40th Birthday

ファンの皆様へ

ファンの皆様、
いつも応援していただきありがとうございます。
先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。
皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に
心から感謝しております。
ありがとうございます。
 
今日は、私が長年心に思い、
この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。
「わたくし安室奈美恵は、
2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、
この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」
 
引退までのこの1年
アルバムやコンサート、
最後にできる限りの事を精一杯し、
有意義な1年にしていきたいと思ってます。
そして、私らしく
2018年9月16日を迎えたいと思います。
 
皆様、
安室奈美恵の最後の1年を、
どうぞよろしくお願い致します。
 
安室奈美恵

 

あと 1 年。いや、別に引退することもないような気もするのだが。

戻りたくなったら、気楽にまた戻る、的な感じでいいのではないかと思うのだけど、まあ、いろいろあるのでしょう。

 

「Queen Of Hip-Pop」の頃は、彼女のライヴに毎回参戦していたのだが、最近はご無沙汰していた。

そのうち行かなきゃ、と思っていたんだけど、もう無理だろうなあ。

激しくプラチナチケット化しそうだもんねー。

 

個人的に、アムロと言えば → なのだが、これを選ぶヒトってあまりいないかも?
 

番外編 区切り 23:33 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Walter Becker RIP

このところ、少々忙しくって、ショップ巡回を怠っていたのだが、昨日久しぶりに巡回してみたところ、ディスプレイに Walter Becker が亡くなったと書いてあるではないか。

 

【訃報】ウォルター・ベッカー(スティーリー・ダン)

スティーリー・ダン(Steely Dan)の中心メンバーとしても知られるウォルター・ベッカー(Walter Becker)の訃報が公式サイトにて発表された。67歳だった。
公式サイトでは、Walter Becker / feb. 20 1950ーsept. 03 2017 とだけ記され、死因は明らかにされていないが、スティーリー・ダンの相棒ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)が追悼コメント/声明を自身の facebook に掲載。「できる限り長く一緒に作ってきた音楽を続けていくつもりだった。心から彼を惜しんでいます」と綴った。さらに、妻であるリビー・タイタスとの連名で、eels「DEAD OF WINTER」の歌詞をウォルターに捧げている。

9/3 と言えば、先日同じく訃報があった Holger Czukay より前じゃあないか。知らなかった。

そう言えば、Donald Fagen が来日するということで、音楽雑誌界隈で結構盛り上がっていたような気がするが…。

と思ったら、中止になったみたいだ。

 

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017(9.23 sat., 9.24 sun.)開催中止のお知らせ

2 日間ヘッド・ライナーとして出演を予定していました「ドナルド・フェイゲン&ザ・ ナイトフライヤーズ」は、ドナルド・フェイゲン氏の急病により、来日および本フェスティバルへの出演がキャンセルとなりました。

「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」出演キャンセルを受け実行委員会で検討しました結果、本フェスティバルの開催を中止することを決定しました。

今回のフェスティバルには、国内外の素晴らしいアーティストの皆様に出演いただく予定になっておりました。ヘッド・ライナーである「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」を軸に各アーティストに出演のお願いをし、プログラムを組み立ててきたなかで、主催者としては「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」の出演無くしては、この音楽フェスティバルを成り立たせることは難しいと考え、開催中止という結論に至りました。

あらあら、大変なことになってますねー。

まあ、本当に急病かどうかは知らないが、やむを得ないでしょうねえ。

 

まさか張型とは。一般的に、Steely Dan と言えば、Aja なのだろうが、個人的には Gaucho の方が好きだなあ。

あ、でもこの頃は Walter Becker 自身はドラッグ中毒で大変だったんだっけ。

そう言えば、さっき検索していて、Steely Dan というグループ名の由来を初めて知った。

どういうわけか、横浜産らしい。

気になる方は、検索してみて下され。

 

まあ、とにかくご冥福をお祈りします。
 

番外編 区切り 23:41 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Holger Czukay RIP

某音盤通販サイトの「人気検索キーワード」にどういうわけか「ホルガー・シューカイ」なるワードがランキングされていたので、もしやと思って調べてみたところ、亡くなっていたようだ。

 

Can のホルガー・シューカイが死去

ドイツの複数メディアによれば、Can の結成メンバーでベーシストのホルガー・シューカイ(Holger Czukay)が死去。報道によれば、ケルン近くのヴァイラースヴィストにあるアパートで亡くなっているところを隣人に発見されたようです。このアパートは、かつて Can が使用していたスタジオ Inner Space Studio を改装したもの。死因については、まだ判明していません。79 歳でした。

