The Same Song / Israel Vibration

昨日に続いて Pressure Sounds なのだが、今日は最寄りの diskunion で拾ってきた中古盤。

なんと 1995 年にリリースされた No.3 ですよ。昨日のが No.104 ですからねえ。ずいぶんと続いたものだ。同レーベル初期特有のデザインが懐かしいですねー。

 

で、今作は Israel Vibration の 1978 年産 1st アルバムの復刻なのだが、タイトル曲を Extended Version に差し替え、更にボートラ 2 曲が追加されている。Prod. は Tommy Cowan です。

 

彼らは、Skeleton こと Cecil Spence、Apple こと Albert Craig、Wiss こと Lascelle Bulgin のトリオで、50s 後半にジャマイカで流行したポリオのおかげで障害を負っている。ライナーによると、ラスタの影響を受け、ドレッドロックにしたことで施設を追い出され、ストリートで生活していたとのことであるが、真偽のほどは定かではなさそう。

まあ、とにかく、'77 年にデビューシングル "Why Worry" をリリース。Tommy Cowan の目に留まって、翌 '78 年に今作を制作したのだとのこと。

Apple は '97 年にソロに転向したのだが、残る 2 人はまだグループを続けている模様。

 

今作は、かなりの有名盤なのだが、個人的には聴くのは初めて。

ルーツなのだが、Tommy Cowan のユルめの Prod. と、ヘロヘロ気味のヴォーカルとで、不思議な感触ですねえ。

まあ、これはレゲエ慣れしていない人には、少々とっつきにくいかも。

 

★★★☆

 

--------------------

Pressure Sounds の過去レヴューは ↓

Rubadub Revolution: Early Dancehall Productions from Bunny Lee

Walls Of Jerusalem / Yabby You Meets King Tubby

The Genius Of Enos / Enos McLeod

Kool Roots / Earth & Stone

Bunny Lee Presents Dubbing in the Front Yard & Conflict Dub

Rockers From The Land Of Reggae / I Mo Jah & Words In Dub / Phillip Fullwood

The War Is On Dub Style / Phil Pratt

Super Dub Disco Style / Bunny Lee & The Aggrovators & Super Star Disco Rockers / Tommy McCook & The Agrovators

Meet The People / Lloyd Parks & We The People

Dubbing In The Backyard / King Tubby's and The Agrovators & Go Away Dream / Delroy Wilson

Time A Go Dread / Lloyd Parks

Beware Dub / Yabby You & The Prophets

Tape Rolling! / Bunny Lee & Friends

Dub In Blood / Skin Flesh & Bones
Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Next Cut! / Bunny 'Striker' Lee & Friends
Live It To Know It / Jimmy Riley
Consider Yourself / Inturns
Full Up : Bunny 'Striker' Lee's Early Reggae Productions 1968-72
Nuh Skin Up / Keith Hudson & The Soul Syndicate
Deeper Roots Part 2 (More Dubs & Rarities) / Yabby You & the Prophets
Get Wise / Horace Andy
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
Reggae In Jazz Featuring The Great Tommy McCook
Unity Is Power / Joe Higgs
Zion Hill / Bobby Kalphat And The Sunshot All Stars
Rebel Rock / The Third World All Stars
Talking Revolution / Peter Tosh
Deeper Roots : Dub Plates and Rarities 1976-1978 / Yabby You & Brethren
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Take Me To Jamaica
Mek It Run / Dennis Bovell
Listen To The Music : Caltone's Jamaican 45's 1966-69
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
Dial-M-For Murder In Dub Style
Message Music : Augustus Pablo's Digital Productions 1986-1994
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Prince Jammy Presents Strictly Dub
Harder Shade Of Black
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson
Pleasure Dub / Tommy McCook & The Supersonics
Once Upon A Time At King Tubby's
Dub I / Jimmy Radway & The Fe Me Time All Stars
Pressure Sounds presents "Tuff Cuts" dj KENTARO Crucial Mix
Every Mouth Must Be Fed 1973-1976
Tribulation (Down in Jamdown 1974 to 1979) / Bim Sherman
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Drum Sound / The Revolutionaries
Life Goes In Circles - sounds from the talent corporation
 

REGGAE 区切り 23:22 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Rubadub Revolution: Early Dancehall Productions from Bunny Lee

