King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style Part 1 + Part 2

Kill A Sound Bwoy Di-Bi Di-Bi

 

以前、何枚かご紹介した King Tubby の Firehouse × Dub Store の復刻シリーズ。

忘れた頃に、また登場していました。

 

今回も、帯に書かれているキャプション以外に、特に情報もないのだが、どうやらタイトルのとおり、サウンドシステムでのいわゆる Special をコンピレしたもののようだ。そして、Part 2 はそのダブ盤。

Firehouse ということで、繰り広げられるのは 80s ラガと言うか、デジタル・ダンスホール。

有名どころでは、Gregory Isaacs、Sugar Minott、Johnny Osbourne あたりが登場します。

あ、Banana Man なるヒトもいますねー。

 

Prod. として Tubby がクレジットされているが、Mix したのは Carl (Fitzie Banton) Nelson というヒトのようだ。

それぞれのトラックの冒頭に、イントロマン Fuzzy Jones の MC がくっついていて、更にはコマゲンも何回かあったりして、臨場感を醸し出しております。

 

それにしても、このユルユルのジャケ画。しかも、ダブ盤は背景の色が違うだけという、これまたテキトーなジャマイカンスタイル。

内容的にも、ルーツ信奉者なら顔をしかめて避けて通るようなもので、よほどの数寄者にしか、おススメできません。

毎回思うのだが、よくもこんなの復刻するよねえ。

まあ、買う者も買う者だが。

 

★★★☆

 

--------------------

King Tubby の過去レヴューは ↓

King Tubby's Present Two Big Bull In A One Pen Dubwise

Red Rose Will Make You Dance / Anthony Red Rose

Warning / Gregory Isaacs

Ninja Mi Ninja Showcase / Courtney Melody
Two Big Bull In A One Pen / Anthony Red Rose & King Kong
Gussie presenting The Right Tracks
I Admire You In Dub / King Tubbys Meets Larry Marshall
Herb Dub / Jah Lloyd
Evolution Of Dub Volume 7 : Creationist Rebel (King Tubby Meets The Upsetter At the Grass Roots of Dub, King Tubby Surrounded By The Dreads At The National Arena)
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3
King Tubby's Prophesy of Dub / Yabby U
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2
Greenwich Farm Rub A Dub / King Tubby & Scientist
Clocktower Records Presents King Tubby's Rastafari Dub (1974-1979)
Shalom Dub / King Tubby and The Aggrovators
Linval Thompson Meets King Tubbys "Ina Reggae Style Dub" "Dis A Yard Dub"
Original Ragga Muffin (1975-77) / Jah Stitch
Blazing Horns - Tenor In Roots / Tommy McCook
King Of Dub
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Like Dirt 1975-1977 / King Tubby & Friends
Heroes of Reggae in Dub / The Skatalites meet King Tubby
Big Dub : Glen Brown Meets King Tubby 15 Dubs From Lost Tapes
Freedom Sounds In Dub / King Tubby & Soul Syndicate
If Deejay Was Your Trade : The Dreads at King Tubby's 1974-1977
Termination Dub (1973-79) / Glen Brown and King Tubby
Evolution Of Dub Volume 2 : The Great Leap Forward (Brass Rockers / Tommy McCook & The Aggravators)
Dub Me / Morwell Unlimited Meet King Tubby's
Zion High / Ranking Joe
Once Upon A Time At King Tubby's
Evolution Of Dub Volume 1 : The Origin Of The Species (Dub From The Roots / King Tubby, The Roots Of Dub / King Tubby, Dubbing With The Observer / Observer All Stars & King Tubby)
Black & White In Dub / Carlton Patterson & King Tubby
King Tubby meets The Aggrovators at Dub Station
 

REGGAE 区切り 23:42 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

The Trojan Albums Collection (1971-1973) / Lee 'Scratch' Perry & The Upsetters

1 枚追加しました。Scratch と言えば、先日、ショップで発見したのがこの物件。

タイトルのとおり、1971-1973 に Trojan からリリースされた 4 枚のアルバムを 2CD にコンパイルしたもの。

そのラインアップは、Africa's Blood (1971)、Battle Axe (1972)、Rhythm Shower (1973)、Double Seven (1973)の 4 枚で、えーと、Battle Axe 以外の 3 枚は、かつて、「The Upsetter Box Set」としてリリースされていましたねえ。

