Principe del Norte Remixed / Prins Thomas

助けてー。昨年初めごろにリリースされた Prins Thomas 「Principe del Norte」のリミックス 2CD セット。

今作も昨年の秋ごろにリリースされていて、割りと早い時期に入手していたのだが、レヴューするのをすっかり忘れておりました。

 

リミキサーとして参加しているのは、久しぶりの Villalobos の他、The Orb とか、I:Cube とか。

Prins Thomas 自身もリミキサーとして 1 曲参加している他、未発表 3 トラック(オリジナルの収録曲のタイトルが A1 〜 H だったので、ここでは I 〜 K。)を提供している。

 

それぞれのリミキサーが自身のキャラ風のリミックスを聴かせてくれている(と言うほど、それぞれのことを知っているわけでもないのだけど。)のだが、オリジナルが Prins Thomas 初のアンビエント作品と謳われていた割りには、個人的にはあまりアンビエント感がなかったのに対し、今作の方が Prins Thomas 自身の未発表トラックも含めて、アンビエント感が強かったかも。

あ、それは Villalobos のせいか。

まあ、そっち方面ばかりじゃあなく、I:Cube あたりはきっちりとダンサブルに仕上げているのでご安心を。

 

★★★☆

 

--------------------

Prins Thomas の過去レヴューは ↓

Principe del Norte / Prins Thomas

Prins Thomas Presents Paradise Goulash
Rainbow Disco Club Vol.1 / Prins Thomas
10 Years Of Full Pupp (2004-2014)
III / Prins Thomas
II / LindstrØm & Prins Thomas
II / Prins Thomas
Prins Thomas Presents Cosmo Galactic Prism
Zero Set II - Reconstruct
Prins Thomas
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 00:42 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Death Peak / Clark

くしゃくしゃだ。前作「The Last Panthers」のサントラ盤を含めると 9 枚目となる Clark の新譜。

またしても、自分の顔をジャケ写に使いたいのか・使いたくないのか、よくわからないデザインとなっていますねえ。

おまけに、タイトルが「死の頂」ときたもんだ。

キャプションによると、ご本人が、

この山の出発地点は、穏やかに蝶の舞う牧草地が広がっている。でも最後には危険でおそろしい頂にたどり着き、あらゆるものが壊れた光景を眼下に見渡すことになるんだ。

と語っているらしく、いかにも彼が言いそうなコメントじゃあないですか。

 

ということで、内容的には、最近の彼のアルバムの傾向を踏襲した、「Clarence Park」的サウンドスケープと例のハードコアな爆裂サウンドとの混合体となっておりまする。

意外だったのは、M-2 が(彼にしては) Pop な感触のダンストラックだったことかなあ。

 

★★★☆

 

--------------------

Clark の過去レヴューは ↓

The Last Panthers / Clark

Clark

Feast/Beast / Clark
Fantasm Planes / Clark
Iradelphic / Clark
Clarence Park / Chris Clark
Totems Flare / Clark
Turning Dragon / Clark
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 01:02 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

AZD / Actress

超合金スタイル…。Actress こと Darren Jordan Cunningham の Actress 名義での 3 年ぶり 5th アルバム。

まあ、3 年ぶりと言っても、その間「DJ Kicks」があったり、変名 Levantis でのアルバムがあったり、これまた変名 That Knightsbridge OG、Dial 666 8100、Bank Of England (!)でのカセット(!!)のリリースなど、いろいろ活動していたようだ。

とエラそうに書いているが、実は彼のことは「DJ Kicks」でしか知らなくって、変名でのリリース情報はライナーの受け売りなのだ。

 

それはさておき、今作、タイトルの読み方すら不明なのだが、邦題は「アジッド」と付けられている。

帯によると、「超合金スタイルでトリップする漆黒のパラレル・ワールド」とのことで、なんだか分かったような・分からないような。

単にジャケ写を見てイメージしただけじゃあないのかとも思うが。

 

個人的には、元々「DJ Kicks」の "Bird Matrix" を聴いて、彼に興味を持ったので、前半のミニマル的展開は少々厳しかったかなあ。

中盤以降のビートの効いた(ダークだけど)トラックはストライクゾーンなのだが。

そんな中でも、シンフォニックなのだったり、結構振れ幅が広いんですねえ。M-6 の終盤には謎の日本語が登場するし。

あ、↑ で書いたカセット曲もタイトルを変えて 2 曲収録されているらしいです。

 