Pressure Sounds の最新 No.104。

必要ないかなと思いつつ、わざわざサブタイトルまで ↑ に書いたのは、それだけで内容がわかるはずなので。そうです、Bunny Lee 制作による 80s 前半のアーリーダンスホールのコンピレ 2CD セットです。Sleng Teng 以前の人力ダンスホールですよね。

 

ライナーの Bunny Lee のインタヴューによると、Disc 1 M-5 Cornell Campbell の "Bandulo" が最初期の録音で、元々は Bunny Lee が Black Uhuru の "Shine Eye Gal" をヒントにして制作したものだったのだとか。なるほど、どこかで聴いたことあると思ったら。そして、Dub Mix は Scientist。当然の如く、超カッコよく仕上がっております。

そのリメイクが M-6 Neville Brown & John Wayne の "The Right Time (Boogie Down)"。こちらの Mix は、あまり知られてないけど Tubby's での Scientist の後任 Winston 'Professor' Brown。こっちもイイですねえ。

Disc 2 M-5 "Lay Down Flat" の SE 多めの Dub Mix も彼の仕業だ。

これまた Bunny Lee 談によると、Professor を名乗ることについて、ロンドンのマッド教授との間で結構モメたらしい。

 

登場するのは、Johnny Clarke や Paragons などメジャーどころから、Lacksley Castell の兄弟だという Trevor Castell など無名な者まで。Eek A Mouse そっくりの Simple Simon なんて DJ もいる。未発表曲も多数。

以前書いたかも知れないけど、実は、このあたりのアーリーダンスホールって、結構好きなんだよねー。このデザインは、もうちょっと何とかならないかと思うが。

 

★★★★

 

--------------------

Pressure Sounds の過去レヴューは ↓

Walls Of Jerusalem / Yabby You Meets King Tubby

The Genius Of Enos / Enos McLeod

Kool Roots / Earth & Stone

Bunny Lee Presents Dubbing in the Front Yard & Conflict Dub

Rockers From The Land Of Reggae / I Mo Jah & Words In Dub / Phillip Fullwood

The War Is On Dub Style / Phil Pratt

Super Dub Disco Style / Bunny Lee & The Aggrovators & Super Star Disco Rockers / Tommy McCook & The Agrovators

Meet The People / Lloyd Parks & We The People

Dubbing In The Backyard / King Tubby's and The Agrovators & Go Away Dream / Delroy Wilson

Time A Go Dread / Lloyd Parks

Beware Dub / Yabby You & The Prophets

Tape Rolling! / Bunny Lee & Friends

Dub In Blood / Skin Flesh & Bones
Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Next Cut! / Bunny 'Striker' Lee & Friends
Live It To Know It / Jimmy Riley
Consider Yourself / Inturns
Full Up : Bunny 'Striker' Lee's Early Reggae Productions 1968-72
Nuh Skin Up / Keith Hudson & The Soul Syndicate
Deeper Roots Part 2 (More Dubs & Rarities) / Yabby You & the Prophets
Get Wise / Horace Andy
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
Reggae In Jazz Featuring The Great Tommy McCook
Unity Is Power / Joe Higgs
Zion Hill / Bobby Kalphat And The Sunshot All Stars
Rebel Rock / The Third World All Stars
Talking Revolution / Peter Tosh
Deeper Roots : Dub Plates and Rarities 1976-1978 / Yabby You & Brethren
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Take Me To Jamaica
Mek It Run / Dennis Bovell
Listen To The Music : Caltone's Jamaican 45's 1966-69
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
Dial-M-For Murder In Dub Style
Message Music : Augustus Pablo's Digital Productions 1986-1994
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Prince Jammy Presents Strictly Dub
Harder Shade Of Black
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson
Pleasure Dub / Tommy McCook & The Supersonics
Once Upon A Time At King Tubby's
Dub I / Jimmy Radway & The Fe Me Time All Stars
Pressure Sounds presents "Tuff Cuts" dj KENTARO Crucial Mix
Every Mouth Must Be Fed 1973-1976
Tribulation (Down in Jamdown 1974 to 1979) / Bim Sherman
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Drum Sound / The Revolutionaries
Life Goes In Circles - sounds from the talent corporation
 