この「The Upsetter Box Set」、アナログのカタログ No. が PERRY1 なのだが、PERRY2 は「Open The Gate」、そして PERRY3 は「Build The Ark」で、一連の名コンピレ群の第 1 弾だったわけです。

それが、どういう趣旨か、1 枚追加しての再登場となったわけで、まあ、改めて入手する必要もなかったのだが、2CD で 1CD 並みの価格設定だったので、 買っておいてもいいかという感じで。

 

この 4 枚、いずれも基本的には Upsetters 名義のインスト曲がメインで、ヴォーカル or DJ 曲が適度に混じっているという構成。

1 枚目の Africa's Blood は、ジャケ写とタイトルがカッコいいが、Eternal Thunder の Mick Sleeper 氏によると、Despite the heavy sounding title, Africa's Blood is rather tame. Perhaps the greatest thing about the album is the cover photo! とのこと。

そうですねー、まあ、"Well Dread Version" と Winston Prince aka Dr. Alimantado をフィーチャーした "Place Called Africa Version 3" あたりがアフリカ感強めでしょうか。

 

2 枚目の Battle Axe は冒頭に登場する Bob Marley の例の曲のインスト版がタイトルとなっている。

数曲は Bunny Lee 音源を買ってきて、Remix しただけだというテキトーさも、いかにもジャマイカンスタイルですねー。

終盤、数曲にダブ的要素が登場してきて、今後の展開が推測されます。

 

Rhythm Shower は、ジャマイカでごく少量、英国ではプレリリース盤が出回っただけの激レアアイテムで、↑ の Box Set の目玉コンテンツだった。 

しかも、内容的にも、インストからダブへの進化過程のミッシングリンクとされていたもので、なるほどリヴァーヴが薄っすらとかかったトラックの感触は、明らかに ↑ の 2 枚とは別物。

単独でも重要だが、今回のように前後の作品と並べて聴くことで真価を発揮すると言えば、少々大げさ?

 

そして、Double Seven。

いきなり、チキンのフライ音使いの M-1 が強烈で、また、Ken Elliott なるキーボードプレイヤーがダビングしたというムーグ音が摩訶不思議感を増幅している。

個人的には、Al Green ネタの "Jungle Lion" も好きだなあ。

Black Ark 前夜の作品というにとどまらず、後の展開のエッセンスが詰まっております。

 

まあ、個別には波はあるけど、特に後半 2 枚を聴いていただきたく、ここは強めに推しておきましょう。

 

★★★★☆

 

--------------------

Lee Perry の過去レヴューは ↓

Heart Of The Congos

Must Be Free / Lee "Scratch" Perry

Babylon A Fall: The Best Of Lee Perry

Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Back On The Controls / Lee "Scratch" Perry
The Good, The Bad And The Upsetters Jamaican Edition / The Upsetters
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
At WIRL Records / Lee Perry
More Tales From The Orbservatory / The Orb featuring Lee Scratch Perry
Master Piece / Lee "Scratch" Perry
Super Ape & Return Of The Super Ape / The Upsetters
The ORBSERVER In The Star House / The Orb featuring Lee Scratch Perry
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Battle Of Armagideon (Millionaire Liquidator) / Lee "Scratch" Perry
Disco Devil : The Jamaican Discomixes / Lee "Scratch" Perry & Friends
Lee 'Scratch' Perry presents Candy McKenzie + Super Eight / George Faith
Satan Kicked The Bucket + Message From Yard / Lee "Scratch" Perry
Excaliburman / Lee Perry
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
The Return Of Pipecock Jackxon / Lee "Scratch" Perry
Born in the Sky / Lee "Scratch" Perry
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Rise Again / Lee "Scratch" Perry
Kiss Me Neck + Grand Royal #2
Revelation plus Who Dares Dubs Volume 2 / Lee "Scratch" Perry
Dub Treasures From The Black Ark : Rare Dubs 1976-1978 / Lee Perry
Love Thy Neighbour / Ras Michael & The Sons Of Negus
Lord God Muzick / Lee "Scratch" Perry + To Love Somebody / Bunny Rugs & Upsetters
Sipple Out Deh : The Black Ark Years The Jamaican 7"s / Lee "Scratch" Perry & Friends
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Revelation / Lee "Scratch" Perry
Police & Thieves (Deluxe Edition) / Junior Murvin
Return From Planet Dub / Dubblestandart, Lee "Scratch" Perry & Ari Up
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
Scratch Came Scratch Saw Scratch Conquered / Lee "Scratch" Perry
Repentance / Lee "Scratch" Perry
Reggae Legend / Lee Perry
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
People Funny Boy
Chicken Scratch Deluxe Edition / Lee "Scratch" Perry
To Be A Lover / George Faith
The End Of An American Dream / Lee 'Scratch' Perry
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Ape-ology / Lee Perry & The Upsetters
Night Food + Party Time / The Heptones
Soundzs From The Hot Line / Lee "Scratch" Perry
I Am The Upsetter / Lee Perry
Dub-Triptych / Lee Perry & The Upsetters
History, Mistery & Prophesy / Lee "Scratch" Perry
The Upsetter Selection - A Lee Perry Jukebox
Roots, Rock, Reggae
 

