When We All Fall Asleep, Where Do We Go? / Billie Eilish

時の人と申しましょうか、2001 年生まれの 17 歳、Billie Eilish の 1st アルバム。

いや、ちょっと前から話題になっているのは知っていて、試しにショップで試聴してみたら、何とも不思議な感触だったので、入手に至った次第。

 

まあ、彼女のプロフィールなんて、ここで改めて書くこともなさそうなのだが、2001/12 に LA で生まれて、2016 年に SoundCloud で公開した "Ocean Eyes" が Interscope の目にとまって契約。

2017 年に EP 「Don't Smile at Me」をリリース。そして今作に至るのだが、"Bad Guy" が全米 #1 をゲット。その勢いで今作も全米 #1 を獲得するどころか、Grammy の主要 4 部門にノミネートされた最年少記録となったとのこと。

 

で、試聴した何とも不思議な感触の曲が、当の "Bad Guy" だったわけなのだが、今までに全く聴いたことがないような、でも、どこかで聴いたことあるような、何だろう、この感じは。

それで、あちらこちらの記事を見てみたら、Tyler, The Creator あたりに多大な影響を受けているとのことで、あゝ、なるほど、そういうことだったのか! このミニマル&ローファイ感高めのトラックは、そこから来ていたのか。

 

最近レヴューしたところでは、「Abbey Road」から 50 年、The Pop Group 「Y」から 40 年。70s の発展に比べて、80s 以降は再生産しかしていないんじゃあないかと思っていたのだが、まだまだこんな突然変異が発生する余地があったんですねー。

 

★★★★
 

ROCK / POP 区切り 22:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Romance / Camila Cabello

先週の金曜日にリリースされたばかりの Camila Cabello の 2nd アルバム。

以前の当ブログでは考えられないほどのスピードレヴューですねえ。

いや、単に購入する物件が減ったので、買ったものをすぐ聴いて、すぐレヴューしているだけなのだが。

 

前作収録の "Havana" が全米 #1 の大当たりだったのだが、ひょっとしたらまぐれ当たりかと思いきや、Shawn Mendes との "Senorita" が再び全米 #1 の大当たり。

それにしても、ラテンテイストって、需要が強いんですねー。

 

その "Senorita" を M-4 に据えて、その周辺にラテン系を配しつつ、基本的には R&B 系 Pops という構成も内容も前作を踏襲。

と、まあ、二番煎じ感がなくもないけれど、やっぱり全米 #1 の勢いがあるもんねー。これも当たることでしょう。

レヴューするのが早過ぎて、チャートアクションを書けなくって残念です。

と言うか、こういう流行りモノって、それぐらいしか書くことないもんねえ。

 

★★★☆

 

--------------------

Camila Cabello の過去レヴューは ↓

Camila / Camila Cabello
 

ROCK / POP 区切り 23:09 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Charli / Charli XCX

さて、本日のお題は Charli XCX。

以前、KPP 「原宿いやほい」と中田ヤスタカ氏のスプリットシングルでフィーチャーされていましたねえ。

年に数回、たまには流行りモノを聴いてみよう、という気分になるので、そういうときにショップで目に付いたので買ってみた次第。

決して、ジャケ買いではありません!

 

で、彼女は、英国ケンブリッジで 1992 年に生まれた当年 27 歳。お父さんがスコットランド人の起業家、お母さんがインド系のナース兼 CA だったらしい。彼女自身は、16 歳のころから Myspace に自作曲をアップしていて、それが見出されて Asylum との契約に至ったのだとか。

その後、2013 年にアルバムデビューしたのだが、それは今ひとつヒットしなかったところに、2014 年に Iggy Azalea の "Fancy" にフィーチャーされてブレークした模様。

 

それで、今作。

いや、軽〜い Pops のつもりで聴き始めて、まあ、確かにそれはそうなのだが、曲によっては結構攻めてるんですねえ。まあ、そうじゃなきゃ中田ヤスタカにフィーチャーされないか。

えーと、めぼしいところでは、プラスサイズ・ディーヴァの Lizzo とか、Sky Ferreira あたりがゲスト参加しております。

 

ところで、今作、本国 UK では #14、US では #42 だったということで、流行りモノを買ったつもりだったのだが、それほど流行りモノでもなかったような…。

 

★★★☆

 