REGGAE 区切り 23:08 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

The Linval Thompson Trojan Roots Albums Collection

Doctor Bird の Albums Collection シリーズ(たった今、そう命名しました。)に Linval Thompson が登場。

Bunny Lee Prod. のデビュー盤「Don't Cut Off Your Dreadlocks」の後、セルフプロデュースに移行し、1978 年に Trojan からリリースされた「I Love Marijuana」の他、全 3 アルバム+ボートラを収録した 2CD セット。

全編 Channel One 録音、Tubby's での Mix ですねえ。

 

「I Love Marijuana」はあまりにも有名なのだが、かなり前に一度 CD 化されたっきりで、自分も持っていなかった。なので、かなり嬉しい CD 化なのだ。

と言いつつも、「I Love Marijuana」の他に、あと 2 枚もアルバムがあったっけ?

いや、ありません。他の 2 枚とは、Linval Prod. の同 '78 年産 Big Joe 「African Princess」と翌 '79 年産 Trinity 「Rock In The Ghetto」の DJ アルバム。いずれも初 CD 化とのこと。

ボートラは Attack からリリースされたシングル音源で、それぞれ B 面のダブももれなく収録されている。

 

まあ、この時期の Channel One 録音なので、悪いわけないですよねー。

「I Love Marijuana」がようやく聴けたことだし、他の 2 枚やボートラにも不足なし。

ここは素直に喜びましょう。

 

★★★★☆

 

ところで、同じく Doctor Bird から、初 CD 化と称して、「Negrea Love Dub」と「Outlaw Dub」の 2 in 1 がリリースされているのだが、この 2 枚って、「Evolution Of Dub」の Vol.3 に入ってなかったっけ?

ボートラでも収録されていれば別なのだが、それもないみたいだし…。

 

--------------------

Linval Thompson の過去レヴューは ↓

Linval Presents: Dub Landing Vol.1 + Vol.2

Mysterious / Mystic Eyes

Follow My Heart - I Love Jah / Linval Thompson

Don't Cut Off Your Dreadlocks / Linval Thompson

Rocking Vibration - Love Is The Question / Linval Thompson

Linval Thompson presents Strong Like Sampson

Scientist Encounters Pac-Man At Channel One

Scientist Meets The Space Invaders

Tribal Inna Yard / Freddy McKay
Girls Fiesta / Ranking Dread
The Thompson Sound 1979-82 / Barry Brown
Boss Man's Dub / Linval Thompson & The Revolutionaries
Linval Thompson Meets King Tubbys "Ina Reggae Style Dub" "Dis A Yard Dub"
Evolution Of Dub Volume 3 : The Descent Of Version (Negrea Love Dub / The Revolutionaries, Green Bay Dub / The Revolutionaries, Outlaw Dub / The Revolutionaries)
Greensleeves 12" Rulers - Linval Thompson "Thompson Sound" 1981-82

 

Doctor Bird の過去レヴューは ↓

You Can't Wine - Music Alone Shall Live

The Treasure Dub Albums Collection

Culture Dub & Medley Dub / Errol Brown & The Revolutionaries

Gay Jamaica Independence Time

Moon Hop / Derrick Morgan

Just Dennis + Deep Down / Dennis Brown

The Treasure Isle Ska Albums Collection

Clint Eastwood + Many Moods Of The Upsetters / The Upsetters

The Down Town Albums Collection

One Life To Live / Phyllis Dillon

The Upsetter + Scratch The Upsetter Again / The Upsetters

Return Of Django + Eastwood Rides Again / The Upsetters

Double Barrel / Dave & Ansel Collins + Liquidator / Harry J Allstars

Young Gifted and Black - Pied Piper / Bob Andy and Marcia Griffiths + Naturally - Steppin' / Marcia Griffiths

Dubb Everlasting + Dub Expression / Errol Brown

Psychedelic Train / Derrick Harriott and the Crystalites
 

REGGAE 区切り 23:53 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

You Can't Wine - Music Alone Shall Live

Doctor Bird のアーリーレゲエ復刻盤。今まで存在していることすら知らなかったようなアルバムが次々と復刻されるし、価格的にもお手頃なので、ついつい手を出してしまいますねえ。

で、本日のお題は、Trojan からリリースされていた Rupie Edwards 制作作品のコンピレ盤、1970 年の「You Can't Wine」と 1971 年の「Music Alone Shall Live」の抱き合わせ 2CD セット。

