世界中の隣人よ / 乃木坂 46

卒業生も含めた乃木坂の新曲。そのうちリンク切れになりそうだけど、とりあえず貼っておくか。

 

 

これは採点すべきものではないですね。

 

48 / 46 区切り 19:13 区切り comments(0) 区切り - 区切り

欅坂 46 LIVE at 東京ドーム 〜ARINA TOUR 2019 FINAL〜

今年の GW は、結局、日常品を買いに出かけたぐらいで、ほとんど何もすることがなかった。

なので、こんなライヴ映像を観て過ごすしかないわけで。

 

ということで、欅坂の昨年のアリーナツアー最終日 9/19 @ 東京ドームの Blu-ray。

いや、最初はスルーつもりだったのだが、平手が脱退してしまったので、その区切りとして観ておくかなあと思って。

ついでに、ねるも卒業しちゃってるし、織田奈那も欠席している。

 

冒頭からしばらくの間、ライティングも暗めだし、何かを表現したがっているようなパフォーマンスも多めで、毎週けやかけを観ている自分でも個体識別が容易ではない状況で、果たして最後まで観続けることができるのか、と思わないでもなかったけど、中盤以降はそんなにダークでもなくなって、ちゃんと拝見させていただきました。

2 期生の存在が、意外と救いになっていたりして。それから、「青空が違う」とか、和みます。

あと、ハブさんが目立ってましたねえ。まあ、一番大きいということもあるのだが。

 

ラストは平手のソロで締めるわけで、その後の展開を知らなければ、特別扱いも度が過ぎると思ったのだろうが。

それにしても、卒業ライヴができなくって卒業を延期したまいやんとは随分と違うラストだが、それも欅坂ということなのだろう。

 

★★★★
 

48 / 46 区切り 23:08 区切り comments(0) 区切り - 区切り

しあわせの保護色 / 乃木坂 46

乃木坂の象徴、まいやんラストシングル。

現存 1 期生全員でお見送りしております。

 

曲自体は、彼女たちには珍しくアメリカンテイストですね。まあ、明るくお別れという感じで、いいのではないでしょうか。

c/w は、これまたアメリカンな 1、3、4 期生混成曲と、まいやんのソロ曲。このソロ曲、6 分以上もあるのか。

 

このジャケ写、後方に見慣れないものが写っていて、何かと思ったら、宇宙船で繰り広げられる近未来のプロム というコンセプトらしく、昔の SF 映画にあったような宇宙服の頭部、そうそう、例の金魚鉢をさかさまにしたようなものを被っているわけですね。

いや、企画趣旨は不明ですが…。

 

★★★☆
 

48 / 46 区切り 19:41 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ソンナコトナイヨ / 日向坂 46

Perfume に行ったついでに日向坂の 4 枚目を行っておきましょう。

このところ、ご紹介する音盤がないと、しきりに書いていたのだが、このあたりを意外とご紹介しそびれておりました。

ジャケ写には、不動のこさかなに加え、今回 1 列目に起用された東村と「おすし」こと金村が登場している。個人的に「おすし」をちょこっと推しているので、少しうれしい。

ついでに、封入されていた生写真が齊藤京子だったのも、少しうれしい。

 

収録されているのは、サビのところの振付が妙に気になるタイトル曲と、「DASADA」の主題歌 M-2 と、あまり印象に残らない 1 期生曲 M-3。

それにしても、何故「青春の馬」などという突飛なタイトルを付けたがるのだろうか。

 

まあ、他に書くこともあまりないのだが、とりあえず、個人的に今一番推しているグループですから。

 

★★★★

甘すぎる?
 

48 / 46 区切り 23:01 区切り comments(0) 区切り - 区切り

脱退・卒業・活動休止

未紹介盤のネタが尽きつつあったので、以前 tofubeats の記事で登場した唐田えりかさんネタでもちょろっと書いて誤魔化そうかと思っていたところ、こんなニュースが。

 

欅坂 46 平手友梨奈が電撃脱退発表 織田奈那、鈴本美愉が卒業 佐藤詩織は活動休止

アイドルグループ「欅坂 46」が 23 日、中心メンバーである平手友梨奈(18)のグループ脱退を発表した。同時に織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の2人の卒業、佐藤詩織(23)の活動休止も発表された。

公式サイトで「欅坂 46 のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました」と報告。佐藤については「本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します」と説明した。