--------------------

Charli XCX の過去レヴューは ↓

Crazy Crazy / 中田ヤスタカ Feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu
 

ROCK / POP 区切り 23:35 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

The Beach Boys Song Book Vol.1 + Vol.2 / The Hollyridge Strings

当ブログ上では同じカテゴリなのだが、↓ の Madonna とはあまりにもかけ離れていて申し訳ない。

だって、いわゆるイージーリスニングですからねえ。

 

えーと、ライナーによると、Percy Faith の「夏の日の恋」が大当たりしたのに追随して、各レコード会社が同じようなイージーリスニングをリリースし始めたらしく、その中で Capitol が仕立て上げたのが、この Hollyridge Strings なのだとか。中心となっていたのが Stu Phillips なるアレンジャーで、1964 年に「The Beatles Song Book」がそこそこ当たったので、以降、「〜 Song Book」と題したカヴァーアルバムを連発していたとのこと。discogs で調べてみたら、Beatles 編は最終的には Vol.5 + 解散後のソロ曲版 の計 6 枚リリースしたようだ。

 

で、今日のお題は、タイトルでお分かりのとおりの Beach Boys 編。'64 年に Beatles 編第 1 弾に続きリリースされた Vol.1 と '67 年の Vol.2 の 2 in 1。こんなの復刻するのは、そう、Oldays Records に他なりません。

再びライナーによると、大瀧詠一がストリングアルバム「Niagara Song Book」を制作する際に、アレンジャーの井上鑑にこの Vol.1 を手渡したのだとか。なるほど、タイトルも頂いちゃってるし、ほのかなリゾート感など、似てると言えばそうですねえ。

そして Vol.2 は '67 年産ということで、なんと「Pet Sounds」から 4 曲+"Good Vibrations" が収録されている。いや、今でこそ革命的だったと評価されている「Pet Sounds」でも、当時は従来のアルバムの延長線上に捉えられていたのでしょうねえ。まあ、基本的には美メロなので、カヴァーしやすいのだろうが。

 

そんなこんなで、夏場の BGM としては最適なのだろうが、今の季節にはちょっと合っていなかったですかねえ。来年、ひっぱり出してきて、もう一度聴いてみましょうか。

 

★★★☆

 

--------------------

Oldays Records の過去レヴューは ↓

Psychedelic Percussion / Hal Blaine

Night Train / James Brown presents His Band

Drums! Drums! À Go Go / Hal Blaine

The Heptones

Ska Authentic Vol.1 + 2 / The Skatalites

Mele Kalikimaka / Arthur Lyman

In The Christmas Spirit / Booker T. & MG's

El Exigente / Orchestra Harlow

Music Out Of The Moon - Perfume Set To Music - Music For Peace Of Mind / Dr. Samuel J. Hoffman

Taboo Vol.1 + Vol.2: The Exotic Sounds Of Arthur Lyman

Spike Jones In Hi-Fi

Comin' Through / The O'Jays

Breeze from The East / Cal Tjader

Candido Featuring Al Cohn
 

ROCK / POP 区切り 22:55 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Under The Covers / Madonna

続いては、Madonna のブート系放送音源ライヴ盤。

いや、こういうブート系、次々とリリースされていて、ショップの中でも一大勢力となっているのだが、売れてるんでしょうかねえ。当ブログでも何回かご紹介しているのだが、何となく懐古趣味過ぎる(と書いてしまうと、このブログ自体が懐古趣味なのだが。)ような気がして、あまり近づかないようにしているのだが、ふと目にしたときに、今まで聴いたことのない時期のライヴだったり、選曲が面白そうだったりすると、つい手を出してしまうんだよねー。

 

で、今作はサブタイトルが「The Songs She Didn't Write」となっていて、ライヴでの他人曲のカヴァーだけを集めてきたもの。彼女の場合、ライヴでちょこっと他人曲を挿入したりするのは、よくあることなので、あまり珍しくないのかも知れないけど。

カヴァーされているのは、Gainsbourg & Birkin "Je T'aime (Moi Non Plus)"、Prince "Nothing Compares 2 U / Purple Rain"、Britney Spears "Toxic"、Bowie "Rebel Rebel"、Sly "Everybody Is A Star"、Bob Marley "Redemption Song"、などなど。結構面白そうでしょ。他にもいろいろやっているので、気になったら検索してくだされ。

「Evita」の曲も 2 曲あるけど、これはカヴァーのような、そうではないような…。

 

いつのどこのライヴなのか、クレジットはないのだが、声質からして、このジャケ写(ずいぶんと初期のを使ってるなあ。)ぐらい昔のもありそう。

ラテン風 "Take On Me / La Bamba" (これは TV ショウかなんか?)とか、"Billie Jean" からの "Like A Virgin" とか、親子共演の "Redemption Song" とか、そのあたりが意外と面白かったかなあ。

