring Leroy Burgess

Patrick Adams Presents Phreek
Logg

 

Patrica Adams の過去レヴューは ↓

Dazzle

Mr. Flute / Art Webb

I'm Caught Up (In A One Night Love Affair) / Inner Life
Super Mann / Herbie Mann
Magic Touch / Tony Silvester & The New Ingredient
Patrick Adams Presents Phreek
P&P Records hits hits hits
Christmas Jollies II / The Salsoul Orchestra
Heat It Up / The Salsoul Orchestra
 

SOUL 区切り 23:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

A Brand New Me / Aretha Franklin with The Royal Philharmonic Orchestra

新装開店また Aretha かよ! 1 週間ぐらい前に Divas Live をレヴューしたばっかりじゃあないか、どうせならまとめて書けよ!

と言われそうなのだが、こちら、通販でオーダーしていたのが一昨日到着したばかりなので、ご容赦いただければ。

 

えーとですねー、今作は Atlantic 移籍 50 周年記念ということらしい Aretha と英ロイヤル・フィルとの共演盤。

…… 実は、通販でオーダーしたときには、新録だと思っていたんですよね。

ところが、後で知ったところでは、Aretha のオリジナルのヴォーカル・トラックに、後からロイヤル・フィルの演奏を被せているということのようだ。

そう言えば、昔 avex が浜崎嬢の Remix シリーズの一環として、クラシック・アレンジのものを何枚か作っていたなあ。

原曲のクオリティは違えども、手法としては同じなのかも。

あと、何年か前の JUJU の日に、これまたクラシック・オーケストラとの共演ライヴがあったけど、要するに、アイディアとしてはよくあるものなのだろう。

 

今作は、Nick Patrick と Don Reedman という 2 名の制作で、この 2 人で 2 年ぐらい前に Elvis の同趣向盤を作っていたらしい。

また Reedman の方は、かつての Hooked On Classics を制作していたとのこと。

あー、なるほど、そういう人なのか。

 

予想していたのと少々違うのは、↑ のような日本の場合は純粋なオーケストラとの共演となりがちなのだが、今作ではドラムもベースもギターもちゃんといるというところ。

で、そのゴージャスな演奏と Aretha のオリジナルのヴォーカルが合体しているのだから、悪いはずがないでしょう。

 

でも、こういうのって採点すべきなの?

 

--------------------

Aretha Franklin の過去レヴューは ↓

Divas Live: The One And Only Aretha Franklin

Aretha [1986] (Expanded Edition) + Through The Storm (Expanded Edition) / Aretha Franklin

Sings The Great Diva Classics / Aretha Franklin
Love All The Hurt Away / Aretha Franklin
Aretha [1980] + Jump To It + Get It Right / Aretha Franklin
Who's Zoomin' Who? (Expanded Edition) / Aretha Franklin
A Woman Falling Out Of Love / Aretha Franklin
Original Album Classics / Aretha Franklin
This Christmas Aretha / Aretha Franklin
Oh Me Oh My : Aretha Live in Philly, 1972 / Aretha Franklin
Rare & Unreleased Recordings... / Aretha Franklin
 

SOUL 区切り 23:33 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Betty Wright

まだ 28 歳。さて、T.K. と言えば、マイアミのソウル・クイーン Betty Wright ですよね。↓ の Mix 盤にも "Where Is The Love" で登場しておりました。

とは言うものの、今作は T.K. ではなく、1981 年の Epic 移籍後第 1 弾。

セルフ・タイトルドということで、気合十分だったようですね。

更には、こちらは 10 日ぐらい前に何枚かご紹介していた AOR CITY 2017 シリーズの 1 枚なんですよね。

実際のところは、これまでにご紹介した同シリーズの作品が個人的にはいまひとつだったので、このまま終わるわけにはいかず(いや、終わっても一向に差支えはなかったのだが。)、これなら大丈夫そうと踏んで、入手に至った次第なのだが。

 

彼女はここまでいわばローカルシーンで活動してきたわけだが、今作はさすがメジャーだけあって、ゲストもそれなりに豪華。M-1 などは Stevie Wonder 作品だもんねー。

