Bluetooth CD Player + Earphone (4)

で、4 日目だ。

通勤用カバンをショルダーバッグモードにして挑戦。

でも、そもそも、ショルダーバッグモードって、あまり好きじゃあないんだよね。

服は傷むし、カバンは体の形に合わせて反ってしまうし。なので、先代カバンも併せて、かれこれ 5 年以上もショルダーバッグ化していなかった。

 

それで結論から申しますと、プレーヤーとイヤフォンの間に障害物が入ってこない(って、要するに他の人と密着しない)ように、微妙にポジションを変えたりする必要はあるけれど、まあ、なんとか聴ける感じだった。

これが、とりあえず現有機器での最適解かなあ。初日みたいに超満員だったら、どうなるかわからないんだけどね。

 

ところが、全く障害物がなくても、予兆もなく、突然に接続が切断されるときがあるんだよねー。

1 日に 1 回程度、とまでは言わないが、忘れた頃にやってくる。これについては、原因がもう全然わからない。

こうなっちゃうと、↓ に書いたように、またペアリングから始めなければならず、腹立たしいこと極まりない。

そう言えば、今日、タワレコを巡回していたら、当のプレーヤー売り場に「Bluetooth ver. 4.0 以上のイヤフォン・ヘッドフォンでペアリングできない機種があるため、ver. 3.0 以下の製品を推奨」云々と大々的に書いてあった。

あれ? 自分が買ったときには、4.0 までは大丈夫という話だったと思ったが。きっと、それが誤報だったので、苦情が殺到したのだろう。でも、いまどき 3.0 以下の機器なんて売ってるのか?

まあ、そんなことも関係しているのかも知れないなあ。

それなら、先代プレーヤーに Bluetooth トランスミッターを付ければよかったのでは。2000 円ぐらいで、いいのがあるみたいだし。

稼働時間から、リジューム機能(いや、今のにもリジューム機能はあるのだが、ペアリングすると初期化されてしまうので、何の意味もない。)から、先代の方が優秀なのだし。

 

あ、肝心のクオリティなのだが、なかなかクリアな音質で、結構いいと思います。

低音重視派の自分としては、若干物足りなさはあるのだけど。

 

番外編 区切り 23:50 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Bluetooth CD Player + Earphone (3)

さて、テスト 2 日目。

駅のプラットホームで、やはり通信が不安定になる。なるほど、電波状況に応じた場所的要因もあるわけですね。

この日は雨模様で週末だったので、通勤電車の混雑度は通常時の 90 %程度か。

そんな状況では、音飛びしつつもなんとか聴けている状態だった。

と思ったら、30 分程度経ったときに、突然中断。イヤフォンには特に問題はないようだったが、プレーヤーの電源が落ちているではないか。再度、プレイボタンを押してみたら、3 分ぐらいして、また落ちた。

ひょっとして、電池切れか?

 

書き忘れていたのだが、自分の使用時間は 1 日当たり 2.5 時間強ぐらい。

ということは、このプレーヤーのフル充電状態での稼働時間は約 3 時間。eneloop が劣化している影響もあるのだろうが、いくらなんでも短すぎるでしょう。

ちなみに先代の東芝プレーヤーは短いと言っても 6 時間ぐらい。先々代のオームプレーヤーは 13 時間ぐらいだった。

 

3 日目。

この日も遅延が生じていて、初日ほどではなかったが、通勤電車の混雑度は通常時の 110 %ぐらい。

3 日目にして初めて、なんとか通勤時間フルで使用できたのだが、やはり混雑している中では音飛びが激しく、その都度、プレーヤーの入ったカバンを微妙に持ち上げて、接続を回復しなければならず、腕は疲れるし、とてもじゃあないが常用に耐える状況ではない。

その一方で、コードレス化による解放感は捨てがたく、曲がりなりにも 3 日使ってみると、元の状況に戻る気にはなれない。

なんとかして、使えるような状態に持っていくには、個人的には趣味ではないが、通勤用カバンをショルダーバッグモードにして、イヤフォンとの物理的距離を短くしてみるしかない。