まあ、なんだかんだ言って、結局 Madonna が好きなんだよねー。

 

★★★☆

 

--------------------

Madonna の過去レヴューは ↓

Madame X / Madonna

Rebel Heart / Madonna

MDNA / Madonna
Celebration / Madonna
Hard Candy / Madonna
The Confessions Tour / Madonna
 

ROCK / POP 区切り 19:33 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Scritti Politti

↓ の Miles の記事でちょこっと出てきた Scritti Politti。そう言えば、少し前の島田奈美の記事にも登場していましたねえ。Miles から島田奈美まで、80s には一世を風靡していたわけなのだが、その後どうなったのだろうと気になって、ちょっと調べてみた。

1 年半ぐらい前にご紹介した Richard Russell @ XL の制作盤にゲスト出演していたのはわかっているのだが。

 

えーと、Scritti Politti とは「政治的文書」というイタリア語らしく、実質的には Green Gartside のソロプロジェクトみたいな感じ。

元々は、Rough Trade で、少々小難しいポストパンク系だったのだが、1st アルバムを制作した後にインディーズの限界を感じて Virgin に移籍したのだとか。

そして、1st のレコーディング中に知り合った David Gamson と、Gamson が連れてきた Fred Maher とのトリオ編成となって、Nile Rodgers Prod. でシングルを録音したものの、Rough Trade とモメていたせいでお蔵入り。

続いて、なんと Arif Mardin を Prod. に迎えて制作したのが、'85 年リリースの「Cupid & Psyche 85」。これが大当たりするわけです。

その後、'88 年に 3rd 「Provision」をリリースしたことは何となく知っているのだが、それ以降はどうなったのか、全く…。

 

調べてみたら、'91 年に BEF (これも懐かしい。)とのコラボで、Shabba をフィーチャーした "She's A Woman" のカヴァー(えっ、どんなものなのか、想像もつかない…。)をリリースした後、Green は音楽業界に失望してリタイアしてしまったらしい。

なるほど、それで消息不明(?)になっていたのか。

それでも、1999 年には復活して、4th 「Anomie & Bonhomie」を、更に 2006 年には 5th 「White Bread Black Beer」をリリースしているらしいのだが、その 2 枚には全く覚えがない。

 

と、まあ、そんなところなのだが、Spotify で久しぶりに「Cupid 〜」を聴いてみた。

えーと、少し前なら敬遠したくなったのだろうが、今なら 1 周回って意外と新鮮と申しましょうか。

言わば、エレクトロ人肌ファンクといった感じで、当時の先端機器を使っているのに、ゴリゴリのエレクトロ感はなく、何となく温かい感触。この手触りは、かなりの微妙なバランスの下でしか成立しないでしょうねえ。
 

ROCK / POP 区切り 23:31 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Mezzanine XX (2018 remaster) / Massive Attack

少々作為的なつながりだけど、Massive Attack の 1998 年産 3rd アルバムの 20 周年記念リイシュー盤。

Mezzanine XX と題したオリジナルのリマスター版を Disc 1 に、そして Mad Professor によるダブ盤を Disc 2 に配した 2CD セット仕様でのリイシューで、まあ、リマスター版だけだったら買うこともなかったのだけど。

えーと、厳密には、マドプ Dub Mix 全 8 トラックのうち、2 トラックはアルバム未収録曲のダブなのだが、そのあたり、詳しくは検索などでお調べくだされ。

とにかく、Massive Attack vs Mad Professor と言えば、1994 年産 2nd の Protection と、そのダブ盤 No Protection があって、今回はその再来というわけですねえ。

 

オリジナル盤は、Velvet Underground や The Cure をサンプルネタとするなど、ロック方面に接近した仕上がりになっていて、レゲエ方面から入っていった自分としては、それほど聴き込みはしなかったかなあ。

なので、今回が、ずいぶんと久しぶりの再会となったわけなのだが、記憶していたよりダークでソリッドな感触だったんですねえ。まあ、Man Next Door をカヴァーしていたりはするのだが。

で、問題のマドプ Dub Mix なのだが、オリジナルのテイストに合わせてか、サイバーな感触の仕上がりとなっている。と言いつつも、元ネタにレゲエ感が残っている "Exchange" あたりは、ここぞとばかりに彼らしいダブをかましているあたりが面白かったりするのだけど。

あ、Man Next Door は Dub 化されていないんですね。まあ、それも、このオリジナルのダブ盤らしいか。

 