REGGAE 区切り 23:39 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Heart Of The Congos

微妙に違います。こちらは Greensleeves ではないのだが、1977 年のオリジナルリリースからの 40 周年記念ということで、3CD セットで拡大リイシューされた、あまりにも有名な「Heart Of The Congos」。

 

今作に関しては、オリジナルよりも、ボートラを追加して 2CD リイシューされた B&F 盤の方が定番と言えましょう。

とは言うものの、既に B&F 盤は入手困難。そこで、近年 B&F 盤の再リイシューを手掛けている 17 North Parade @ VP のお出ましとなるわけです。

 

web 情報によると、B&F 盤の 2CD 構成曲に、B&F 盤のリリース以降(!)に Scratch から提供された 3 トラックを追加して、更に 3 枚目にジャマイカン・オリジナル・ミックスを収録したのが、今作とのこと。

ライナーによると、オリジナルリリースの翌年に 2nd Mix 盤がリリースされ、B&F 盤も 2nd Mix をリマスターしたもの。

また、今作のデザインは、両脇に青い縦軸にハンドペインティングで黄色を上塗りしたオリジナル仕様を再構成したものとのこと。

ちなみに、2nd Mix 盤の両脇の縦軸は、黒くって上塗りなし。

 

で、今作の目玉は、当然のことながらオリジナル・ミックスなのだが、曲の長さも含め、想像していた以上に別物。

印象としては、2nd Mix に比べて、エフェクトなど結構薄めでしょうか。

Discogs によると、the first mix has a dryer sound and fewer effects than the later mix with only a little reverb, delay and phasing added とのことです。

 

今日のお題も、今さら採点? という感じなのだが、オリジナル・ミックスの発掘も含めて、やっぱり

★★★★★

でしょう。

 

--------------------

Lee Perry の過去レヴューは ↓

Must Be Free / Lee "Scratch" Perry

Babylon A Fall: The Best Of Lee Perry

Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Back On The Controls / Lee "Scratch" Perry
The Good, The Bad And The Upsetters Jamaican Edition / The Upsetters
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
At WIRL Records / Lee Perry
More Tales From The Orbservatory / The Orb featuring Lee Scratch Perry
Master Piece / Lee "Scratch" Perry
Super Ape & Return Of The Super Ape / The Upsetters
The ORBSERVER In The Star House / The Orb featuring Lee Scratch Perry
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Battle Of Armagideon (Millionaire Liquidator) / Lee "Scratch" Perry
Disco Devil : The Jamaican Discomixes / Lee "Scratch" Perry & Friends
Lee 'Scratch' Perry presents Candy McKenzie + Super Eight / George Faith
Satan Kicked The Bucket + Message From Yard / Lee "Scratch" Perry
Excaliburman / Lee Perry
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
The Return Of Pipecock Jackxon / Lee "Scratch" Perry
Born in the Sky / Lee "Scratch" Perry
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Rise Again / Lee "Scratch" Perry
Kiss Me Neck + Grand Royal #2
Revelation plus Who Dares Dubs Volume 2 / Lee "Scratch" Perry
Dub Treasures From The Black Ark : Rare Dubs 1976-1978 / Lee Perry
Love Thy Neighbour / Ras Michael & The Sons Of Negus
Lord God Muzick / Lee "Scratch" Perry + To Love Somebody / Bunny Rugs & Upsetters
Sipple Out Deh : The Black Ark Years The Jamaican 7"s / Lee "Scratch" Perry & Friends
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Revelation / Lee "Scratch" Perry
Police & Thieves (Deluxe Edition) / Junior Murvin
Return From Planet Dub / Dubblestandart, Lee "Scratch" Perry & Ari Up
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
Scratch Came Scratch Saw Scratch Conquered / Lee "Scratch" Perry
Repentance / Lee "Scratch" Perry
Reggae Legend / Lee Perry
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
People Funny Boy
Chicken Scratch Deluxe Edition / Lee "Scratch" Perry
To Be A Lover / George Faith
The End Of An American Dream / Lee 'Scratch' Perry
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Ape-ology / Lee Perry & The Upsetters
Night Food + Party Time / The Heptones
Soundzs From The Hot Line / Lee "Scratch" Perry
I Am The Upsetter / Lee Perry
Dub-Triptych / Lee Perry & The Upsetters
History, Mistery & Prophesy / Lee "Scratch" Perry
The Upsetter Selection - A Lee Perry Jukebox
Roots, Rock, Reggae
 