★★★☆

 

--------------------

Actress の過去レヴューは ↓

DJ Kicks / Actress
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 01:17 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Arca

おはぐろ疑似トロピカルに続いて、リアル南米ヴェネズエラ出身の Arca のセルフ・タイトルド 3rd アルバム。

今回もジャケ写のインパクト、デカ過ぎ。

一定時間直視していると気分が優れなくなる。

 

それはさておき、内容的には、例によって異形のエレクトロ … いや、「例によって」じゃあないな。

冒頭、なんとヴォーカルが登場していて、それが彼自身によるものらしいじゃあないですか。

それ以外(と言うか、「それ」自体が大きな違いなのだが。)は「例によって…」の世界が展開されているわけなのだが、聴いていて美しさを感じるようなところも。

いや、これまでの 2 枚は、あまりの異形ぶりに採点をパスしてしまうほどだったのだが、彼の展開する世界に慣れてきたのかなあ。

それはそれで危険なような気がしなくもないが。

 

★★★★

 

--------------------

Arca の過去レヴューは ↓

Mutant / Arca

Xen / Arca
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 01:48 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

A Thousand Skies / Clap! Clap!

宇宙に展開疑似トロピカル・エレクトロで話題の伊 Cristiano Crisci のプロジェクト Clap! Clap! の 2nd アルバム。

今回も、オリジナルはアナログ 2LP 仕様だったところ、日本のみ独自 CD 化したものとのこと。

近ごろ、アナログ復権などと言われているけど、やっぱり日本では CD じゃあないとダメというところなのかなあ。日本は家が狭いので、収納場所にも困るからねえ。

まあ、自分もアナログ装置持っていないし。

 

それはさておき、今作ではなんと「島」を飛び出して、一気に「宇宙」に行ってしまっている模様。

えーっ、そりゃあ飛び出し過ぎでしょ。フツーなら「島」の次なら「大陸」あたりが関の山だ。

 

聴いてみたところ、従来のトロピカル・エレクトロにコズミック・フレイヴァーを加えたという感じで、何と申しましょうか、摩訶不思議な感触ですねえ。

1st をレヴューした際に「次なる展開を見てみたいところ」と書いたのだが、実際には新たな方向に展開するとはそんなには想像していなかったんだよねー。
それが、宇宙ですか…。

いや、こうなってくると、本当に次なる展開が気になってきた。

 

★★★★

 

--------------------

Clap! Clap! の過去レヴューは ↓

Tales From The Rainstick / Clap! Clap!

Tayi Bebba / Clap! Clap!
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 00:10 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Thundercat Presents "Drunk"

地獄の黙示録続いては、Thundercat こと Stephen Bruner の約 3 年半ぶりのソロ名義 3rd アルバム。

この 3 年半のインターヴァルに、Kamasi Washington 「The Epic」や Flying Lotus 「You're Dead!」に参加したり、何より Kendrick Lamar の "These Walls" でグラミーを受賞したり、彼を取り巻く環境も随分と変わってきたもので。

前作をレヴューしたときには、「エレクトロ・ビート・ミュージック系でジャズの素養あり」的な、あっさりめのイメージぐらいしかなかったのにね。

 

さて、今作、何と言っても、このジャケ写がインパクト大。

前作の横顔ジャケ写もなかなかのものだったのだが、今回は北大路欣也が地獄の黙示録に出演しているような…。

内容の方は、前作の延長線上にありつつ、更に歌モノ方面へのシフトが進化したような。

特に M-8 "Show You The Way" に至っては、彼のヒーローだったという Michael McDonald と Kenny Loggins が参加しているではないか!

あ、なるほど、彼の歌モノのルーツはそのあたりにあったのか。

こうして提示されるまで、そんなつながりには全く気付かなかったが、そう言われてみると、なんとなく理解できるかな。

他には、お返し参加の Kendrick Lamar とか、Wiz Khalifa とか、Pharrell (どこにでも乗っかってくるなあ。)とか、日本向けボートラだけど Mac Miller とかが参加しておりまする。

 

ところで、ブックレットに「酔」という漢字が大々的にフィーチャーされているのだが、どういう意味が?