★★★★

 

--------------------

Massive Attack の過去レヴューは ↓

Blue Lines (2012 mix / master) / Massive Attack

 

Mad Professor (= Ariwa Sounds) の過去レヴューは ↓

Songs of Aretha Dubwise Showcase

Spend Some Lovers Rock Time - Ariwa Special Choice + Ariwa Covers

Black Ark Classic Songs / Lee Scratch Perry

In The Midst Of The Storm / Mad Professor Meets Jah9

Dub You Crazy With Love / Mad Professor

A Breath Of Fresh Air / Mother Nature

Dub Me Crazy Vol.2 + 3 / Mad Professor

Diggin' Ariwa / Muro

OK? Tropical Ghetto dub -FOR ARIWA- Mixed by DJ Hikaru

The Ariwa Posse
A Slice Of English Toast + Something Fishy Going On / Ranking Ann

Genital Zone

Dub Me Crazy!! / Mad Professor
Reggae Ron / Taugenixe
New Decade Of Dub / Mad Professor & Jah Shaka
My Computer's Acting Strange / Robotiks
Soulful Reggae / Susan Cadogan
Punky Reggae Party / Anti Social Workers And The Mad Professor
A Caribbean Taste Of Technology / Mad Professor
African Rebel / Tony Benjamin + Ariwa Sounds : The Early Sessions
Judgement Day / Sergeant Pepper
London's Burning
Country Life / Sandra Cross
 

ROCK / POP 区切り 01:09 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Live In New York '78 / Peter Gabriel

ラグビー、残念でしたね。前半はひょっとしたら行けるかもと思ったんだけどなあ。

 

ところで、このところショップのディスプレイを賑わせている放送音源ライヴ盤シリーズ。気が付いてみれば、国内流通仕様盤でも結構な枚数がリリースされていて、当ブログでも何枚かご紹介しているのだが、それなりのお値段はしていて、ハズした場合のダメージが大きいので、あまり近寄らないようにしていた。でも、本日のお題の Peter Gabriel 編は何となく珍しいのと、キャプションで絶賛されていた(実はこういうのが怪しいのだけど…。)ので、買ってみた次第。

 

元々は、1978 年に 2nd ソロアルバムをリリースした後のプロモツアーの 10/4 の Bottom Line @ NY での 2 公演をラジオ番組 King Biscuit Flower Hour 用に録音したものとのこと。

ということで、演目は 1st ソロと 2nd ソロ収録曲がメインなのだが、3rd に収録される "I Don't Remember" も演奏されている。

ちなみに、彼のソロアルバムは 1st〜4th まで全て「Peter Gabriel」というタイトルで、便宜上 I〜IV とナンバリングされていたり、ジャケ写に因んで、1st から順に Car、Scratch、Melt、Security と呼ばれているとのこと。

個人的には、かつてロック少年だったころに、この 4 枚はそれなりに聴いていたのだが、やっぱり III と IV のインパクトが大きかったので、最初の 2 枚は印象薄めだったかも。まあ、メインとなる曲はそれなりに記憶しているのだが。

 

演奏陣としては、その後の「Plays Live」にも登場している Tony Levin (b)、Jerry Marotta (dr)、Larry Fast (syn)が参加。曲目は 1 枚目の Early Show と 2 枚目の Late Show でちょこっと入れ替えはあるけど、ほぼ同じ。

キャプションによると、1 枚目、2 枚目ともに "Modern Love" と Kinks カヴァーの "All Day And All Of The Night" で II の Prod. の Robert Fripp がギターを弾いているとのことなのだが、残念ながらアルバムのクレジットが間違っていて、2 枚目の "All Day 〜" があるとされているところには "Here Comes The Flood" が収録されている。

あ、これも裏ジャケの曲目リストにはないが、1 枚目のラストには "The Lamb Lies Down On Broadway" (!)が登場しますよ。

 

1 枚目の前半あたり、機材トラブルがあったのか、かなりバランスが悪い箇所があって、イライラさせられるのだが、所詮はブート系だしなあ。いや、パッケージには Professionally re-mastered と記されているんだけど…。

まあ、幸いにも(?)、ほぼ同一内容の 2 枚組なので、その辺りは想像で補うこととして、レア音源に免じて、ガマンするしかないかな。

 

★★★☆

 

--------------------

Peter Gabriel の過去レヴューは ↓

Scratch My Back - And I'll Scratch Yours / Peter Gabriel

New Blood / Peter Gabriel
 

ROCK / POP 区切り 23:43 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Live Vol.2 / David Bowie

