The War Is On Dub Style / Phil Pratt

戦争中ダラダラとレゲエ系のレヴューを続けているうちに、Pressure Sounds の No.99 がリリースされておりました。

少々つながりが悪いけれど、Phil Pratt つながりということで許していただきましょう。

 

さて、今作は、Phil Pratt が Joe Gibbs でレコーディングしたトラックをロンドンに持ち込み、Easy Street Studio で Mix したもの。

ライナーによると、その Easy Street は 80s 初め頃にはジャマイカのプロデューサーやロンドンのレゲエ・ミュージシャンのたまり場となっていたらしい。

で、Mix を担当したのは、Stuart Breed なる白人のスタジオ・クルー。

これまた、ライナーによると、彼は King Tubby なんか聴いていなくて、Roxy Music や Japan が好きだったのだとか。で、Phil Pratt に言わせると、オレが教えて、ジャマイカン・サウンドを作り出させたということらしい。

まあ、それはともかく、彼はその後 George Martin の Air Studio に移籍し、Paul McCartney や Art Garfunkel、Yes、果ては Dalis Car や Scritti Politti などのエンジニアを務めたのだとか。

キャプションによると、天才エンジニアとして数多くの名盤に携わる事になりダブからの影響を世界に拡めた とのことなのだが、本当のところ、どれくらい役に立ったのかどうか。

 

いずれにしても、今作では Bobby Kalphat のメロディカが大々的にフィーチャーされておりまして、他にもスラロビ、Lloyd Parks など、参加メンバーも手堅い。

↑ の出自からは、もうちょっと英国産ダブっぽいのかなあ、と予想していたのだが、ストレートにジャマイカン流でしたね。

ボートラとして、"Black Cinderella" など、元ネタのロングミックスも 4 曲収録されていて、好感度高いです。

 

★★★★

 

--------------------

Phil Pratt の過去レヴューは ↓

Gee Baby - No More Running / Al Campbell

Got To Get Away Showcase / Ken Boothe

The Magnificent 7 - Rough Road

Star Wars Dub / Phill Pratt

Dub In Blood / Skin Flesh & Bones

Consider Yourself / Inturns

Get Wise / Horace Andy

Zion Hill / Bobby Kalphat And The Sunshot All Stars

Dial-M-For Murder In Dub Style

 

Pressure Sounds の過去レヴューは ↓

Super Dub Disco Style / Bunny Lee & The Aggrovators & Super Star Disco Rockers / Tommy McCook & The Agrovators

Meet The People / Lloyd Parks & We The People

Dubbing In The Backyard / King Tubby's and The Agrovators & Go Away Dream / Delroy Wilson

Time A Go Dread / Lloyd Parks

Beware Dub / Yabby You & The Prophets

Tape Rolling! / Bunny Lee & Friends

Dub In Blood / Skin Flesh & Bones
Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Next Cut! / Bunny 'Striker' Lee & Friends
Live It To Know It / Jimmy Riley
Consider Yourself / Inturns
Full Up : Bunny 'Striker' Lee's Early Reggae Productions 1968-72
Nuh Skin Up / Keith Hudson & The Soul Syndicate
Deeper Roots Part 2 (More Dubs & Rarities) / Yabby You & the Prophets
Get Wise / Horace Andy
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
Reggae In Jazz Featuring The Great Tommy McCook
Unity Is Power / Joe Higgs
Zion Hill / Bobby Kalphat And The Sunshot All Stars
Rebel Rock / The Third World All Stars
Talking Revolution / Peter Tosh
Deeper Roots : Dub Plates and Rarities 1976-1978 / Yabby You & Brethren
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Take Me To Jamaica
Mek It Run / Dennis Bovell
Listen To The Music : Caltone's Jamaican 45's 1966-69
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
Dial-M-For Murder In Dub Style
Message Music : Augustus Pablo's Digital Productions 1986-1994
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Prince Jammy Presents Strictly Dub
Harder Shade Of Black
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson
Pleasure Dub / Tommy McCook & The Supersonics
Once Upon A Time At King Tubby's
Dub I / Jimmy Radway & The Fe Me Time All Stars
Pressure Sounds presents "Tuff Cuts" dj KENTARO Crucial Mix
Every Mouth Must Be Fed 1973-1976
Tribulation (Down in Jamdown 1974 to 1979) / Bim Sherman
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Drum Sound / The Revolutionaries
Life Goes In Circles - sounds from the talent corporation
 