例によって、オリジナル盤の曲数を上回るボートラが付いてくる太っ腹仕様です。

 

えーと、もう少し詳しく書くと、英 Trojan が Rupie Edwards のレーベル Success のカタログからセレクトしたのが「You Can't Wine」で、その続編として企画されたものの、諸般の事情から英国ではリリースされず、逆に Jamaica で Success からリリースされたのが「Music Alone 〜」なのだとか。

もちろん、2 枚とも初 CD 化とのこと。

 

というようなことが、公式サイトに書いてあったのだが、その公式の今作の画像が妙に引き気味で撮られていて、なるほど、これは少々教育上よくないですからねえ。

と思ったら、ブックレットの裏表紙にある「Music Alone 〜」のオリジナルジャケ写がこちらで、web で探してきた画像が暗くてわかりにくいのだが、こっちの方が更にヤバい。

と言うか、そもそもタイトル曲はれっきとしたトラディショナルなんでしょ?

それが、こんなジャケ写でいいのか?

 

内容的には、↑ で書いたとおりのアーリーレゲエで、それ以上に書くことも特にないのだけど、まあ、リラックスしてユル〜く聴くのが吉でしょう。

もともと、ジャケ買い(やっぱり!)なのだし。

 

★★★☆

 

--------------------

Doctor Bird の過去レヴューは ↓

The Treasure Dub Albums Collection

Culture Dub & Medley Dub / Errol Brown & The Revolutionaries

Gay Jamaica Independence Time

Moon Hop / Derrick Morgan

Just Dennis + Deep Down / Dennis Brown

The Treasure Isle Ska Albums Collection

Clint Eastwood + Many Moods Of The Upsetters / The Upsetters

The Down Town Albums Collection

One Life To Live / Phyllis Dillon

The Upsetter + Scratch The Upsetter Again / The Upsetters

Return Of Django + Eastwood Rides Again / The Upsetters

Double Barrel / Dave & Ansel Collins + Liquidator / Harry J Allstars

Young Gifted and Black - Pied Piper / Bob Andy and Marcia Griffiths + Naturally - Steppin' / Marcia Griffiths

Dubb Everlasting + Dub Expression / Errol Brown

Psychedelic Train / Derrick Harriott and the Crystalites
 

REGGAE 区切り 23:40 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Spirit Of Ecstacy / Tradition

英レゲエバンド Tradition の全アルバム復刻企画の大ラスは 1982 年産の「Spirit Of Ecstacy」。

こちらのオリジナルは Solid Groove なるレーベルからのリリース。

あれ? Venture はどうした? と思わなくもなかったのだが、discogs で見たところ、Venture の最後のリリースは 1981 年となっていて、今作をリリースするころには閉鎖されてしまっていたのかも。

ちなみに Solid Groove は Janet Kay の "Silly Games" を擁する「Capricorn Woman」などをリリースしていた模様。

 

で、今作。ジャケ画の下の方に featuring Paul Thompson と記されているように、Key. 奏者の Paul Thompson をフィーチャーしたインストアルバムになっている。いや、ダブ盤ではなく、レギュラーのインスト盤なんですよ。

ライナーによると、1979 年にメインヴォーカル兼 bass 奏者の Paul Dawkins が脱退したことにより、インストアルバムとなったとのことなのだが、えっ? 補充とかできなかったのか?

いずれにせよ、なんとなく、締まらない理由だなあ。まあ、バンドの終焉って、こんな感じか。

 

ということで、それぞれ事情はあるのだろうが、結果的には、「Captain Ganja 〜」から連なるスペイシーな Key プレイが活躍するユルめの和み盤になっております。

えーと、その後、彼らは 2000 年代に入って再結成して、シングル盤をリリースしていたりするようですよ。

 

★★★

 

--------------------

Tradition の過去レヴューは ↓

Tradition's Party Disco L.P.

Runaway Love / Tradition

Tell Your Friends About Dub + Alternative Routes / Tradition

Moving On + High Risk Dub / Tradition

Captain Ganja And The Space Patrol / Tradition
 

REGGAE 区切り 19:27 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Tradition's Party Disco L.P.