半年ぐらい前にご紹介した Bowie さんのブート系ライヴ盤 10 CD Box Set になんと続編が登場しているではないか。

前回、「毒を食らわば皿までも」と書いたのだが、今回も同じ心境で買ってみた。

 

前回に倣って、内容をご紹介すると、

Disc 1 : Marquee Club, London @ The 1980 Floor Show (Broadcast 1973/11/16)

Disc 2-3 : Olympic Stadium, Montreal, Canada 1987/8/30 @ Glass Spider

Disc 4 : Estadio River Plate, Buenos Aires, Argentina 1990/9/29 @ Sound+Vision

Disc 5-6 : Orpheum Theatre, Boston 1991/11/20 @ It's My Life (Tin Machine)

Disc 7 : Nippon Budokan, Tokyo, Japan 1992/2/17 @ It's My Life (Tin Machine)

Disc 8 : Los Colinas Soundstage, Dallas 1983/4/27 @ Serious Moonlight Rehearsal with Stevie Ray Vaughan

Disc 9-10 : Riverport Amphitheatre, Maryland Heights (St. Louis) 1995/10/11 @ Outside with Nine Inch Nails

 

まさにブートのまとめサイト的様相を呈していますねー。

Sound+Vision と Tin Machine の武道館はツアーの千秋楽だったようだ。

前回は Sound+Vision Tour 音源が目立っていたけど、今回は Tin Machine が多め。いやあ、Tin Machine って、個人的に全く面白いと思わなくって、ほとんど聴いたことないんだよねー。Roxy Music のカヴァーを演ってたなんて知らなかった。

 

Glass Spider Tour は、これまた半年ぐらい前にご紹介したオフィシャル盤と同一音源でしょうか。あと、Tin Machine の音源の数曲はオフィシャルライヴ盤(そんなのがあったことも知らなかったが。)に収録されている模様。

 

まあ、今回も、1 枚あたり 300 円未満のブート系をあれこれ言うのも野暮ってことで、採点はパスしておきましょう。

おそらくはブート界では知られている音源なのだろうが、個人的には 1980 Floor Show とか、Stevie Ray Vaughan とのリハ音源、それに Nine Inch Nails との双頭ライヴあたりが面白かったかなあ。

 

--------------------

David Bowie の過去レヴューは ↓

Live / David Bowie

Glass Spider (Live Montreal '87) / David Bowie

Serious Moonlight (Live '83) / David Bowie

Glastonbury 2000 / David Bowie

Welcome To The Blackout (Live London '78) + Olympic Stadium Montreal 1983 / David Bowie

Cracked Actor (Live Los Angeles '74) / Bowie

No Plan EP / David Bowie

David Bowie Is

★ / David Bowie

Sound+Vision / David Bowie

David Bowie RIP

The Next Day / David Bowie
 

ROCK / POP 区切り 20:19 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Abbey Road (2 CD Anniversary Edition) / The Beatles

さて、果敢に大物を続けてみましょうか。

一昨年の Sgt. Pepper's 〜、昨年のいわゆる White Album に続いてリリースされた Abbey Road の 50 周年記念 anniversary 盤。

今回も、前例に倣って、オリジナル盤の 2019 Mix + セッション音源の 2CD セットを入手。更に、セッション音源が 1 枚追加されて、Blu-ray audio も付いてくる Super Deluxe Edition が今回も存在しているのだが、やっぱり自分程度のリスナーとしては、2CD ヴァージョンが分相応でしょう。

 

偉大なるレジェンドのラストアルバムにして、最高傑作という声もある今作をとやかく評するのもおこがましい … などと書いてしまうとそれまでなのだが、例によって細かい違いは全くわからないまでも、オリジナル盤の最新 Mix は今回が一番好きかも。

一方、セッション音源の方は、オリジナルと同じ曲順になるように構成されているのだが、そうなっていることで、個人的には逆にサプライズ感が薄れてしまったような…。

Super Deluxe Edition だったら、違っていたのかなあ。

 

まあ、毎回書いてるけど、今回も畏れ多くって、採点は遠慮させていただきましょう。

 

--------------------

The Beatles の過去レヴューは ↓

The Beatles (and Esher Demos) / The Beatles

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (2 CD Anniversary Edition) / The Beatles

George Martin RIP

On Air - Live at the BBC Volume 2 / The Beatles

Love / The Beatles
 

ROCK / POP 区切り 23:37 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/21PAGES + >>