DUB 区切り 23:51 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Black Foundation Dub / Augustus Clarke

茶色づくめ最寄りの disk union で拾ってきた英 Motion 盤。今回はデッドストックではなく、中古盤です。

 

で、登場するのは Augustus "Gussie" Clarke。

とは言っても、レゲエ界を席巻した 90s の Gussie ではありませぬ。

オリジナルは 70s 後半に彼自身の Roots Sounds レーベルからリリースされたもの。

英国では Burning Sounds からリリースされていたようだ。あ、ということは、そのうちリイシューされるかも。

 

Mix は → のパッケージに記されているとおり Tubby's で、Tubby と Philip Smart が担当したとのこと。

さて、中味の方は、"No No No" や "Skylarking" を始めとして、定番リディム多し。

あ、だから、Foundation なのか?

それはさておき、Gussie 特有の乾きめのサウンドに、Tubby's のダブサウンドがぴったりハマって、陽性ながらいい感じの仕上がりですねー。

 

ところで、以前にも書いたが、最寄りの disk union のレゲエ中古コーナーは、近くに余程のダブ・マニアがいるのだろうか、なかなかマニアックな品揃えとなってるんだよね。

まあ、そうは言っても、ウチの CD 棚とかなりダブってるんだけどね。

えっ? ひょっとしたら、ウチの同居人がこっそり売ってたりして?

 

★★★★

 

--------------------

Augustus "Gussie" Clarke の過去レヴューは ↓

From The Foundation / Gussie Clarke

Gussie presenting The Right Tracks
Greensleeves 12" Rulers - "Gussie" Clarke Music Works 1987-91
Gussie Presents Dread at the Controls Dubwise
Gussie Presenting I Roy
 

DUB 区切り 00:41 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Concrete Jungle Dub / King Tubby & Riley All Stars

間違えそうに↓↓ の Pressure Sounds 盤と類似デザインにつき、ついスルーしてしまいそうになった Dub Store 盤。

このところ、ルーツとデジタル・ダンスホールの端境期と申しましょうか、とにかくマニアックなリイシューが目立っていた Dub Store なので、今回もそのあたりの数寄者対象の盤かと思いきや、少々違っておりました。

 

で、その正体はと申しますと、1976 年に英国の Concrete Jungle なるレーベルからリリースされた King Tubby の手になるダブ盤でございました。

なんでも、300 枚しかプレスされなかった激レア盤なのだとか。

… って、十分に数寄者向けか。

 

元ネタは Winston Riley の Techniques リディム。

ということで、"Stalag" やら The Fugees でおなじみの "Ready Or Not" あたりが登場するわけです。

ということで、薄めのデジタルトラックのダブかと思っていたところ、Tubby の骨太なダブが聴けたものだから、つい採点が甘くなってしまうのもやむを得ないでしょう。

 

ところで、ライナーによると、70s の Techniques トラックのダブと言えば、もう 1 枚「Meditation Dub」という盤があるとのことで、えーと、それって昔 Pressure Sounds からリリースされてた「Techniques In Dub」のことだっけ?

調べてみようと思ったけど、自宅の CD 棚からは発見できず…。ちゃんと整理しとかなきゃダメだなあ。

あれ? ひょっとしたら、持っていなかった?

 

★★★★☆

 