 

えーと、最初は、長くても前・後編構成で終わらせるつもりだったのだが、まだ続きます。

 

番外編 区切り 23:25 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Bluetooth CD Player + Earphone (2)

いろいろあって、インターヴァルが少々開いてしまったのだが、Bluetooth 物語(?)の 2 回目。

 

便利なような…。で、タワレコで仕入れてきた Player なのだが、操作ボタンのロック機能がないので、何かのついでにボタンが押されてしまう懸念がある。とは言うものの、ボタン自体が小さいし、カチっというまで押さなければならないので、実際にはそんなに支障はなさそう。

というところで、まずは家で接続してみた。

 

実は、実際に接続してみる前には、イヤフォンの電源を入れて、CD プレーヤーを動かせば、自動的に接続するものだと思っていた。しかし、実際には、毎回ペアリングなる作業を行わねばならない。

具体的には、CD プレーヤーの電源を入れる → いったん CD を止める → ペアリングボタンを長押し → 接続後 CD をプレイ、と 4 回のボタン操作が必要で、しかも操作のタイミングも微妙なので、なかなか面倒だ。

 

とは言うものの、とにかく通勤時に実際にテストしてみるしかない。

テスト初日。最初は快調だったのだが、駅のプラットホームに着くと、急に音飛びが激しくなる。

理由がわからないので、プレーヤーを入れた通勤カバンを動かしてみたら、腰より上の位置にあると安定するようだ。

えーっ、10m まで通信可能なのではなかったのか? なんとも心もとない。

 

そうこうしているうちに、通勤電車が到着。実はこの日、電車に遅延が発生していて、超満員の状態だった。

で、その超満員状態に乗り込んだ途端、接続が切断されてしまって、そのまんま。

あまりにも混雑していたので、カバンの中からプレーヤーを出して状態を確認することもできず、次の駅まで。

で、確認してみたら、切断されたまま、プレーヤーは動き続けているではないか。

これまた不便なことに、このプレーヤーとイヤフォンのコンビ、いったん切断されてしまうと、再びペアリング作業が必要となるようだ。

それはさておき、その後は、多少の音飛びはあったけど、ずっと接続されていたので、問題はプレーヤーとイヤフォンの間の空間がほとんどないほどの超満員状態だったということか。

 

その後、検索してみたところ、音飛びの原因には、他の電波との干渉などなど、いろいろあるようだ。なるほど。

そんなこんなで、テスト 2 日めに続きます。
 

番外編 区切り 22:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Bluetooth CD Player + Earphone (1)

このブログでも何回か書いたように思うのだが、通勤時にいまだにポータブル CD プレイヤーを使っている。

一応 iPod も持っているのだが、いちいち iTunes に落とすのも面倒なので。

数年前までは Sony とか Panasonic とかが細々と生産していたのだが、CD メディアの衰退に連れて、今はいわゆるジェネリック家電メーカーの製品しかない。

でも、語学学習とかのニーズもあるみたいで、ちょっと前よりは製品数も増えているようで、今使っているのは東芝のもの。

 

まあ、ジェネリックだからしょうがない面はあるのだが、壊れて買い替えるたびに、リジューム機能がなくなったり、電池の持ちが悪くなったりして、ちょっと悲しい。

東芝の前はオーム電機なるメーカーのを使っていたのだが、これはリジューム機能がなかった。東芝に替えてリジュームが復活したのだが、今度はオームでは eneloop を満タンに充電して 5 日ぐらい持っていたものが、2 日になってしまった。

 

それより、カバンに入っているプレーヤーから延びるイヤフォンのコードが鬱陶しい。

満員電車の中で他の人のカバンなんかに引っ掛けられたリ、雨の日は自分の傘に引っ掛かったり。

それで、いつかコードレス化したいなあと思っていたのだ。

 

影で、ある日、au から 2 年契約の更新時にプレゼントしたギフトポイントの使用期限が近づいているというお知らせが来た。

調べてみると、au STAR ギフトなる制度があって、いろんな商品がポイントに応じていただけるようだ。

その中に、以前タワレコで見かけて気になっていた SOL Republic の Bluetooth イヤフォンがあるではないか。

そう、これこれ。カッコいいじゃあないですか。

つい、勢いで貰ってしまった。

 