あー、遂にこうなっちゃったわけですね。

このところ、本当に殺伐としていたもんねー。

脱退と卒業はどう違うとか、あちらこちらで書かれているけど、他のニュースによると、本人の意思により「脱退」となったのだとか。まあ、そのうちソロとして出現するのだろうが。

それにしても、一斉に 4 人もいなくなるとは、これからいろいろと勘繰られそうだよね。

 

このニュースを最初に発見したときに、「おおっ!」と思わず大声をあげてしまったのだが、そんなに大騒ぎすることか、と同居人に叱られてしまった。

 

48 / 46 区切り 22:57 区切り comments(0) 区切り - 区切り

白石麻衣卒業

感謝。

おはようございます

今朝のスポーツ紙や公式サイトで発表がありました通り、次のシングルをもちまして乃木坂46を卒業します。

2020年始まったばかりなのに、最初のブログが卒業の話しでごめんなさい。

卒業は2年前、25歳を迎えた辺りからずっと考えていました。

もうそろそろ、もうそろそろとずっと思っていたのですが、卒業するメンバーも増えていって、みんなには笑顔で旅立って行ってほしいなという気持ちと同時に私はもう少し乃木坂で頑張ろうかなという思いが強くなっていって、気付いたらここまできていました。

後輩も頼もしく成長していき、私ももう乃木坂で甘えてられないなと思い昨年の夏頃に改めて卒業のことを考え決断致しました。

乃木坂で過ごした約8年は私にとってすごく大事な時間でしたし、たくさん自分と向き合うことができた時間でした。

乃木坂に入って大好きなメンバーと出会い、応援してくださる大切なファンの皆さんとも出会うことができました。

たくさんの声援をもらい、「頑張ってね」「応援してます」って言葉にたくさん救われました。

皆さんのおかげでこうして乃木坂46のメンバーで居続けることができました。本当にありがとうございます。

卒業しても乃木坂は大好きなグループ、ずっと大事にしていきたいですし、次は外側から乃木坂を支えていけたらなと思っています。

まだこれからバースデーライブもありますし、卒業ライブも出来たらいいなと思ってるので残りの時間も笑顔で楽しく過ごせたらなと思っております^ ^

寂しいけど寂しい気持ちは置いといて、2020年も乃木坂にとって素敵な一年になりますように。

私も最後まで頑張ります。

よろしくお願いします

白石麻衣

なるほど、それで紅白はシンクロニシティだったのか。それにしても、結構あっさりと卒業しちゃうんだなあ。年内いっぱいぐらい引っ張るのかなあと思っていたのだが。

彼女は乃木坂の象徴なので、インパクトは AKB から前田、大島、そして指原が抜けたときを遥かに超えるだろうなあ。

 

48 / 46 区切り 01:00 区切り comments(0) 区切り - 区切り

欅共和国 2018 / 欅坂 46

2019 年最後の記事は欅坂。

確か、紅白ネタを除いて、実質的に最初の記事も「欅共和国」だった。

 

今年は、結局、「黒い羊」以降、新曲も出せなかったし、いつも書いている日曜深夜の坂道バラエティー 3 連発でも、日向坂の天然性明るさと比べると、殺伐とした感じは否定できず、もう大丈夫なのでしょうか?

と言うか、今日の紅白からして、もう心配だ。

 

と言いつつも、こちらは前作と同じく、1 年遅れのリリースなので、ねるもまだいるし、日向坂になる前のひらがなけやきパートもある。ユニット曲もあったりするので、それなりに楽しく観れるかなあ。

ということは、来年の大晦日も欅坂でしょうか。

いや、日向坂に乗っ取られてそうな気がする。

 

★★★★

 

ということで、みなさま、よいお年を。

後は、紅白観るだけです。今年は MISIA、トリなのかー。
 

48 / 46 区切り 18:03 区切り comments(0) 区切り - 区切り

こんなに好きになっちゃっていいの? / 日向坂 46

日向坂の 3 枚目。

ジャケ写がまたフロント 3 人に戻りましたね。

 

3 枚目になって、曲調を変えてきましたね。まあ、秋ですし。

漢字欅の「二人セゾン」の線を狙ってきたわけなのかな。

いや、そもそも、アイドル系に限らず、よくあるパターンのような気がする。起承転結の転みたいな。

ちなみに、乃木坂の 3 枚目は「走れ! Bicycle」か。 … これはちょっと違うようだな。

 