--------------------

King Tubby の過去レヴューは ↓

King Tubby meets Jacob Miller In A Tenement Yard

King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style Part 1 + Part 2

King Tubby's Present Two Big Bull In A One Pen Dubwise

Red Rose Will Make You Dance / Anthony Red Rose

Warning / Gregory Isaacs

Ninja Mi Ninja Showcase / Courtney Melody
Two Big Bull In A One Pen / Anthony Red Rose & King Kong
Gussie presenting The Right Tracks
I Admire You In Dub / King Tubbys Meets Larry Marshall
Herb Dub / Jah Lloyd
Evolution Of Dub Volume 7 : Creationist Rebel (King Tubby Meets The Upsetter At the Grass Roots of Dub, King Tubby Surrounded By The Dreads At The National Arena)
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3
King Tubby's Prophesy of Dub / Yabby U
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2
Greenwich Farm Rub A Dub / King Tubby & Scientist
Clocktower Records Presents King Tubby's Rastafari Dub (1974-1979)
Shalom Dub / King Tubby and The Aggrovators
Linval Thompson Meets King Tubbys "Ina Reggae Style Dub" "Dis A Yard Dub"
Original Ragga Muffin (1975-77) / Jah Stitch
Blazing Horns - Tenor In Roots / Tommy McCook
King Of Dub
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Like Dirt 1975-1977 / King Tubby & Friends
Heroes of Reggae in Dub / The Skatalites meet King Tubby
Big Dub : Glen Brown Meets King Tubby 15 Dubs From Lost Tapes
Freedom Sounds In Dub / King Tubby & Soul Syndicate
If Deejay Was Your Trade : The Dreads at King Tubby's 1974-1977
Termination Dub (1973-79) / Glen Brown and King Tubby
Evolution Of Dub Volume 2 : The Great Leap Forward (Brass Rockers / Tommy McCook & The Aggravators)
Dub Me / Morwell Unlimited Meet King Tubby's
Zion High / Ranking Joe
Once Upon A Time At King Tubby's
Evolution Of Dub Volume 1 : The Origin Of The Species (Dub From The Roots / King Tubby, The Roots Of Dub / King Tubby, Dubbing With The Observer / Observer All Stars & King Tubby)
Black & White In Dub / Carlton Patterson & King Tubby
King Tubby meets The Aggrovators at Dub Station
 

DUB 区切り 23:01 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Dubb Everlasting + Dub Expression / Errol Brown

まさにジャマイカン・クオリティ以前、ご紹介した Cherry Red 傘下の Doctor Bird、着々とリリースを重ねているようで、そのカタログの中から、今日は Errol Brown が Sonia Pottinger の High Note から、1975 年と 1978 年にリリースされたダブ盤の 2 in 1 を。

いずれも Mix は Errol Brown で、演奏は The Revolutionaries とのことです。

それにしても、1 枚目なんか、Dub の b の字が重なっているじゃあないですか。

まさに、ジャマイカン・クオリティですねー。

ひょっとすると、'75 年あたりでは、ワード自体がまだ定着していなかったのかも知れないが。

 

Errol Brown と言えば、なかなか復刻が進んでいなくって、レア盤化が目立っていたのだが、徐々に掘り起こされているようで、当ブログでも何枚かご紹介済みですよね。

基本的には、少々地味めではあるが、手堅いダブを聴かせる人で、個人的には好きなダブ師です。

今作も、同様の印象で … などと書いてしまうと、それで終わっちゃうんだけど。

 

★★★★

 

--------------------

Errol Brown の過去レヴューは ↓

Orthodox Dub / Errol Brown

Medley Dub / Errol Brown

Pleasure Dub / Tommy McCook & The Supersonics

 

Doctor Bird の過去レヴューは ↓

Psychedelic Train / Derrick Harriott and the Crystalites
 

DUB 区切り 23:45 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Super Dub Disco Style / Bunny Lee & The Aggrovators & Super Star Disco Rockers / Tommy McCook & The Agrovators

紛らわしい。Pressure Sounds の No.97 は再び大盤振る舞い。

アナログでは No.98 としてリリースされた Tommy McCook 盤が Bonus CD として付いてくるという、昨年の No.94 & 95 と同じ仕組みですね。

 

2 枚とも Bunny Lee 制作盤なのだが、1 枚目は 1979 年産で、Mix は Pat Kelly と Barnabas、2 枚目は 1977 年産で、Mix は Tubby と Jammy。

それにしても、両者のタイトルが類似していて紛らわしい。

と思いつつ、クレジットを見たら、同じアグロヴェイターズでも、後者の g が 1 個少なかったりするところが、ジャマイカン・クオリティですねー。

 

個人的な趣味なのだが、Tubby や Scratch を評価するあまりに、Pat Kelly やら Barnabas あたりはスルーしてしまいがちで、今回も ↓↓ のようなヘヴィーなダブの流れの中で聴いたものだから、最初は「あー、地味ダブかあ」などと思っていたのだが、ちゃんと聴いてみると、エフェクトもきっちりキマってるし、噛めば噛むほど味が出るダブでしたねえ。

いやあ、申し訳ない。

 

ところで、シンガーとして多数のヒット曲を持つ Pat Kelly が Apple と契約寸前まで行っていたなんて、今回のライナーを読んで初めて知りました。

 

話は変わるが、先日 REGGAE のカテゴリから Scratch を独立させたのだけど、実は、最初は Pressure Sounds を独立させるだったつもりだったところ、Scratch のレヴューが先に回ってきたので、つい Scratch というカテゴリを作ってしまったんだよね。

じゃあ、Scratch の Pressure Sounds 盤はどうすればいい?