そうすると、送信するアイテムが必要になる。

そう言えば、これまたタワレコで Bluetooth 機能があるプレーヤーを売っていたなあ。

最初に見かけたときは、すぐに売り切れてしまっていたのだが、最近また売っているようだ。

5000 円ぐらいだったし、ちょうどポイント 10 倍セールやってるし、試しに買ってみることにした。

 

えーと、ずいぶん長くなってしまいそうだ。

今日は、この程度で。

 

番外編 区切り 23:41 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

金塊密輸

高垣麗子の夫が逮捕 香港から金塊密輸か

モデルの高垣麗子の夫で音楽プロデューサーの森田昌典容疑者が8日までに警視庁に関税法違反の疑いなどで逮捕されていたことが分かった。デイリースポーツの取材によると、森田容疑者は会社員男性、一般女性の3人で昨年11月19日、香港国際空港から羽田空港に、金塊約4キロ、1800万円相当を密輸しようとして税関職員に発見され、関税法違反、消費税法違反、地方税違反の疑いで逮捕された。

森田容疑者は8日に都内でのクラブイベントに出演予定だったが、会場側は「体調を崩しインフルエンザで入院したと聞いている。(逮捕は)聞いていない」と本紙の取材にコメントした。

森田容疑者は音楽プロデューサーユニットStudio Apartmentのメンバー。2015年3月に、高垣麗子と結婚、昨年7月には第1子となる長女が誕生している。

誰かと思ったら、スタアパの森田さんじゃあないですか。

海外では金取引に消費税がかからないので、金を買って、黙って国内に持ち込めば消費税分が儲かるというヤツですね。

先日、TV でやってるのを見ました。元金 1800 万円なら、144 万円儲かるってわけだ。

 

そう言えば、当ブログでも、スタアパは昔何回か登場していたのだが、最近は見かけなかったですねえ。

調べてみたら、オリジナルのリリースは 2012 年ごろが最後で、その後は Remix などが主体だったようだ。

さっき、当ブログを検索してみたら、あ! そうだ、エリカ様のダウンロード限定音源にも係わっていたんだ。

しかも、昔懐かしい画像まで貼り付けていた。

 

… って、それが書きたかっただけなのだが。

 

あ、今、検索してみたら、動画発見。

 

 

--------------------

Studio Apartment の過去レヴューは ↓

Treasure / ERIKA

20 Years Of Strictly Rhythm : Mixed by Masanori Morita & Muro

The Rising Sun / Studio Apartment

 

番外編 区切り 23:11 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

40th Birthday

ファンの皆様へ

ファンの皆様、
いつも応援していただきありがとうございます。
先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。
皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に
心から感謝しております。
ありがとうございます。
 
今日は、私が長年心に思い、
この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。
「わたくし安室奈美恵は、
2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、
この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」
 
引退までのこの1年
アルバムやコンサート、
最後にできる限りの事を精一杯し、
有意義な1年にしていきたいと思ってます。
そして、私らしく
2018年9月16日を迎えたいと思います。
 
皆様、
安室奈美恵の最後の1年を、
どうぞよろしくお願い致します。
 
安室奈美恵

 

あと 1 年。いや、別に引退することもないような気もするのだが。

戻りたくなったら、気楽にまた戻る、的な感じでいいのではないかと思うのだけど、まあ、いろいろあるのでしょう。

 

「Queen Of Hip-Pop」の頃は、彼女のライヴに毎回参戦していたのだが、最近はご無沙汰していた。

そのうち行かなきゃ、と思っていたんだけど、もう無理だろうなあ。

激しくプラチナチケット化しそうだもんねー。

 

個人的に、アムロと言えば → なのだが、これを選ぶヒトってあまりいないかも?
 