Prod. は Rufus の Andre Fisher で、他には Bobby Caldwell (あ、このあたりが AOR か。)や Phyllis Hyman、Teena Marie、Cheryl Lynn などがコーラスで、Jackson 家の Tito がギターで参加していたりしている。

 

まあ、Bobby Caldwell がいるだけではなく、数曲は AOR そのものなのだが、彼女の R&B 魂は消せるはずもなく、並みの AOR とは一味違います。

更には、クールなセクシー・ファンク M-4 から、Fred Wesley が絡む M-5, M-6 あたりの展開は、本当にこのシリーズでいいのかと思うほど。

 

ところで、今作の時点で彼女は 15 年近いソロ・キャリアのベテランだったのだが、彼女は若くしてデビューしているので、実はまだ 28 歳だったようだ。

いやあ、このジャケ写を見る限り、相当の貫禄なのだけどねえ。

 

★★★☆

 

--------------------

Betty Wright の過去レヴューは ↓

I Love The Way You Love / Betty Wright

Betty Wright : The Movie / Betty Wright & The Roots

 

AOR CITY シリーズの過去レヴューは ↓

Feels Right / Marva King

Soul Survivors

Love Approach + Magic / Tom Browne

Intimate Strangers / Tom Scott

Pulse / Greg Phillinganes
 

SOUL 区切り 23:46 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Ghetto Disco - Nori's T.K. Disco Session / DJ Nori

仏の顔?Ultra Vybe × Octave Lab. のお家芸、復刻シリーズと抱き合わせの Mix-CD に、DJ キャリアが 35 年を超える(!)という DJ Nori が 3 度目の登場。

Salsoul、West End に続くのは T.K. Disco というわけなのだが、前 2 作と同じく 12" のスリーヴを模したパッケージデザインで、ある意味潔いと言うべきか、もうちょっと手間をかけて貰えと言うべきか。

 

T.K. Disco と言えば、玉石混淆というイメージがあるけど、まあ、それだけ掘り甲斐があるとでも言うのでしょうか。

同レーベルに関しては、先行隊として、黒田大介氏などによるコンピレ盤と Danny Krivit による Mix 盤がリリースされているけれど、今作はその 2 枚と多少ダブりつつも、初出のトラックもあったりして、なかなか奥が深いですねえ。

 

クールでコズミックな感触もある序盤から、レゲエ界出身の King Sporty や Betty Wright、更には JB までひっぱり出して、アガる展開の中盤、レアグルーヴ系などやや落ち着いた終盤という、起承転結的な展開。

個人的には、このレーベル音源で Mix するのだから、もっと得体の知れないシロモノになっているのかと思いきや、特に比較的有名曲が揃った中盤あたりが意外とフツーじゃん、と思ったり。

 

★★★★

 

--------------------

DJ Nori の過去レヴューは ↓

Spirit of Sunshine - Nori's West End Mix / DJ Nori

Back To My Roots - Nori's Salsoul Mix / DJ Nori

 

T.K. Disco の過去レヴューは ↓

Mr. K T.K. Records / Danny Krivit

The Sound Of T.K. Disco : 12" Choice for Boogie Generation
 

DISCO 区切り 23:15 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Move Your Body / T-Groove

お姐さんもあっさりめ。ちょっと前にショップで結構推されていた T-Groove なるアーティストの 1st アルバム。

この T-Groove 氏、クレジットでは Yuki "T-Groove" Takahashi と記されていて、要するに日本人なわけですよ。

検索してみたら、公式サイトらしきものがあって、そこのプロフィールによると、

東京を拠点に活動するリミキサー、アレンジャー、コンポーザー、プロデューサー。1982 年生まれ。主に 70 年代− 80 年代のディスコ/ソウル・ミュージックへの深い愛と理解を元に生んだサウンドを武器に、作曲、アレンジ、プロデュース、リミックスで活躍。Joey Negro が Traxsource で公開した「Super Disco Trousers」や、Skeme Richards が Red Bull Music Academy による「お気に入りの 10 曲をセレクト」という企画の中でそれぞれ T-Groove によるリミックス楽曲がピックアップされるなどベテラン DJ からも注目されている。