とのこと。Jaki Liebezeit が亡くなったのが、今年の 1 月で、なんだか立て続けですねえ。

 

短波のおじさんそう言えば、彼の紙ジャケ復刻シリーズ(と言っても、3 枚だけだけど。)をご紹介したのは 2 年ぐらい前でしたかねえ。

そのときにも書いたけど、彼との最初の出会いはスネークマンショー。

その後の Jah Wobble とのコラボ盤などは、結構聴いてたなあ。

でも、そこから Can 方面には遡上はしなかったので、この期に及んで Can のシングルコレクションなどを聴いてみたりしている次第で。

 

ということで、スネークマンショーどころか、かつてはサントリーの CM にも使われていたという "Persian Love" を。

いわゆる「ニセ民族音楽シリーズ」ですね。

なんだか可愛らしいジャケ画だったんだねー。

 

 

ご冥福をお祈りいたします。
 

番外編 区切り 23:32 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

WACKO MARIA

今日は番外編。

最近はめったに更新されないので、Eternal Thunder のチェックを怠っていたのだが、久しぶりに見てみたら 2 ヵ月ぐらい前に更新されているではないか。

Japanese clothing label Wacko Maria has just released a line of eye-catching clothing featuring Lee Perry imagery, including record labels, logos, and photos of Scratch. The collection is quite extensive, featuring everything from shirts to shorts.

とのことなのだが、この Wacko Maria って何者?

 

調べてみたところ、元 J リーガー 2 人が立ち上げたブランドで、そのうち 1 人は、いまスペインでうどん屋を営んでいるのだとか。

あー、なんか、そんな人がいるって、ちょっと前に TV で見かけたような気がするぞ。

 

天国東京それはさておき、問題のアパレル群は こちら

なるほど … でも、高いなあ。

T シャツが最低でも 10,000 円もするではないか。

それにしても、この 7" レーベル T シャツの種類の多さはスゴいなあ。しかも微妙なセレクションだ。こんなので商売になるのかね?

まあ、1 枚売って 10,000 円回収できれば、9 割ぐらい売れ残っても何とかなりそうな気もするが。

 

この中で何を選ぶかと言うと、個人的には、やっぱり Kung Fu Meets The Dragon でしょうかねー。

7" 群の中なら、Ketch Vampire かな? いや、デザイン的にちょっと地味だな。単に、その曲が好きだっていうだけだからな。

 

ところで、この Wacko Maria のサイト、ミックス音源もアップしているみたいで、Scratch ネタ もあるようだ。

あれ? ひょっとして、↑ の 7" 群の並びって、このミックス音源の順番になっているのか?

ある意味、スゴいなあ。趣味と仕事が一体化し過ぎてるぞ。
 

番外編 区切り 23:27 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

レコード女子

このブログ、だいたいレゲエ、ヒップホップ、クラブミュージック系、R&B・ソウル系、J-Pop あたりのジャンルでローテーションしていて、今ちょうどレゲエの番なのだが、その前にレゲエにローテーションが回ってきていたのが 2 ヵ月ぐらい前の 5 月。

以前は一巡するのに 3〜4 ヵ月ぐらいかかっていたのに、結構短縮化したものだ。

というのは、最近、少々忙しくって、ショップの巡回があまりできておらず、そうすると予定に入っていないものを試聴してみたら感じよかったので買ってみたりとか、いわゆるジャケ買いとかができないので、自然と購入数が減っているわけですよ。

ということで、なんとなくネタ切れしつつあるところで、どうしたものかと考えながら Yahoo を見ていたら、こんな記事を発見。

 

レコード店に入るも写真撮るだけ 若者の奇怪行動に店側は...