番外編 区切り 23:33 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Walter Becker RIP

このところ、少々忙しくって、ショップ巡回を怠っていたのだが、昨日久しぶりに巡回してみたところ、ディスプレイに Walter Becker が亡くなったと書いてあるではないか。

 

【訃報】ウォルター・ベッカー(スティーリー・ダン)

スティーリー・ダン(Steely Dan)の中心メンバーとしても知られるウォルター・ベッカー(Walter Becker)の訃報が公式サイトにて発表された。67歳だった。
公式サイトでは、Walter Becker / feb. 20 1950ーsept. 03 2017 とだけ記され、死因は明らかにされていないが、スティーリー・ダンの相棒ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)が追悼コメント/声明を自身の facebook に掲載。「できる限り長く一緒に作ってきた音楽を続けていくつもりだった。心から彼を惜しんでいます」と綴った。さらに、妻であるリビー・タイタスとの連名で、eels「DEAD OF WINTER」の歌詞をウォルターに捧げている。

9/3 と言えば、先日同じく訃報があった Holger Czukay より前じゃあないか。知らなかった。

そう言えば、Donald Fagen が来日するということで、音楽雑誌界隈で結構盛り上がっていたような気がするが…。

と思ったら、中止になったみたいだ。

 

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017(9.23 sat., 9.24 sun.)開催中止のお知らせ

2 日間ヘッド・ライナーとして出演を予定していました「ドナルド・フェイゲン&ザ・ ナイトフライヤーズ」は、ドナルド・フェイゲン氏の急病により、来日および本フェスティバルへの出演がキャンセルとなりました。

「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」出演キャンセルを受け実行委員会で検討しました結果、本フェスティバルの開催を中止することを決定しました。

今回のフェスティバルには、国内外の素晴らしいアーティストの皆様に出演いただく予定になっておりました。ヘッド・ライナーである「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」を軸に各アーティストに出演のお願いをし、プログラムを組み立ててきたなかで、主催者としては「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」の出演無くしては、この音楽フェスティバルを成り立たせることは難しいと考え、開催中止という結論に至りました。

あらあら、大変なことになってますねー。

まあ、本当に急病かどうかは知らないが、やむを得ないでしょうねえ。

 

まさか張型とは。一般的に、Steely Dan と言えば、Aja なのだろうが、個人的には Gaucho の方が好きだなあ。

あ、でもこの頃は Walter Becker 自身はドラッグ中毒で大変だったんだっけ。

そう言えば、さっき検索していて、Steely Dan というグループ名の由来を初めて知った。

どういうわけか、横浜産らしい。

気になる方は、検索してみて下され。

 

まあ、とにかくご冥福をお祈りします。
 

番外編 区切り 23:41 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Holger Czukay RIP

某音盤通販サイトの「人気検索キーワード」にどういうわけか「ホルガー・シューカイ」なるワードがランキングされていたので、もしやと思って調べてみたところ、亡くなっていたようだ。

 

Can のホルガー・シューカイが死去

ドイツの複数メディアによれば、Can の結成メンバーでベーシストのホルガー・シューカイ(Holger Czukay)が死去。報道によれば、ケルン近くのヴァイラースヴィストにあるアパートで亡くなっているところを隣人に発見されたようです。このアパートは、かつて Can が使用していたスタジオ Inner Space Studio を改装したもの。死因については、まだ判明していません。79 歳でした。

とのこと。Jaki Liebezeit が亡くなったのが、今年の 1 月で、なんだか立て続けですねえ。

 

短波のおじさんそう言えば、彼の紙ジャケ復刻シリーズ(と言っても、3 枚だけだけど。)をご紹介したのは 2 年ぐらい前でしたかねえ。

そのときにも書いたけど、彼との最初の出会いはスネークマンショー。

その後の Jah Wobble とのコラボ盤などは、結構聴いてたなあ。

でも、そこから Can 方面には遡上はしなかったので、この期に及んで Can のシングルコレクションなどを聴いてみたりしている次第で。

 

ということで、スネークマンショーどころか、かつてはサントリーの CM にも使われていたという "Persian Love" を。

いわゆる「ニセ民族音楽シリーズ」ですね。

なんだか可愛らしいジャケ画だったんだねー。

 

 

ご冥福をお祈りいたします。
 

番外編 区切り 23:32 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

WACKO MARIA

今日は番外編。

最近はめったに更新されないので、Eternal Thunder のチェックを怠っていたのだが、久しぶりに見てみたら 2 ヵ月ぐらい前に更新されているではないか。

Japanese clothing label Wacko Maria has just released a line of eye-catching clothing featuring Lee Perry imagery, including record labels, logos, and photos of Scratch. The collection is quite extensive, featuring everything from shirts to shorts.