またまた Spotify の話で恐縮なのだが、フィジカルリリースでは Type ごとに分散している c/w 曲が、Special Edition と称して、まとめて聴けるんですね。

いつもは、そうまでして c/w 曲を聴こうとも思わないのだが、今回はたまたま聴いてみたところ、唯一の 3 期生上村ひなののソロ曲が一風変わったテイストで気になった。まあ、彼女自体も一風変わってるし。

 

★★★★
 

48 / 46 区切り 23:22 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

サステナブル / AKB48

今朝 Yahoo ニュースで、このニュースを見かけてビックリしました。

 

AKB48、初週売上 138 万枚で 43 作連続 1 位 今年度最高シングル売上を記録【オリコンランキング】

AKB48 のシングル「サステナブル」が、9/30 付オリコン週間シングルランキングで初登場 1 位を獲得。初週売上は 138.0 万枚で、自身が記録した前作「ジワる DAYS」の 126.3 万枚を上回り、今年度最高を記録。またこの初週売上のみで、「今年度最高売上」を記録した。

本作で「シングル 1 位獲得数」は、「RIVER」(2009 年 10 月発売)から通算&連続 43 作目となり、「女性アーティスト歴代 1 位」の「シングル通算 1 位獲得作品数」、「シングル連続 1 位獲得作品数」記録を自己更新。また、「歴代 1 位」の「シングルミリオン通算達成作品数」は今作で通算 38 作目、「シングルミリオン連続達成作品数」は「桜の木になろう」(2011 年 2 月発売)から 37 作連続となり、こちらも共に自己記録更新となった。

いや、正直言って、まだそんなに売れているとは思っていなかったので。

それにしても、総選挙でもないのに、いったい何を目的に買っているのか。そんなに握手したいのか。

NGT 事件で、太客が云々などといろいろ言われていたのに、まだそんなにいたのか。

 

個人的には、最後にシングルを買ったのは「シュートサイン」なのだが、これはこじはるラストだったからで、連続して買っていたのは「ハロウィン・ナイト」が最後。それでも、アルバムは買っていたので、まゆゆのラス曲あたりまではカヴァーできているのだが、それ以降はどんな曲なのかすら、分からなかったりして。

そもそも、TV でもあまり見かけなくなっていたような気も。

 

「サステナブル」は久々の新曲だったり、センターがフレッシュだったりするので、このところ結構 TV で見かけたような。

でも、曲自体はあまり記憶に残っていなかったので、改めて Spotify で聴き直してみたのだが、まあ、典型的な AKB ソングですよねー。

これがミリオン超なのか…。

 

今日は、配信オンリーではなく、ちゃんと買ったわけでもないので、採点はパスするべきでしょうねえ。

と言うか、Spotify だけで記事を書けるのなら、わざわざ CD を購入する必要は全くないってことですよねー。
 

48 / 46 区切り 23:25 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

夜明けまで強がらなくていい / 乃木坂 46

それじゃあ、ついでに乃木坂の新曲、行っておきましょうか。

お得意の文学少女(青年?)風タイトルは相変わらずなのだが、センターに 4 期生の遠藤さくらを抜擢。

あのー、最近は日向坂の方に気を取られていて、3 期生すらあやふやな状態なのに、更に 4 期生なんて…。

桜井キャプテンのラストシングルでもあります。

 

それで、中味の方もフレッシュになったのかと思えば、これまでに何回も聴いたことあるような典型的乃木坂テイスト。

選抜は変わっても乃木坂は乃木坂、と言いたいのだろうか。

c/w 曲も今ひとつ印象薄いしなあ。M-2 のメンバーが M-1 と微妙に違うなあと思ったら、前の「Sing Out!」の選抜ではないか。

使い回しか?

 

★★★

 

ところで、このカテゴリ、48/46 となっているのだが、最近はもう 46 ばっかりだよねー。

まあ、NGT 問題もあったし、以前は松井玲奈ちゃんもいたので SKE もフォローしてたけど、今はもう、そういうつもりもないし。

さっき、M ステで久しぶりに AKB を見かけたけど、誰が誰だかほとんどわからなかった…。

 

それにしても、この記事、昨日のうちにアップしようとしたら、また全部消えてしまったよ。
 

48 / 46 区切り 00:05 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/8PAGES + >>