CD やレコードをまったく買わず、ただ「写真」だけを撮りに店を訪れる若者が増えている――。ある老舗レコード店のオーナーがツイッターに寄せたこんな呟きが、インターネット上で驚きをもって受け止められている。

実際、複数のレコード店に J-CAST ニュースが取材すると、「店内の様子や商品を撮影している若者は確かによく見かける」と答える店が多かった。なかには、店員に許可を取らず、いきなり撮影を始める客もいるという。

なんとも、薄っぺらい…。

以前は、レコ屋と言えば、変態… とまでは言わないが、数寄者の巣窟といった観があったのになあ。

今や、レコード選んだらリア充ですか。

だったら、自分なんてどれだけリア充してるのか。あ、でも、アナログじゃないとダメなのか。

 

記事の後半に、

店内を撮影する客は「多い」という渋谷のレコード専門店「ネクストレコード」の店主は、「レコードのジャケットだけ見て、『これ格好いい』と中の曲を知らないで買っていく人も多いです」と話す。

とあるけど、いや、これって以前からあるジャケ買いってヤツですよねえ。

自分の場合は『これ格好いい』より、『これエロい』の方が圧倒的に多いけど。

 

番外編 区切り 00:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Snack JUJU Arena Tour @ Saitama Super Arena

昨日、JUJU のスナック・カラオケ・ツアーを観に行ってきた。

まあ、元々は 10 月 10 日の JUJU の日のファン・サービスとして始めたはずなのだが、いつの間にか本業になってしまってますねえ。

まだツアーが終わっていないので、以下はネタバレ。

 

01. あゝ無情

02. 六本木心中

03. 飾りじゃないのよ涙は

04. 夏をあきらめて

05. 二人でお酒を

06. 真夏の夜の夢

07. 影になって

08. Goodbye Day

09. 駅

10. 恋におちて

11. RASPBERRY DREAM 〜フレンズ

12. ラストシーン〜この夜を止めてよ〜ナツノハナ〜やさしさで溢れるように

13. ラヴ・イズ・オーヴァー

14. DESIRE −情熱−

15. 喝采

-Encore-

16. PLAYBACK

17. believe believe

18. What You Want

 

7 曲目はユーミンのアルバム曲らしく、初めて聴く曲。実はこのあたり眠かった…。

 

11 曲目はご当地ソングということで、レベッカ・メドレー。

六本木心中、DESIRE と並ぶ 80s カラオケ・ナンバーの代表曲フレンズが一夜限りというのはもったいないですね。

とか言ってたら、スナックアルバムの第 2 弾があったら、収録されてそう。

前日は、スターダストレビューの曲だったらしいが、そっちは全然知らないので、助かったかな。

 

アンコールは JUJU に戻って、最近のアップナンバー 3 連発。

このあたり、ご本人よりバックダンサーのお姐さまたちの方が気になって…。

申し訳ない。

 

番外編 区切り 23:33 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Sir Nose T-shirts

高過ぎる。先日、タワレコを巡回していたら、こんなものを売っていた。

 

Overton Loyd × rvddw TEE

 

えーと、キャプションによりますと、

Parliament 『Motor Booty Affair』のジャケットで知られる P-Funk 専属のアートディレクター「Overton Loyd」と rvddw のコラボレーション T シャツです。Overton Loyd が 70 年代に描いた未発表のコンセプトアート(Sir Nose)を、フロントに、袖に rvddw ピスネームをレイアウトしています。

とのことです。

「未発表のコンセプトアート」と書かれているけれど、要するに「Motor Booty Affair」のジャケ画の別テイク、という感じでしょうか。

最近、アパレル系に注力しているタワレコなのだが、こんな趣味性の高いものが果たして売れるのか、と言うか、このデザインに価値を見出す者がどれだけいるのか、という話なのだが。

 

いや、まだハードルが高いな。

この T シャツ、税込 5400 円もするんだよね。このデザインに価値を見出した自分でも、ちょっと手を出しにくい価格設定だ。

セールで半額ぐらいになってたら、買いたいところだが。

 

ところで、アパレル方面にはまるで疎い自分なのだが、rvddw ってそんなに有難いブランドなのか?

そもそも読み方すらわからないし。
 

番外編 区切り 00:32 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

KPP JAPAN IYAHOI TOUR 2017 @ Omiya Sonic City Hall

昨日、きゃりーのライヴに行ってきた。

昨年の終わりごろに Yuming のライヴに行って、そのときに貰ったチラシにきゃりーのライヴ情報があって、調べてみたらまだ Sold Out になっていなかったので、チケットを入手した次第。

以前、WOWOW あたりで彼女のライヴを観ていて、年甲斐もなく一回行っとかなきゃなーと思っていたので。

同行者からは、会場で最年長じゃあないか、と言われていたのだが、想像以上に観客にお子様が多くって、その同伴者としてかなりの年齢と思しきお父様(ひょっとしたらお爺様?)がいらっしゃったので、そんな心配は不要でしたね。

