Man vs. Sofa / Sherwood & Pinch

人類対ソファー?単発だと思っていた Adrian Sherwood と Pinch のコラボ盤に続編が。

それにしても、「人類対ソファー」ってどういう意味?

「ソファー」と言えば、個人的には Frank Zappa を思い出すのだが。

… って、年寄り過ぎるか?

 

Sherwood & Pinch と言えば、最初の EP の未来形ダンスホールと言いたくなるような佇まいが印象的だったのだが、続く 1st アルバムは脱レゲエとでも申しましょうか、無国籍感が強い仕上がりだったように記憶している。

で、この 2nd なのだが、Primal Scream の Martin Duffy のピアノが大々的にフィーチャーされていて、まあ、確かに Sherwood が絡んでいるだけあってレゲエ系のトラックがないでもないのだが、全体として叙情的と言うか、無国籍感も薄めになっていて、要するにフツーにダブステップな感触。

どういうわけか、戦メリをカヴァーしていたりするし。

 

ラス曲がラガっぽいヴォーカルをフィーチャーしていて、1st EP の名残りを感じる(と言っても、トラック自体は全然レゲエじゃあない。)のだが、このヴォーカルって Junior Delgado だったのか。

あ、Perry 翁も M-4 にちゃんと参加してますよ。これも非レゲエトラックだけど。

 

★★★☆

 

--------------------

Adrian Sherwood の過去レヴューは ↓

Environmental Holes & Drastic Tracks 1981-1986 / African Head Charge

Dread Operator: From the On-U Sound archives produced by Adrian Sherwood

Sherwood At The Controls Volume 2: 1985-1990

Bleeds / Roots Manuva

Trevor Jackson Presents Science Fiction Dancehall Classics
Late Night Endless / Sherwood & Pinch
Sherwood At The Controls Volume 1 : 1979-1984
The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
Jungle Revolution / Congo Natty
Recovery Time / Adrian Sherwood
Survival & Resistance / Adrian Sherwood
Love Forever / New Age Steppers
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
The Modern Sound of Harry Beckett
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
Becoming A Cliche / Adrian Sherwood

 

Pinch の過去レヴューは ↓

Late Night Endless / Sherwood & Pinch

The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
FABRICLIVE 61 / Pinch
Pinch & Shackleton
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 00:36 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Devotional Songs / Shackleton With Ernesto Tomasini + Sferic Ghost Transmits / Shackleton & Vengeance Tenfold

また不気味ジャケ久しぶりの Shackleton。

約 4 年ぶりの今作は、Ernesto Tomasini なる御仁とのコラボ盤。

この Tomasini 氏、初めて見かけるネームだったので、ちょこっと調べてみたところ、イタリアの俳優で、幅広い声域を持ち、Klaus Nomi 以来のオペラ界を揺るがす存在なのだとか。

久しぶりとは言え、この Zeke Clough による不気味ジャケ画は健在ですね。

 

元々は Dubstep というジャンルに括られて登場した Shackleton ではあるが、前作あたりでは既にその括りを大きく逸脱していた。

今作に至っては、彼の特徴であったパーカッションも影を潜めがちで、代わりにオルガンが大きくフィーチャーされている。

それはいいのだけど、今作ではもはやダンスミュージックという名残もなく、低域も薄め。むしろ、プログレに近いところにいるような…。

 

★★★☆
 

 

これも不気味ジャケさて、もう 1 枚。こちらは前作にも参加していた Vengeance Tenfold とのダブルネーム盤。

検索したところによると、この 2 人は元々 Dancehall デュオ(!)を組んでいたのだとか。

こちらも、ジャケ画は Zeke Clough によるものなのだが、↑ みたいにごちゃごちゃしていない分、こちらの方が気味悪さは上かなあ。

 

今作も、基本的には、↑ の延長線上にあるのだが、↑ よりはボトムが強めになっていて、まだ Dubstep と呼んでも許されそう。

いや、せっかく Dubstep というカテゴリを作ったのに、なかなか使えないからね。Machinedrum なんて、まるで R&B だったし。

 

それはさておき、今回の 2 枚は手強かったなあ。

 

★★★★

 

--------------------

Shackleton の過去レヴューは ↓

Music For The Quiet Hour - The Drawbar Organ EPs / Shackleton

Pinch & Shackleton
fabric 55 / Shackleton
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 01:13 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Damogen Furies / Squarepusher