とのこと。Discogs あたりを見てみたら、どうやらこれまでは Remix などをメインにやってきてたようで、Expansion の Luxury Soul シリーズなどにも収録されている模様。

 

クレジットを見てみたところ、バンドメンバーは、彼の他にも Takao "Baby" Nakashima とか、Sho Kamijo とか、Yuki "monolog" Kanesaka とか、日本人らしき人が中心となっているようだ。

で、中味の方は、Cool Million だとか、Tuxedo だとか、あのあたりのディスコ・リバイバル路線。

さすがは日本人だけあって、端正で再現度が高いツクリとなっているのだが、その分ディスコ特有の妖しさ成分が薄めと申しましょうか。

なので、引っかかりが少なくって、何となく聞き流してしまうような。

 

そう言えば、ジャケ写のお姐さんも何となくあっさり目のテイストですよね。

 

★★★☆
 

DISCO 区切り 23:49 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Take Me Apart / Kelela

髪の毛、多過ぎ?R&B 系のニューカマーをもう 1 人。Kelela の 1st アルバムですね。

これまた不勉強にして、ネームに心当たりがなかったので検索してみたら、彼女はワシントン DC 出身で 1983 年生まれの 34 歳。えっ、意外とお年を召しているんですねえ。

2013 年の mixtape 「Cut 4 Me」が高評価を受け、その後、Solange の「A Seat at the Table」や Danny Brown の「Atrocity Exhibition」に客演していたとのこと。

あれ? それじゃあ、これまでに何回か遭遇していたのに覚えてなかっただけか。まあ、客演のクレジットなんて、よほどのビッグネームじゃあないとスルーしてしまいがちだもんね。

 

で、今作はその Danny Brown の「Atrocity Exhibition」と同じ Warp からのリリース。

というだけで、もう一筋縄では行かないことはおわかりでしょう。

期待どおりのレフトフィールド R&B と申しましょうか、制作面では UK ベースのエレクトロ系クリエイター Jam City と、Sky Ferreira の「Night Time, My Time」や Snoop のレゲエ盤などに絡んでいた Ariel Rechtshaid が中心となっているようだ。

中には、あの Arca が絡んでいるトラックもいくつかある。

 

ということで、サウンド的にはかなりの異端ぶりなのだが、メロディーなどは王道 R&B そのものという、ある意味、不思議な感触の 1 枚ではありました。

 


★★★★
 

R&B 区切り 22:54 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

HEAVN / Jamila Woods

水のない星続いては、Jamila Woods のデビューアルバム。ショップで激推しされていたので、つい入手に至った次第なのだが。

先ほど検索してみて知ったのだが、彼女は Chance the Rapper などシカゴ周辺の集団から登場してきたシンガーで、Chance the Rapper の配信オンリーながらグラミーにノミネートされた「Coloring Book」などに客演しているとのこと。

今作自体も、昨年の夏ごろに SoundCloud で公開されていて、非常に高評価だったことから、今般フィジカルリリースに至ったものなのだとか。

いやあ、日ごろリイシュー作品ばっかり聴いているせいで、世間の動向に疎くって申し訳ない。

 

で、↑ から想像されるとおり、今作はシカゴ勢の全面バックアップと申しましょうか、Chance the Rapper や Noname などが参加している。

サウンド的には、やや Jazzy テイストな浮遊感あるトラックが中心で、なかなか気持ちいいです。

これもさっき知ったのだが、日本盤にはジューク調 Remix がボートラ収録されているらしい。

なんか、全然想像つかないんだけど。

 

ところで、個人的には、ジャミラというと、水のない星から帰還した宇宙飛行士を連想するのだが、このジャケ写では水が豊富にあるようですねー。

いや、つまらないこと書いて申し訳ない。

 

★★★★
 

R&B 区切り 23:49 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/291PAGES + >>