しまった、考えていなかった…。

 

★★★★☆

 

--------------------

Pressure Sounds の過去レヴューは ↓

Meet The People / Lloyd Parks & We The People

Dubbing In The Backyard / King Tubby's and The Agrovators & Go Away Dream / Delroy Wilson

Time A Go Dread / Lloyd Parks

Beware Dub / Yabby You & The Prophets

Tape Rolling! / Bunny Lee & Friends

Dub In Blood / Skin Flesh & Bones
Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Next Cut! / Bunny 'Striker' Lee & Friends
Live It To Know It / Jimmy Riley
Consider Yourself / Inturns
Full Up : Bunny 'Striker' Lee's Early Reggae Productions 1968-72
Nuh Skin Up / Keith Hudson & The Soul Syndicate
Deeper Roots Part 2 (More Dubs & Rarities) / Yabby You & the Prophets
Get Wise / Horace Andy
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
Reggae In Jazz Featuring The Great Tommy McCook
Unity Is Power / Joe Higgs
Zion Hill / Bobby Kalphat And The Sunshot All Stars
Rebel Rock / The Third World All Stars
Talking Revolution / Peter Tosh
Deeper Roots : Dub Plates and Rarities 1976-1978 / Yabby You & Brethren
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Take Me To Jamaica
Mek It Run / Dennis Bovell
Listen To The Music : Caltone's Jamaican 45's 1966-69
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
Dial-M-For Murder In Dub Style
Message Music : Augustus Pablo's Digital Productions 1986-1994
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Prince Jammy Presents Strictly Dub
Harder Shade Of Black
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson
Pleasure Dub / Tommy McCook & The Supersonics
Once Upon A Time At King Tubby's
Dub I / Jimmy Radway & The Fe Me Time All Stars
Pressure Sounds presents "Tuff Cuts" dj KENTARO Crucial Mix
Every Mouth Must Be Fed 1973-1976
Tribulation (Down in Jamdown 1974 to 1979) / Bim Sherman
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Drum Sound / The Revolutionaries
Life Goes In Circles - sounds from the talent corporation
 

DUB 区切り 23:15 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

dawn / Silent Poets

25 周年続いては、Silent Poets (と言っても、下田法晴氏のソロプロジェクトなのだが)の 25 周年記念盤と申しましょうか、とにかく約 13 年ぶりのオリジナルアルバム。

 

Silent Poets と言えば、このところは Docomo の Style '20 の CM 曲「東京」が話題になっているのだが、やっぱり当然、同曲の Extended Dub version (でも、そんなにダブでもない。)が今作のメインと言っていいのかな。

それ以外のゲストとしては、Sex Pistols の Paul Cook の娘さんでレゲエ歌姫の Hollie Cook と Augustus Pablo の息子さんの Addis Pablo のレゲエ 2 世チームや、イスラエル出身のフィメール・ラッパー(らしい) Miss Red やら、そして、こだま和文まで、そこそこ(?)豪華なメンバーが揃っている。

 

元々は、純然たるレゲエバンドだった(そのメンバーは Little Tempo になったとのこと。)らしいが、その後、ダウンテンポ方面にシフトしていった結果、今作も、基本的には、美しくも儚い(ありふれたフレーズだなあ。)ダビーなダウンテンポが中心となっている。

でも、まあ、↑ のレゲエ 2 世チームをフィーチャーしたトラックは、きっちりレゲエしてますけどね。

… って、そうじゃなきゃ、そんなゲスト呼ばないか。

 

★★★★
 

DUB 区切り 23:20 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Cosmic Force betrayal chapter 2 mixed by Compuma

随ィ喜!随ィ喜!本日のお題は、Compuma こと松永耕一氏による Mix 盤。

Compuma と言えば、かつて当ブログでも何枚かご紹介した Strictly Rockers シリーズの chapter 13 を手掛けていましたねえ。

そのタイトルが「BETRAYAL 〜随ィ喜!随ィ喜! MIX〜」だった。と言うことは、今作は Strictly Rockers 以来 13 年ぶりの続編という位置付けでしょうか。

 

その「随ィ喜!〜」なのだが、自分がそのシリーズの存在を知って漁り始める前のリリースだったのと、どこかのキャプションで非レゲエ系が大半を占めていると書かれていたのと、「随ィ喜」やら「スマーフ男組」やらといった奇妙なワード感に尻込みしたの等々から、結局スルーしてしまったんだよねー。