 

★★★☆

 

--------------------

Thundercat の過去レヴューは ↓

Apocalypse / Thundercat
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 23:25 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Good Luck And Do Your Best / Gold Panda

巡回中続いては、Gold Panda。

かれこれ 5 年ぐらい前(えっ、もうそんなになるのか…。)に、彼の Mix による DJ Kicks をご紹介したのだが、実は彼のこと、よく知らないんだよね。

検索してみたところ、「Lucky Shiner」(2010)、「Half Of Where You Live」(2013)に続く、3 枚目のアルバムになるのだとか。

 

ライナーによると、元々、日本に住んでいた経験があり、日本贔屓の彼が、Laura Lewis なるフォトグラファーが日本で撮った写真(このジャケ写もそうみたいだ。)を使ったドキュメンタリーを作ろうとしたことが、今作制作のきっかけになったということのようだ。

で、アルバムタイトルは、日本のタクシーの運ちゃんにかけられた言葉に由来しているらしい。

ついでに言うと、M-3 は "Chiba Night" なるタイトルだ。… って、どんな夜?

 

↑ の DJ Kicks では、かわいいネームに関わらずダウナーな Mix だったという印象があるのだが、今作はメランコリックで叙情派エレクトロという感じでしょうか。

これまたライナーによると、今作は 1st の感触に近く、要するに、彼の元々の指向性がこちら方面にあったのだろう。

いや、そうとは知らず、失礼いたしました。

 

★★★☆

 

--------------------

Gold Panda の過去レヴューは ↓

DJ Kicks / Gold Panda
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 00:08 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Human Energy / Machinedrum

ホントに同じヒト?Machinedrum こと Travis Stewart の Ninja Tune 3 枚目。

過去 2 作は、彼の夢に出てくる空想都市 Vapor City にまつわる作品だったのだが、前作でめでたく完結。

それで今作に至るわけだが、前 2 作がジャケ画からしてダークだったのに比べると、今作はなんと温かそうなジャケ画なのでしょう。

 

そして、中味の方なのだが、いきなり R&B じゃあないですか。

いや、Jesse Boykins III とか、その他の Remix とか、R&B 方面への浸透状況は知っていたのだが、まさかここまでやるとは。

ビートなどに前作までの名残を感じさせるところがなくもないが、音響自体がカラフルで、ダークさのカケラもないもんね。

 

まあ、中途半端に狙ってこられるよりは、これだけ吹っ切れてると気持ちはいいのだが。

でも、次回もこの路線だったら、もう買わないかも。だって、この路線なら、他に聴くべきものは結構あるだろうし…。

 

★★★

 

--------------------

Machinedrum の過去レヴューは ↓

Vapor City Archives / Machinedrum

Love Apparatus / Jesse Boykins III
Vapor City / Machinedrum
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 01:00 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Trax Of The Rising Sun / Traxman vs Japanese Juke

怒ってる?続いては Traxman。

なんだか、アーティスト名義がイレギュラーなのだが、今作は Traxman の新録、未発表音源+それらの Japanese Juke シーンの主要ミュージシャンによる Remix をコンパイルしたもの。

キャプションによると、

VICE、Rolling Stone、The FADER など世界的メディアで特集を組まれ勢いを見せる Japanese Juke シーン

とのことなのだが、そんなに盛り上がっていたのか。

それにしても、このジャケ画、なんだか日本のヤンキー漫画の表紙画みたいに見えるのだが、気のせいだろうか。

 

構成としては、前半 10 トラックが Traxman、後半 11 トラックが Japanese Juke による Remix。

個人的には、後半にそんなに期待していなかったのだが、とんでもないことになっておりました。

元々、既存のネタを解体して、好き勝手に再構築するのが Juke の仕来りなのだが、その Traxman のトラックを更に好き勝手にいじくりまわしている。

まあ、Traxman のトラック自体、素材として使われることを意識したのか、テンポを落とし気味にしてネタの黒さが際立っているトラックが印象的だったりするので、日本勢の暴れっぷりが更に目立つことになっているのだが。

と言うか、こんなの、後出しが絶対有利だよね。

 

ところで、この盤の M-1、途中でブツっと切れて、その後 1 分ぐらい無音状態が続くのだが、これって製作ミスなのでは?