怒ってる?続いては、フタを開けるまで何が飛び出してくるのかわからない Squarepusher。
確か、前作はロボットが演奏していて、その前は LED を使ったパフォーマンスが話題になっていた。その前はバンドだっけ?
まあ、彼の場合、登場があまりにも衝撃的だったので、自分も含めて、その初期作品の幻影を求めて、離脱できない向きが多いのではないだろうか。
周期的に、ハードな D'n'B に回帰する傾向があるのも、タチが悪い。

で、今回は、何でも 10 年以上をかけて開発した特注のシステムを使って、更にライヴとの完全なるリンクを目指して、全てワンテイクで録音されたのだとか。
と言っても、そのシステムを使うと、どこがどう違ってくるのか、さっぱりわからないのだが。

それで、できあがったのは、キャプションによると、史上最も凶暴なトム・ジェンキンソン!!!ということらしく、相変わらずタチがわるいですねえ。
で、これで離脱を思いとどまるファンが出てくるワケか。

★★★★

--------------------
Squarepusher の過去レヴューは ↓
Music For Robots / Squarepusher × Z-Machines
Ufabulum + Enstrobia / Squarepusher
Squarepusher Presents Shobaleader One - d'Demonstrator
Solo Electric Bass 1 / Squarepusher
Numbers Lucent / Squarepusher
Just A Souvenir / Squarepusher
Hello Everything / Squarepusher
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 01:20 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Late Night Endless / Sherwood & Pinch

3D なのかな?続いては、リアルタイムの Adrian Sherwood。
昨年、先発 EP をご紹介した Sherwood & Pinch の 1st フルアルバム。
何だか、このブログにもよく登場する「夜聴き」コンピレに類似したタイトルで、間違いそうですが。
先発 EP は Spotify のロゴマークをいじりつつも、見た目はかわいいパッケージだったが、今作は両名の画像をアレンジしたものに。青印刷と赤印刷がズレているのだが、これって 3D だったりするのかな。

その先発 EP は、On-U クラシックの声ネタが散りばめられていたこともあって、ニュータイプのダンスホールと言うか、比較的レゲエ色強めの印象だったのだが、今作は、特に前半は、もっとクールで硬質なイメージでしょうか。
後半は歌モノなどもあって、柔らかめのニュアンスも感じられるのだが、やっぱりレゲエと言うよりは、無国籍感強めの仕上がりとなっている。

まあ、それはそれで、Sherwood の近作と近い感触ではあるのだが、個人的には、もうちょっとレゲエ寄りの路線を期待していたんだけどなあ。

★★★☆

--------------------
Adrian Sherwood の過去レヴューは ↓
Sherwood At The Controls Volume 1 : 1979-1984
The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
Jungle Revolution / Congo Natty
Recovery Time / Adrian Sherwood
Survival & Resistance / Adrian Sherwood
Love Forever / New Age Steppers
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
The Modern Sound of Harry Beckett
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
Becoming A Cliche / Adrian Sherwood

Pinch の過去レヴューは ↓
The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
FABRICLIVE 61 / Pinch
Pinch & Shackleton
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 23:24 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Masterpiece / Goldie

何故だか買っちゃう。Ministry of Sound の Masterpiece シリーズの第 8 弾は Goldie。
実際には、昨年夏ごろリリースされていたのだが、レヴューするタイミングを失しておりました。
ところで、このシリーズ、これまでの 7 作は、いずれもパッケージに "Masterpiece Created by 〜" と表記されていたのだが、今回は "Created by" がなくなっちゃってますねえ。
まあ、そのことに特に重大な意味はなさそうだが。

で、今作も例によって 3 枚組で、順に "The Alpha"、"Journeyman"、そして "Headzville" と題されている。
いずれも、何でそんなタイトルなのかはよくわからないのだが、1 枚目は自らがかつて影響を受けたトラック、2 枚目は D'n'B クラシックを中心とした Mix、3 枚目は自らが主宰する Metalheadz からのセレクションとなっている。

1 枚目は、Terry Callier、Soul II Soul、Maze、Cherrelle、Teena Marie、Paul Simpson、Miracles、Junior Murvin、Ken Boothe、Roy Ayers とまるで収拾がつかないようなセレクションを強引に Mix して、最後は Radiohead!
Maze が "Twilight" だったのは、何となく「らしい」よね。
2 枚目はさすがに疾走感ある Mix で、ラストは自らの「Timeless」からの 2 曲をじっくりと聴かせる。
3 枚目は…、あまり記憶に残ってないけど、まあいいか。

ところで、この Masterpiece シリーズ、なぜか今まで欠かさずに買っているのだが、次の Armand Van Helden (もう出ているかも?)、どうしようかなあ。