ちなみに「スマーフ男組」というのは、彼が組んでいたユニット名で、メンバーは、マジアレ太カヒ RAW(村松誉啓,MC とたくさん担当)、コンピューマ(松永耕一,ターンテーブルとたくさん担当)、アキラ・ザ・マインド(高橋啓,鍵盤とたくさん担当)の 3 名だったらしい。と言うか、ここでも奇妙なワーディングが…。

 

で、スルーした罪滅ぼし的な感じで、今作を入手した次第なのだが、想像していたよりもちゃんとレゲエしているじゃあないですか。

ルーツ&ダブをベースにして、ナイヤビンギや先日レヴューした Basement 5 あたりも絡ませながら、全般的に深くエフェクトがかけられていて、ズブズブの不思議な世界に連れていかれます。

ラストの日本語曲も正体不明で怪し過ぎるし。

 

おまけとして、2 時間弱にわたるというフル・ヴァージョンの DL コードが付いているのだが、そんなの聴いたら、どうにかなってしまいそうなので、まだ聴けていないんだよねー。

 

★★★★☆
 

DUB 区切り 23:34 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Live At Channel One Kingston Jamaica / Roots Radics

LIVE じゃないよ。これまた 2 ヵ月ぐらい前にショップで発見した物件。

いかにも怪しげな盤なので、いったん家に帰って検索してみたところ、オリジナルは 1982 年のリリースで、Scratch にありがちな Bogus モノでもなさそう。

ということで、検索ついでに、そのまま通販でオーダーして入手に至った次第。

 

全 11 トラック収録で、曲名は "Dedication To Flabba Holt" とか、"Dedication To Bingy Bunny" とか、全て Dedication To 「メンバー名」となっている。

タイトルからすると、レゲエには珍しいライヴ盤(しかも、バンド名義)で、各トラックにクレジットされたメンバーのソロをフィーチャーしているのかなあ、と思っていた。

それに、Prod. は Jah Thomas、Mix は Tubbys と Channel One で、Engineer は Tubby、Scientist、Barnabas とクレジットされているところがポイント高し。

 

で、聴いてみたところ、なんと、全然 Live ではなく、数々の Roots Radics の有名トラックのダブ盤だった。

それも、↓ の Jacob Miller 盤あたりと比較すると、ストイックな、と申しましょうか、早い話が地味めのダブ盤で。

 

まあ、これはこれで悪くはないのだが、そもそも、なんでこんなタイトルを付けたのか、全く不明。

しかも、なんでこの 35 年も経過した、地味めの盤を突然リイシューしたのか。

リイシュー元はカナダの A&A Productions とクレジットされているのだが、今作以外に見かけたことのないネームだし。

 

今後もいろいろとリイシューしていく計画があって、その第 1 弾が今作というのなら、何となくわからなくもないが。

そうは言っても、続編的なモノもいまだに見かけたことないし…。

 

★★★☆

 

--------------------

Roots Radics の過去レヴューは ↓

Scientist Meets The Roots Radics
 

DUB 区切り 23:29 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

King Tubby meets Jacob Miller In A Tenement Yard

いったいどこから?2 ヵ月ぐらい前に最寄りの disk union で入手した、おそらくはデッドストックだったと思われる、英 Motion からの Skatalites ダブ盤をレヴューしたのだが、先日、もう 1 枚発見しました。

タイトルからして、Jacob Miller の 1975 年産「Tenement Yard」のダブ盤という佇まいなのだが、↑ の Skatalites 盤がそうだったように、こちらも少々ややこしい出自であるような。

 

ライナーと検索情報を総合してみると、今作は E-E Saw なるレーベルからリリースされていた「E-E Saw Dub」にボートラ 2 曲を追加したもの。

その「E-E Saw Dub」は、Earl Zero の "City of the Weak Heart" のセンター・レーベルが間違えて貼られていたらしく、そのせいで激レア盤となっていたのだとか。

で、その「E-E Saw Dub」は「Tenement Yard」の単なるダブ盤ではなく、Jacob Miller の「Killer」からのトラックやら、いわゆる Fatman Riddim Section 絡みのトラックやらが収録された彼らのショウケース的なものだったようだ。

 

で、今作は、何と言っても、Bernard "Touter" Harvey のシンセが暴れまくっているという、そこらのダブ盤とは少々違った感触。

ライナーによると、オーヴァーダビングしたものとのことなのだが。

それだけでも異形感を呈しているところに、Tubby のダブ処理がこれまたスゴい。

ランニングシャツを着た電器屋のオッサン然とした、あの風貌からこんなイカれた Mix が産み出されるなんて、ほんとにどうかしているとしか言いようがないです。

 