REGGAE 区切り 01:12 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Africa Must Be Free By 1983 / Hugh Mundell + Africa Dub / Augustus Pablo

16 歳でした。こちらも Greensleeves 40 周年記念シールが貼られていた、Hugh Mundell の 1978 年産 1st アルバムと、そのダブ盤の 2 in 1 盤。

 

この組み合わの 2 in 1 盤というのは、CD ならではの仕様として、それこそ CD 初期から出回っていて、Burning Spear の Marcus Garvey + Garvey's Ghost と並んで、レゲエ界のマスト盤だった。

それが再び登場することとなったのだが、今回はダブ盤をオリジナル盤の曲順に並び替え、オリジナルとダブを交互に収録した、疑似ショウケース仕様となっている。

そう言えば、以前にも同じような疑似ショウケース・スタイルの盤をご紹介したことがあったかなあ。確か、Mighty Diamonds だったかな。

まあ、どうせ CD なのだから、曲順なんて、自分でどうにでもできるのだが。

 

えーと、内容についても、ちょこっと触れておく?

オリジナルは、Hugh Mundell 弱冠 16 歳時のリリース。実際は 14 歳頃の録音も含まれているようだ。

M-1 "Let's All Unite" と M-7 "Why Do Black Men Fuss And Fight" は Black Ark 録音。

一方、Pablo 名義のダブ盤は Prince Jammy の Mix。

Hugh Mundell 自身が、今作で歌われていた 1983 年に殺されてしまったのは有名な話。

 

それにしても、今さら、こんな有名作品を採点する必要ある?

とは言うものの、ボートラもないので、

★★★★☆

ぐらいにしておきましょうか。

 

--------------------

Augustus Pablo の過去レヴューは ↓

King David's Melody / Augustus Pablo

Augustus Pablo Presents Rockers International

Original Rockers (Deluxe Edition) / Augustus Pablo
Java Java Java Java + This Is Augustus Pablo
Message Music : Augustus Pablo's Digital Productions 1986-1994
Classic Rockers / Augustus Pablo

 

Prince (King) Jammy の過去レヴューは ↓

Waterhouse Dub / King Jammy

Dubbing In The Backyard / King Tubby's and The Agrovators & Go Away Dream / Delroy Wilson

King Jammys Dancehall 3: Hard Dancehall Murderer 1985-1989 + 4: Hard Dancehall Lover 1985-1989

King Jammys Dancehall 2: Digital Roots & Hard Dancehall 1984-1991

King Jammy presents New Sounds Of Freedom

King Jammy's Roots Reality And Sleng Teng

Dub Of Thrones / Alborosie meets King Jammy
Big Showdown / Scientist
More Jammy's From The Roots
Vocal Superstars at King Jammy$
Rootsman Vibrations at King Jammy$
King Jammys Dancehall 1985-1989 Part 1
Evolution Of Dub Volume 6 : Was Prince Jammy An Astronaut?
Prince Jammy Presents Strictly Dub
Jammy's From The Roots 1977-1985
Heavyweight Dub - Killer Dub / Inner Circle & The Fatman Riddim Section
Dub Like Dirt 1975-1977 / King Tubby & Friends
Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson
Evolution Of Dub Volume 3 : The Descent Of Version (Goldmine Dub / The Revolutionaries)
S Reggae! 2
Dub Connection
Prince Jammy Destroys The Invaders
Black Sounds Of Freedom / Black Uhuru
20th Century DEB-Wise / DEB Players
S Reggae !
 