とのことなのだが、この Wacko Maria って何者?

 

調べてみたところ、元 J リーガー 2 人が立ち上げたブランドで、そのうち 1 人は、いまスペインでうどん屋を営んでいるのだとか。

あー、なんか、そんな人がいるって、ちょっと前に TV で見かけたような気がするぞ。

 

天国東京それはさておき、問題のアパレル群は こちら

なるほど … でも、高いなあ。

T シャツが最低でも 10,000 円もするではないか。

それにしても、この 7" レーベル T シャツの種類の多さはスゴいなあ。しかも微妙なセレクションだ。こんなので商売になるのかね?

まあ、1 枚売って 10,000 円回収できれば、9 割ぐらい売れ残っても何とかなりそうな気もするが。

 

この中で何を選ぶかと言うと、個人的には、やっぱり Kung Fu Meets The Dragon でしょうかねー。

7" 群の中なら、Ketch Vampire かな? いや、デザイン的にちょっと地味だな。単に、その曲が好きだっていうだけだからな。

 

ところで、この Wacko Maria のサイト、ミックス音源もアップしているみたいで、Scratch ネタ もあるようだ。

あれ? ひょっとして、↑ の 7" 群の並びって、このミックス音源の順番になっているのか?

ある意味、スゴいなあ。趣味と仕事が一体化し過ぎてるぞ。
 

番外編 区切り 23:27 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

レコード女子

このブログ、だいたいレゲエ、ヒップホップ、クラブミュージック系、R&B・ソウル系、J-Pop あたりのジャンルでローテーションしていて、今ちょうどレゲエの番なのだが、その前にレゲエにローテーションが回ってきていたのが 2 ヵ月ぐらい前の 5 月。

以前は一巡するのに 3〜4 ヵ月ぐらいかかっていたのに、結構短縮化したものだ。

というのは、最近、少々忙しくって、ショップの巡回があまりできておらず、そうすると予定に入っていないものを試聴してみたら感じよかったので買ってみたりとか、いわゆるジャケ買いとかができないので、自然と購入数が減っているわけですよ。

ということで、なんとなくネタ切れしつつあるところで、どうしたものかと考えながら Yahoo を見ていたら、こんな記事を発見。

 

レコード店に入るも写真撮るだけ 若者の奇怪行動に店側は...

CD やレコードをまったく買わず、ただ「写真」だけを撮りに店を訪れる若者が増えている――。ある老舗レコード店のオーナーがツイッターに寄せたこんな呟きが、インターネット上で驚きをもって受け止められている。

実際、複数のレコード店に J-CAST ニュースが取材すると、「店内の様子や商品を撮影している若者は確かによく見かける」と答える店が多かった。なかには、店員に許可を取らず、いきなり撮影を始める客もいるという。

なんとも、薄っぺらい…。

以前は、レコ屋と言えば、変態… とまでは言わないが、数寄者の巣窟といった観があったのになあ。

今や、レコード選んだらリア充ですか。

だったら、自分なんてどれだけリア充してるのか。あ、でも、アナログじゃないとダメなのか。

 

記事の後半に、

店内を撮影する客は「多い」という渋谷のレコード専門店「ネクストレコード」の店主は、「レコードのジャケットだけ見て、『これ格好いい』と中の曲を知らないで買っていく人も多いです」と話す。

とあるけど、いや、これって以前からあるジャケ買いってヤツですよねえ。

自分の場合は『これ格好いい』より、『これエロい』の方が圧倒的に多いけど。

 

番外編 区切り 00:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/10PAGES + >>