↓ の記事にちょこっと登場した Tradition の 1980 年作品の 4 枚目です。こちらも RCA ではなく、古巣の Venture からのリリースですね。

 

それにしても、タイトルもデザインもなんともテキトーなこと。いや、デザインと言うか、CD 化されてるからわかりにくいけど、これってセンターが抜けていて、レーベルが直接見えている、12" でよく見かけたタイプのスリーヴでしょ。

ちなみに下部に記されている Harlesden というのは Venture の拠点だったロンドン北西部の街ということらしい。

 

中味の方も、既発曲のダブ接続ディスコミックスやら、DJ 入りヴァージョンやら、別ミックスやら、Aswad の「Showcase」みたいな感じと申しましょうか。

この雑さがいかにもレゲエという感じで、まあ、タイトルにあるように、楽しく実用できればいいのでしょう。

個人的には、妙にこじんまりとまとまっているより、こんな感じの方が好きですねー。

… って、やっぱりおかしい?

 

★★★★

 

--------------------

Tradition の過去レヴューは ↓

Runaway Love / Tradition

Tell Your Friends About Dub + Alternative Routes / Tradition

Moving On + High Risk Dub / Tradition

Captain Ganja And The Space Patrol / Tradition
 

REGGAE 区切り 23:44 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Runaway Love / Tradition

UK レゲエと言えば、先日ご紹介した英 Tradition の全アルバム復刻企画の第 2 期の 3 枚がリリースされております。

第 1 期の 4 枚をご紹介した際に、実際は 1st アルバムで後にリニューアルされた「High Risk Dub」以外の 3 枚、「Moving On」、「Tell Your Friends 〜」、「Alternative Routes」が同じ 1978 年にリリースされていて、順番がわからないと書いたのだが、ここに来て事態は更に複雑化していて、今作、「Tradition's Party Disco L.P.」、先発していた「Captain Ganja 〜」、ついでに ↑ の「High Risk Dub」が同じ 1980 年にリリースされているんだよねー。

今回のカタログ No. が、「High Risk Dub」→今作→「〜 Party Disco L.P.」の順なので、まあ、そんな順番なのだろうが、「Captain Ganja 〜」との関係がやっぱり不明。

リリース元から考えてみると、「Moving On」から始まった RCA からのリリースは今作がラストということなので、Venture からの「Captain Ganja 〜」は今作の後? いや、「High Risk Dub」も Venture だったし…。

 

まあ、それは置いておくとして、今作はダブ盤ではなく、レギュラーなスタジオ盤の方ですね。

「Alternative Routes」をご紹介した際に、UK レゲエを通り越して、レゲエ風 UK ソウル的な感触、と書いたのだが、そういう意味では、レゲエ〜ラヴァーズ方面に若干回帰した感触でしょうか。

なので、ライナーに書いてあるように、今作をひとつの成熟を見た作品と評する向きも多いようだが、「Captain Ganja 〜」から入ってきた人たちにしてみれば、少々オーソドックス過ぎるかも。

 

★★★

 

--------------------

Tradition の過去レヴューは ↓

Tell Your Friends About Dub + Alternative Routes / Tradition

Moving On + High Risk Dub / Tradition

Captain Ganja And The Space Patrol / Tradition
 

REGGAE 区切り 01:03 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

African Shores / Vin Gordon

↓ の Nat Birchall 盤を入手した翌週あたりに、同じショップを巡回していて、今度は Reggae 棚で発見した物件。

あれ? Vin Gordon って、先週入手したばっかりじゃあなかったっけ?

何だか、ジャケ写の雰囲気も共通するところがある。

と思ったら、リリース元が同じ Tradition Disc で、カタログ No. は連番の 002。

ついでに録音スタジオも同じ Bakery Studio なら、参加メンバーも Prod. も同じじゃあないか。

えーと、これは、要するに、同じセッションでレコーディングされていて、リードが誰かで 2 枚に分割されているということでしょうか。

 

Vin Gordon と言えば、何と言っても「Musical Bones」@ Black Ark ですよねー。

何でも、オリジナルは 300 枚しかプレスされなかったという激レア盤だけど、Justice League からリイシューされた後は比較的入手しやすく、デッドストックか何かで、最近まで結構見かけていたような。

一聴したぐらいでは、その良さが分かりにくい上級盤(?)ではあるけれど、それと比べてしまうと…。

まあ、贅沢は言いますまい。

 

★★★★
 

REGGAE 区切り 22:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Sounds Almighty / Nat Birchall Meets Al Breadwinner Featuring Vin Gordon

恒例のショップ巡回を行っていて、Jazz コーナーに迷い込んでしまった際に発見した物件。

Nat Birchall というネームに全く覚えはなかったのだが、このジャケ写の佇まいが気になって、手に取ってみたら、何やら Vin Gordon が参加しているなどと帯に書いてあるではないか。

それで、試聴してみたら、まるっきりレゲエだった! しかも、ダブ処理強めの!