★★★☆

--------------------
Masterpiece シリーズの過去レヴューは ↓
Masterpiece Created by David Rodigan
Masterpiece Created by Carl Craig
Masterpiece Created by Andrew Weatherall
Masterpiece Created by Gilles Peterson
Masterpiece Created by Fabio & Grooverider
Masterpiece Created by Jazzie B Soul II Soul
Masterpiece Created by François K
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 22:10 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Take Kontrol / Roni Size

忘れかけていた。Roni Size の 2004 年産「Return To V」に続く、なんと 10 年ぶりのアルバム。
ということは、このブログ初登場? と思いきや、2008 年に「New Forms」の改訂版をレヴューしていましたね。

そのときにも書いたかも知れないが、Reprazent 名義の「New Forms」(リリースされたのは1997 年だって。18 年前!?)には、個人的にすごく影響を受けて、ひょっとすると、これが音楽の最終形態なのかも、と思っていたんだよね。
だから、当時は、彼自身のみならず、Krust とか Die 絡みの音源まで隈なく探して聴いていたのだが、それがだんだん見かけなくなってきて…。
今作も、web のどこかでリリース情報をたまたま見かけたので存在を知ったのだが、ショップでは一切見かけたことないもんね。

で、10 年ぶりの新作、聴いてみたところ、なんか派手派手しくて、わかりやすいなあ、みたいな。
ジャケ写もいたってフツーだし、「New Forms」の何か意味ありげなイメージとずいぶん違う。
何だか、神童が、大人になって再会してみたら、フツーの人になってしまっていたような感じ。
こんなことでいいのでしょうかねえ。
… まあ、ひょっとすると、彼自体はずっと同じことをやっていて、その間にまわりの環境がどんどん変わっていっただけなのかも知れないが。

★★

--------------------
Roni Size の過去レヴューは ↓
New Forms 2 / Roni Size Reprazent
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 23:50 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Vapor City Archives / Machinedrum

蒸気都市ふたたび。最近、あちらこちらに顔を出していて、このブログに登場することが多くなった Machinedrum の Ninja Tune 第 2 作。
タイトルのとおり、前作「Vapor City」の続編ですね。

前回、書きそびれたのだが、Vapor City とは、彼の夢に繰り返し出てくる空想都市のことなのだとか。
前作のリリースから今作まで約 1 年のインターヴァルがあったのだが、ライナーによると、その間も Vapor City に関するプロジェクトは続行していたらしく、ライヴツアーやら、フォロー EP のリリースやら、web の特設サイト(なんでも、市民登録すると音源がフリー・ダウンロードできたらしい。)など、いろいろやっていたそうだ。
で、今作が晴れてプロジェクトの完結作になるのだそうな。

まあ、同じプロジェクトだからそうなのかどうかはわからないのだが、基本的には前作の延長線上にあるわけで、ダブステップに時折りジャングルだったり、ジュークだったりの味付けが加わるという内容は変わっていない。
強いて言えば、こなれてきて、安定してきたかなあとも思うが、元々は前作の M-1 "Gunshotta" のジャングル大ネタ感が気に入って聴き始めたこともあって、いいような、物足りないような…。
R&B ヴォーカル細切れネタは Burial に任せとけとも思わなくもないし。

★★★☆

--------------------
Machinedrum の過去レヴューは ↓
Love Apparatus / Jesse Boykins III
Vapor City / Machinedrum
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 20:48 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Alternate/Endings / Lee Bannon

左下にうっすらとさて、今日は Lee Bannon なるヒトのアルバムを。
なんでも、Ninja Tune 移籍第 1 弾とのことです。
そう言えば、今まで Ninja Tune って、個人的に何となく縁遠い存在だったのだが、最近、このブログに結構登場しているような。Kelis とか Machinedrum とか。
かつては、ブレイクビーツ一辺倒だったように思っていたのだが、最近は幅広くやっているってことでしょうか?