REGGAE 区切り 01:21 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Total Reggae: Greensleeves + Total Reggae: Special Request

この記事を書くのは、これで 3 回目。

というのは、昨日、アップする寸前に全文消滅するという、激しく腹立たしい現象が 2 回連続で発生したんだよねー。

いったい、どういうわけなのだ。

 

つい買っちゃいます。ということで、全く更新意欲がわかないのだが、なんでも今年 2017 年は Greensleeves 設立 40 周年ということで、VP の廉価コンピレシリーズ Total Reggae から記念盤がリリースされている。

廉価シリーズと言うだけあって、Under ¥1000 という価格設定だったので、これは手を出さざるを得ないでしょう。

 

口火を切るのは、同レーベル最初の 7" だったらしい Reggae Regular なるグループの "Where Is Jah"。

続くは Dr. Alimantado だったので、同レーベル最初のアルバムとなった「Best Dressed 〜」からのセレクションかと思いきや、別のアルバムからの選曲だった。

 

2CD 全 40 曲ということなので、1 年当たり 1 曲という構成かと思っていたのだが、前半の 20 年が 3/4 程度を占めていた。

個人的には、Greensleeves と言えば、80s 中盤の Junjo あるいは Linval Thompson + Roots Radics + Scientist というイメージが強く、そのあたりが 1 枚目でがっつり聴けて、まあ、満足かなあ。

2 枚目は Sleng Teng 以降、Gussie 全盛期を経て、近年に至るという感じ。

↑ に書いた 3/4 を過ぎたあたり、個人的には少々厳しかったかも。

 

★★★★

 

だって安いんだもん。ついでに、これまた Under ¥1000 だったので、手を出してみた同シリーズの 1 つ前のコンピレ。

こちらは、誰もが知ってそうな曲から、そうでもなさそうな曲まで、全編ハードコアな Dancehall 祭り。

ここまで、Dancehall 一辺倒だと、逆に中毒になっちゃいそう。

 

個人的には、そんなに嫌いではないが、Roots マニアの方々がお考えになるレゲエとは、最早全く違うものだもんねー。

それに替え歌みたいなのばっかりだし。

 

★★★☆

 

えーと、最初に書いた記事はもうちょっと長かったんだけどねー。

特に、Dancehall 編は。

申し訳ない。でも、勝手に初期化する者が悪いのだ。

 

--------------------

Total Reggae の過去レヴューは ↓

Total Reggae : Chart Hits Reggae Style
 

REGGAE 区切り 01:41 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

A Ruffer Version - Johnny Clarke At King Tubby's 1974-78

飛びまくってます。最寄りの disk union で拾ってきた中古盤。

Johnny Clarke の Bunny Lee Prod. 作品の Trojan によるコンピレ盤ですね。

元々は 2002 年にリリースされたもののようだ。

 

Bunny Lee 制作となると、当然 Voiced & Mixed at King Tubby's となるわけで、タイトルにしても

サブタイトルにしても、そっちを推しているようですねえ。

確かに、このタイトルトラックは、マシンガンを撃ちまくるし、サイレンは鳴りまくるし、とんでもないことになっているのだが。

 

それはさておき、今作では、彼の代表作「None Shall Escape The Judgement」を始めとして、全編 Flying Cymbals、と言うか、シンバルが飛びまくってる。

そして、Jammy、Pat Kelly、Phillip Smart も含めた Tubby's 産ダブもがっつり楽しめる構成となっておりまする。

 

現在のレゲエ盤を巡る環境では、1975、1976 年と続けて Artist of the Year in Jamaica となった彼の作品でさえ、なかなか入手できる状況にはなく、当ブログでも 3 ヵ月ぐらい前にご紹介した Radiation Roots 復刻盤が彼の初登場だったぐらいだ。

まあ、コンピレ盤にはよく登場してくるんだけどねえ。

 

このところ、Radiation Roots や ↓ の Burning Sounds などが健闘しているけれど、このあたりの作品がもっとリイシューされることを願いつつ…

★★★★☆

 