 

セットリストは、

01. 最&高

02. PONPONPON

03. み

04. スキすぎてキレそう

05. キミに 100 パーセント

06. KISEKAE

07. ふりそでーしょん

08. ファッションモンスター

09. つけまつける

10. のりことのりお

11. No No No

12. Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜

13. とどけぱんち

14. おしえてダンスフロア

15. CANDY CANDY

16. もんだいガール

17. インベーダーインベーダー

18. にんじゃりばんばん

19. きらきらキラー

20. 原宿いやほい

-encore-

21. コスメティックコースター

22. ゆめのはじまりんりん

23. 良すた

24. もったいないとらんど

 

えーと、WOWOW を観てて、ライヴに行ってみたいと思ったと書いたのだが、ある意味、TV で観ているようなライヴなので、序盤はあまりノれなかったですねえ。まあ、後半はそれなりに面白かったけど。

思うに、Perfume みたいに、もっとライヴ向けアレンジをすれば、ライヴ感がアップしそうなのだが、お子様もいっぱい参戦しているので、あまりいじれないのかも。

 

いーやっほーいついでに、ライヴのタイトルにもなっているシングル「原宿いやほい」もレヴューしておこう。

Iggy Azalea の "Fancy" にフィーチャーされていた Charli XCX を起用した中田ヤスタカ名義のトラック "Crazy Crazy" とのスプリットシングルですねー。

中田ヤスタカの方が Pop で、きゃりーの方が正統派欧州系 EDM という予想をひっくり返した組み合わせです。

こんなモロに EDM なのって、個人的には久しぶりに聴くのだが、久しぶりなだけに意外に盛り上がっちゃいましたねー。

 

★★★★

 

--------------------

きゃりーぱみゅぱみゅの過去レヴューは ↓

KPP BEST / きゃりーぱみゅぱみゅ

CRAZY PARTY NIGHT 〜ぱんぷきんの逆襲〜 / きゃりーぱみゅぱみゅ
もんだいガール / きゃりーぱみゅぱみゅ
ピカピカふぁんたじん / きゃりーぱみゅぱみゅ
ゆめのはじまりんりん + ファミリーパーティー / きゃりーぱみゅぱみゅ
もったいないとらんど / きゃりーぱみゅぱみゅ
なんだこれくしょん / きゃりーぱみゅぱみゅ
キミに 100 パーセント / きゃりーぱみゅぱみゅ
ファッションモンスター / きゃりーぱみゅぱみゅ
ぱみゅぱみゅレボリューション / きゃりーぱみゅぱみゅ
つけまつける / きゃりーぱみゅぱみゅ
 

番外編 区切り 23:43 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

David Bowie Is

目を開けてます。

 

Bowie 回顧展、行ってきました。

「土日に行くと混雑してるかも」と思って、平日に行ってみたのだが、正解でしたね。

と言うのも、数々の衣装を始めとして、かなりの展示数と情報量。

小銭稼ぎのために、ちょこちょこっと展示品を並べている程度だろうと思っていたのだが、全然違いましたね。

これは、マニアの方はなかなか帰れないでしょう。

それにしても、ツアーのときに口紅を拭ったティッシュなんて、誰が保管していたのか。

興味のある方は、ぜひ行ってみては。

 

番外編 区切り 22:02 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Greg Lake RIP

Greg Lake が亡くなったようですね。

 

グレッグ・レイク、死去

エマーソン・レイク・アンド・パーマー、キング・クリムゾンのメンバーで、プログレッシヴ・ロックの象徴的なミュージシャンの1人、グレッグ・レイクが12月7日、亡くなった。癌を患っていたそうだ。69歳だった。

Keith Emerson が亡くなったのは、今年の 3 月ごろじゃあなかったかなあ。

こういうのって、やっぱり呼応してしまうのだろうか。

 

反則気味。Keith Emerson のときに「Brain Salad Surgery」を使ってしまったので、もうこれしか思いつかなかった。

少々反則気味かなあ。

Robert Fripp 翁のとき(?)のために温存しておくべきだったか。

いや、「Red」が残ってるから、大丈夫か。

 

公式サイトも見てきたけど、ずいぶん太ってたんですね。

まあ、それはさておき、ご冥福をお祈りします。
 

番外編 区切り 01:22 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/9PAGES + >>