 

★★★★

 

--------------------

Traxman の過去レヴューは ↓

Slash Time - The Album / Traxman Feat. DJ Fred

Da Mind Of Traxman Vol.2 + Da Corky Strong Show Vol.1
Da Mind Of Traxman
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 01:01 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Must Be Free / Lee "Scratch" Perry

これって、いったい何処?ちょっと目を離した隙に、Scratch が新譜(たぶん。だって、Bogus も多いもんなあ。)をリリースしていた。

今回は、John Palmer なる人物と組んで、「The End Of An American Dream」や「Revelation」をリリースしていた Megawave レーベルからの登場。

 

この John Palmer 氏、元々は ↑ の「The End Of 〜」などを制作した John Saxon のお手伝いをしていた人物らしく、今作で "All songs performed" とクレジットされている Spacewave は彼のことのようだ。

その他には、The Groovematist や IAmPhloboi、Subatomic Sound System といったあまり見慣れないクレジットがあるが、いずれも新鋭トラックメーカーということらしい。

検索してみたところ、Subatomic Sound System とは、一緒にライヴをやってたりするようだ。

 

で、今作。

実は、トラック自体はエレクトロ系で、レゲエ感はかなり低め。

せいぜい M-3 とその Remix (Subatomic Sound System 絡み)、M-4、M-9 あたりがレゲエっぽいぐらいかなあ。

まあ、何に載せても、それなりに形になるのが、提督の語りではあるのだが…。

 

★★★☆

 

--------------------

Lee Perry の過去レヴューは ↓

Babylon A Fall: The Best Of Lee Perry

Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Back On The Controls / Lee "Scratch" Perry
The Good, The Bad And The Upsetters Jamaican Edition / The Upsetters
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
At WIRL Records / Lee Perry
More Tales From The Orbservatory / The Orb featuring Lee Scratch Perry
Master Piece / Lee "Scratch" Perry
Super Ape & Return Of The Super Ape / The Upsetters
The ORBSERVER In The Star House / The Orb featuring Lee Scratch Perry
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Battle Of Armagideon (Millionaire Liquidator) / Lee "Scratch" Perry
Disco Devil : The Jamaican Discomixes / Lee "Scratch" Perry & Friends
Lee 'Scratch' Perry presents Candy McKenzie + Super Eight / George Faith
Satan Kicked The Bucket + Message From Yard / Lee "Scratch" Perry
Excaliburman / Lee Perry
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
The Return Of Pipecock Jackxon / Lee "Scratch" Perry
Born in the Sky / Lee "Scratch" Perry
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Rise Again / Lee "Scratch" Perry
Kiss Me Neck + Grand Royal #2
Revelation plus Who Dares Dubs Volume 2 / Lee "Scratch" Perry
Dub Treasures From The Black Ark : Rare Dubs 1976-1978 / Lee Perry
Love Thy Neighbour / Ras Michael & The Sons Of Negus
Lord God Muzick / Lee "Scratch" Perry + To Love Somebody / Bunny Rugs & Upsetters
Sipple Out Deh : The Black Ark Years The Jamaican 7"s / Lee "Scratch" Perry & Friends
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Revelation / Lee "Scratch" Perry
Police & Thieves (Deluxe Edition) / Junior Murvin
Return From Planet Dub / Dubblestandart, Lee "Scratch" Perry & Ari Up
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
Scratch Came Scratch Saw Scratch Conquered / Lee "Scratch" Perry
Repentance / Lee "Scratch" Perry
Reggae Legend / Lee Perry
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
People Funny Boy
Chicken Scratch Deluxe Edition / Lee "Scratch" Perry
To Be A Lover / George Faith
The End Of An American Dream / Lee 'Scratch' Perry
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Ape-ology / Lee Perry & The Upsetters
Night Food + Party Time / The Heptones
Soundzs From The Hot Line / Lee "Scratch" Perry
I Am The Upsetter / Lee Perry
Dub-Triptych / Lee Perry & The Upsetters
History, Mistery & Prophesy / Lee "Scratch" Perry
The Upsetter Selection - A Lee Perry Jukebox
Roots, Rock, Reggae
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 23:21 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/16PAGES + >>