--------------------

Johnny Clarke の過去レヴューは ↓

Satisfaction / Johnny Clarke
 

REGGAE 区切り 23:48 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

The Magnificent 7 - Rough Road

画・標準男Burning Sounds をもう 1 枚。

Phil Pratt Prod. の 1978 年盤の 2 in 1。

オリジナルは、この 2 枚と「Star Wars Dub」が連番になっていて、Phil Pratt 3 部作といった感じでしょうか。

この 3 部作、アートワークには Standard Man なる初めて見かける人物がクレジットされているのだが、Burning Sounds デザインを何枚か手掛けている人のようですね。

 

前半、1 枚目はタイトルのとおり、I Roy、Big Youth、Jah Stitch など DJ 7 名をフィーチャーしたコンピレ盤。

という風に例示しちゃうとメジャー感高めだけど、後の 4 名は聞いたことないネームでした。

 

いつものことながら、英語力に乏しくて、内容の方はよくわからないのだが、ライナーによると、ラスタファリズムの教義とか、結構シリアスなもののようだ。

トラック自体は、少々ダブ風味が効いていて、Horace Andy ネタなどもあり。

実は、以前ご紹介した 4 枚組コンピレ「Burning Up !」の収録曲を調べたときに、今作の存在を知ったのだが、気が付いてみたら、「Burning Up !」の DJ パートにほとんどが収録済みでしたね。

 

そして、後半、2 枚目はヴォーカル物のコンピレで、David Isaacs、Lord Creator、Al Campbell、Don Tinglin の 4 名が参加。

こちらも、最後の人にはあまり馴染みがないですねー。

 

↑ が結構シリアスなツクリだったので、こっちも本格派ルーツ系? と思ったら、甘口レゲエでしたね。

 

★★★☆

 

--------------------

Phil Pratt の過去レヴューは ↓

Star Wars Dub / Phill Pratt

Dub In Blood / Skin Flesh & Bones

Consider Yourself / Inturns

Get Wise / Horace Andy

Zion Hill / Bobby Kalphat And The Sunshot All Stars

Dial-M-For Murder In Dub Style

 

Burning Sounds の過去レヴューは ↓

Sweet Baby / Cornell Campbell

Murder / Toyan with Tipper Lee + Johnny Slaughter

Red Hot Dub / Elroy Bailey

Book Of Revelation - Variation On A Theme / Revelation

Rocking Vibration - Love Is The Question / Linval Thompson

Burning Up!

Give Thanks & Praise - Love Train / Well Pleased And Satisfied

Dread Hot In Africa - Propaganda / Leroy Smart

Guerilla Dub / The Aggravators & The Revolutionaries

Burning Dub / The Revolutionaries

Star Wars Dub / Phill Pratt

Crab Race / The Morwells

Showcase - Majority Rule / Jimmy Riley
 

REGGAE 区切り 23:23 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Dance in a Greenwich Farm + Sweet Baby / Cornell Campbell

見た目とは3 ヵ月ぐらい前に、同じく Radiation Roots からのリイシュー盤をご紹介した Cornell Campbell の 1975 年盤。

Prod. は Bunny Lee。ということは、バックは Agrovators ですね。Mix は King Tubby。

 

コワモテ感強めのジャケ写から、ゴリゴリのルーツかと思いきや、彼の代表的ヒット曲として知られるタイトル曲を始めとして、自らの "Queen Of The Minstrels" (Jazmine Sullivan ネタですね。)の自己リメイクなど、ソウル・ミュージックの影響濃いオーソドックスなレゲエを聴かせてくれます。

 

★★★☆

 

逆かも。ついでに、もう 1 枚。

こちらは、Burning Sounds からの 1978 年盤。

 

↑ のジャケ写と中味との関係を踏まえると、この朝焼けなのか夕焼けなのかはわからないが、↑ より数段ユルめのジャケ画なら、ひょっとするとラヴァーズ系もあり得そうと思いつつ聴いてみたら、意外とタイトなツクリだったりして、少々意外だった。

クレジットを見てみたら、Prod. は Linval Thompson、バックは Revolutionaries @ Channel One ということでした。なるほどね。

 

ということで、まあ、彼のアイドルである Sam Cooke の "You Send Me" のカヴァーがあったりもするのだが、ややルーツ寄りの展開で、えーと、見た目ではわからないものですねえ。