 

キャプションによると、Nat Birchall は 英国信頼のレーベル JAZZMAN からのリリースで注目を浴びる現代英国ジャズ・シーンを代表するサックス奏者 とのことで、Bandcamp あたりでちょこっと試聴してみたところ、正真正銘の Jazz だった。

でも、彼の公式に Some favourite albums なるページがあって、「King Tubby Meets The Upsetter At The Grass Roots Of Dub」だとか、「King Tubbys Meets Rockers Uptown」だとかが取り上げられているからには、元々 Reggae 〜 Dub が好きだったのだろう。

 

今作は、Manchester の The Bakery Studio というところで、アナログ機器を使ってレコーディングされたとのことで、Scratch × Daniel Boyle と同じコンセプトと言えましょう。

メンバーは、Nat Birchall が Tenor Sax、Bass、Hand Drums、Organ、Percussion、Piano、Melodica を手掛ける他は、Al Breadwinner なる御仁が Drums、Guitar、Piano、Organ、Percussion とクレジットされていて、Prod. もこの 2 人。

そして、Vin Gordon の他、Horns には David Fullwood (On=U 系?)、Stally、KT Lowry が参加していて、ラスト 2 名と Breadwinner 氏は、どうやらこの Bakery Studio をベースに活動している模様。おそらく、ダブミックスも Breadwinner 氏の仕業なのだろう。

レーベルは Tradition Disc なる初めて見かけるネームで、今作のカタログ No. が 001 なので、今作がファーストリリースなのかも。

 

中味の方は、まあ、一言で表すと、Cedric Im Brooks の update 版と申しましょうか、その方面がお好きな方々にはオススメです。えーと、そんな方々がいったい何人ぐらいいるのかは別として。

 

★★★★
 

REGGAE 区切り 22:59 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

I Man A The Stal-A-Watt / Cornell Campbell

17 North Parade @ VP からリリースされた Cornell Campbell のコンピレ 2CD セット。

Bunny Lee 音源を中心に、Joe Gibbs、Ossie Hibbert 音源なども交えつつ、幅広なセレクションとなっている。

タイトルは、Disc 1 の M-3 の Cherry Oh Baby リディム "The Stal-A-Watt" から戴いたものなのだが、VP 公式によると、The title is a boast from the early soundclash era when many of Campbell’s tracks, here produced primarily by Bunny Lee, would play first on King Tubby’s Home Town Hi-Fi in Jamaica. とのこと。

 

更に、247reggae.com によると、

本作『I MAN A THE STAL-A-WATT』は、CORNELL CAMPBELL の代表曲&ヒット曲で構成された編集作・初企画作。アート・ワークの写真に CORNELL CAMPBELL と共に BUNNY LEE が写っている通りに、主にソロ・シンガーとしてのブレイクに大きく貢献した BUNNY LEE との制作楽曲を中心にした内容。

とのことなのだが、初企画とは言うものの、Disc 2 の選曲が B&F の No.30 「I Shall Not Remove」に結構近い感じなのには気が付かなかったことにしておこう。

 

↑ で幅広なセレクションと書いたのだが、Prod. だけではなく、年代的にも 70s から 80s の初めごろまで、トラック自体もルーツ系から、ラヴァーズ、ダンスホールまで、オールラウンドと申しましょうか、まあ、器用なものです。

逆に、何でもこなせるから、何となく地味な印象になっちゃってるような気がしなくもないが。

 

★★★★

 

--------------------

Cornell Campbell の過去レヴューは ↓

Dance in a Greenwich Farm + Sweet Baby / Cornell Campbell

Ropin' / Cornell Campbell

Nothing Can Stop Us / Cornell Campbell Meets Soothsayers
 

REGGAE 区切り 23:17 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/35PAGES + >>