で、本題の Lee Bannon なのだが、またまた不勉強にして、彼のことは全く知らなかったので、例によってキャプションのパクリから。
ジョーイ・バッドアスの 2013 年屈指の傑作ミックステープ『サマー・ナイツ』への参加も話題となったプロデューサー、リー・バノンがニンジャ・チューンに電撃移籍!衝撃のドラムンベース・アルバムを緊急投下!
オールドスクールなトラックからハイブリッドなトラップまでヤバいヒップホップ・トラックを量産してきた若き才能は本作ではマーズ・ヴォルタのホアン・アルデレッテをベース・プレイヤーに迎え、コンゴ・ナッティやマシーンドラム、マーク・プリチャードや DJ ラシャドなど世界同時多発的に起こるハイブリッドなドラムン〜ジャングルにリンクした衝撃のトラックの数々を披露!!
メタリックで硬質なドラムを連射しながら、アトモスフェリックなサウンドスケープを一気に駆け抜けるとド頭からハーフをさらにハーフにしたディープなサウンドスケープにリスナーを放り投げる M-1、ヴードゥーなグルーヴとレイヴィーな高揚感が螺旋を描きながら上昇していくサイバー・ジャングル M-2、ECM 諸作に漂うスペーシーな空間の中をエイフェックスやスクエアプッシャーばりにドラムが暴れ狂う M-5 を筆頭に高速⇔ハーフを自在に往来するドラム・パターンに骨抜き必至!さらにピッチフォークでプレミア解禁されたドープでトリッピ―な M-7、ハイファイなサイケ感にトばされる事必至な M-9、そしてフライング・ロータス『コズモグランマ』での神がかったプロダクションをさらにモダナイズしたかのような終盤の怒涛のダメ押し三連発 M-10、M-11、M-12 でトドメを刺す捨て曲一切なし、ドラムンベース再考の潮流をさらに推し進めるであろう大・傑・作!!
いかん。引用が長過ぎた。
それにしても、↑ を読んで、どんなアルバムなのか、具体的にイメージできますか?
自分は全然わかりませんでした。「ド頭からハーフをさらにハーフにした」って、いったい何のこと?

えーと、↑ のキャプションやら、ライナーやらの情報を元にすると、彼は元々 Hiphop 系のビートメイカーだったようですね。
そういう経歴があってのことなのだろうか、例えば LTJ Bukem とかのコアな D'n'B とは一味違って、フィールドレコーディング的なものをコラージュしてみたりして、1 トラックの中でも千変万化な表情を見せるところが、なかなか興味深かったですねえ。

★★★★
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 23:51 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

The Music Killer EP / Sherwood & Pinch

聞き放題が Music Killer?Sherwood & Pinch。なんという組み合わせなのだろう。
ライナーによると、この 2 人の出会いは 2011 年。翌年には Sherwood の Remix アルバム「Recovery Time」に Pinch が参加し、2013 年 6 月にシングル "Bring Me Weed" (この EP の M-4)をリリース。そして、今作をリリースする運びとなったとのこと。
基本的には、Pinch が作るトラックに、Sherwood がダブ処理を加えている模様。

今作のための新録は、タイトル曲 3 ヴァージョン。
On-U クラシックの声ネタ(Congo Ashanti Roy!おまけに Scratch 他がちょこっと登場。)をダブステップに載せた未来型ダンスホールといった感じでしょうか。
3 ヴァージョン目は、昨日登場した Machinedrum による Remix で、ジャングル色強めの展開となっております。
先行シングルの M-4、M-5 も同じく On-U クラシック使いなのだが、こっちはテンポ遅めで、更にレゲエ寄りかなあ。

いずれにせよ、これだけじゃあ物足りないので、今後の展開を期待したいところですねー。

★★★☆

--------------------
Adrian Sherwood (= On-U Sound)の過去レヴューは ↓
Jungle Revolution / Congo Natty
Recovery Time / Adrian Sherwood
Survival & Resistance / Adrian Sherwood
Love Forever / New Age Steppers
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
The Modern Sound of Harry Beckett
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
Becoming A Cliche / Adrian Sherwood

Pinch の過去レヴューは ↓
FABRICLIVE 61 / Pinch
Pinch & Shackleton
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 00:13 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Vapor City / Machinedrum

蒸気都市続いては、昨年秋ごろに入手した Machinedrum のアルバムを。
この Machinedrum なるアーティスト名は初めて知ったのだが、調べてみたところ、Travis Stewart という米国人のプロジェクトであるとのこと。
ライナーによると、彼は 2000 年代の初めごろから活動していたようで、当初はエレクトロニカ+アングラ・ヒップホップといったスタイルだったらしい。
それが、2010 年ごろにダブステップの影響濃い作風に変貌していったのだとか。

今作は、彼の Ninja Tune 移籍第 1 弾とのことで、ショップでも強めにプッシュされていたので、つい試聴してみたのだ。
すると、M-1 "Gunshotta" がなかなかカッコよかったんだよねー。
一言で言うと、ダブステップにジャングルのウワモノが載っているのだが、いかにも Ninja Tune という感じで。

で、入手に至ったわけなのだが、アルバムを通しで聴いてみたところ、当の M-1 の他には、同じくジャングルが載っている数曲と、ジュークと結合したものが、まあ面白かったのだが、それ以外はフツーのダブステップといったところだったかな。

★★★☆
 

DRUM 'N' BASS / DUBSTEP 区切り 00:02 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/4PAGES + >>