 

★★★★

 

--------------------

Cornell Campbell の過去レヴューは ↓

Ropin' / Cornell Campbell

Nothing Can Stop Us / Cornell Campbell Meets Soothsayers

 

Radiation Roots の過去レヴューは ↓

Can't Conquer Rasta / I Roy + Guns Don't Argue / Dennis Alcapone

Ropin' / Cornell Campbell

Satisfaction / Johnny Clarke

Don't Cut Off Your Dreadlocks / Linval Thompson

Love To Share / Alton Ellis

 

Burning Sounds の過去レヴューは ↓

Murder / Toyan with Tipper Lee + Johnny Slaughter

Red Hot Dub / Elroy Bailey

Book Of Revelation - Variation On A Theme / Revelation

Rocking Vibration - Love Is The Question / Linval Thompson

Burning Up!

Give Thanks & Praise - Love Train / Well Pleased And Satisfied

Dread Hot In Africa - Propaganda / Leroy Smart

Guerilla Dub / The Aggravators & The Revolutionaries

Burning Dub / The Revolutionaries

Star Wars Dub / Phill Pratt

Crab Race / The Morwells

Showcase - Majority Rule / Jimmy Riley
 

REGGAE 区切り 00:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Inna de Yard: The Soul Of Jamaica

Kiddus I & Cedric無理は承知で、アコースティックつながりということで。

 

かつて、仏 Makasound から 10 枚弱程度リリースされていた「Inna de Yard」シリーズ。

個人的には、少々重いのかなあ、と思っているうちに機を失してしまって、未聴に終わってしまっていたのだが、Makasound の倒産により、中断されていたそうな。

それが、後継レーベル Chapter Two により復活したのだとのこと。

 

ということで、最初は過去音源のコンピレかと思っていたのだが、どうやら新録のようだ。

かつては、Chinna Smith の自宅の庭で録音していたのだが、ライナーによると、今回はマリーさんという人の家のオープンテラスで録音されたのだとか。

で、あちらこちらで高評価されていたので、入手に至った次第。

 

登場するのは、Ken Boothe、Lloyd Parks、そしてジャケ写に登場している Cedric Myton from The Congos、Kiddus I などレジェンド勢を中心として、その他若手勢も何名か。

付属 DVD を観てみると、レジェンド勢はもう見た目は単なる老人なのだが、作り出される音楽はスピリチュアルで生き生きしていて、驚かされるばかり。

なんでも、今回リリースされた以外にも、Jah9 あたりもセッションに参加していたらしく、続編が登場したりするのでしょうかねー。

 

★★★★☆
 

REGGAE 区切り 01:03 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Riddimentary: Suns Of Dub Selects Greensleeves

忘れた頃に。続いては、先日ショップを巡回していたときに発見した物件。

タイトルと選曲からして、Greensleeves のカタログをコンピレ or ミックスしたものであることは確かだと思ったものの、正体不明だったので、とりあえず帰宅して調査してみることに。

 

で、判明したのは、Suns Of Dub とは、Augustus Pablo の息子 Addis Pablo が Ras Jammy なるセレクターと Jah Bami なる MC と組んだユニットであること。

そして、同じく Riddimentary とのタイトルの下、2011 年に Diplo が手掛けた Mix 盤の続編だということ。

あー、そう言えば、そんな盤、ありましたねー。と言うか、このブログでも取り上げてるし。

Diplo のことだから、ヒネくれたセレクションなのか思いきや、意外と王道的な選曲だったので、少々期待外れな印象の盤だったような記憶が。

それにしても、6 年間も放置(?)しておいて、突然、続編と言われても、即座に思い出せるわけないよね。

 

さて、中味の方は、父上 Pablo (って、息子も Pablo だけど。)の Dub からスタート。ちょっと短めだけど。

その後、もっとズブズブにダブ漬けだと予想していたのだけど、意外とそれほどでもなく、ルーツ系から終盤はスレンテン経由でダンスホール系に。

というセレクションの中、Eek-A-Mouse だけが何故か 2 曲登場するのが、面白いですね。

 

★★★★

 

--------------------

Riddimentary シリーズの過去レヴューは ↓

Riddimentary : Diplo Selects Greensleeves
 

REGGAE 区切り 01:27 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/32PAGES + >>