それにしても、disk union って、しょっちゅう、しかも結構な数のデッドストックを見つけてくるのだが、いったいどこから発掘してくるのだろう。

 

★★★★☆

 

--------------------

Jacob Miller (Inner Circle)の過去レヴューは ↓

Who Say Jah No Dread (Deluxe Edition) / Jacob Miller

Reggae Thing + Ready For The World / Inner Circle
Heavyweight Dub - Killer Dub / Inner Circle & The Fatman Riddim Section

 

King Tubby の過去レヴューは ↓

King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style Part 1 + Part 2

King Tubby's Present Two Big Bull In A One Pen Dubwise

Red Rose Will Make You Dance / Anthony Red Rose

Warning / Gregory Isaacs

Ninja Mi Ninja Showcase / Courtney Melody
Two Big Bull In A One Pen / Anthony Red Rose & King Kong
Gussie presenting The Right Tracks
I Admire You In Dub / King Tubbys Meets Larry Marshall
Herb Dub / Jah Lloyd
Evolution Of Dub Volume 7 : Creationist Rebel (King Tubby Meets The Upsetter At the Grass Roots of Dub, King Tubby Surrounded By The Dreads At The National Arena)
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3
King Tubby's Prophesy of Dub / Yabby U
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2
Greenwich Farm Rub A Dub / King Tubby & Scientist
Clocktower Records Presents King Tubby's Rastafari Dub (1974-1979)
Shalom Dub / King Tubby and The Aggrovators
Linval Thompson Meets King Tubbys "Ina Reggae Style Dub" "Dis A Yard Dub"
Original Ragga Muffin (1975-77) / Jah Stitch
Blazing Horns - Tenor In Roots / Tommy McCook
King Of Dub
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Like Dirt 1975-1977 / King Tubby & Friends
Heroes of Reggae in Dub / The Skatalites meet King Tubby
Big Dub : Glen Brown Meets King Tubby 15 Dubs From Lost Tapes
Freedom Sounds In Dub / King Tubby & Soul Syndicate
If Deejay Was Your Trade : The Dreads at King Tubby's 1974-1977
Termination Dub (1973-79) / Glen Brown and King Tubby
Evolution Of Dub Volume 2 : The Great Leap Forward (Brass Rockers / Tommy McCook & The Aggravators)
Dub Me / Morwell Unlimited Meet King Tubby's
Zion High / Ranking Joe
Once Upon A Time At King Tubby's
Evolution Of Dub Volume 1 : The Origin Of The Species (Dub From The Roots / King Tubby, The Roots Of Dub / King Tubby, Dubbing With The Observer / Observer All Stars & King Tubby)
Black & White In Dub / Carlton Patterson & King Tubby
King Tubby meets The Aggrovators at Dub Station
 

DUB 区切り 23:46 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Ambience In Dub 1982-1985 / Dub Syndicate

次はアレかな。このところ、アーカイヴ的なリリースが多い On-U なのだが、1 年ぐらい前の African Head Charge と同仕様の Dub Syndicate の 5CD Box。

内容としては、

The Pounding System (Ambience In Dub) (1982)

One Way System (1983)

North Of The River Thames (1984)

Tunes From The Missing Channel (1985)

Displaced Masters - Unreleased Versions From The Vault

ということで、1st〜4th + 未発表曲集ということで、これも African Head Charge 編と同じ。

ちなみに、タイトルは African Head Charge 編は 1st〜4th のタイトルを合成したものだったのだが、こちらは 1st のサブタイトルを流用したものというところがちょっと違う。

 

African Head Charge 編のレヴューでも書いたのだが、African Head Charge も Dub Syndicate も On-U 内の変名プロジェクトで、同じ人たちが同じようなダブをやっているのだと思っていた。

それで、何となくスルーしているうちに、リリース数も多かったので、トレースすらできずに今日に至った次第。

そうこうしているうちに、African Head Charge 編が登場したので、いい機会だと思って買ってみたのだが、予想に反してエクスペリメンタルな内容だったので、これは Dub Syndicate 編も聴いてみるしかないでしょう。

 

確かに双方のメンバーは重複しているのだが、African Head Charge が Bonjo I のパーカッションをメインに据えていたこととの対比では、こちらは Style Scott のドラムが中心になっていると言っていいのかな。(と言っても、1st には不参加なのだが。)

そして、あくまでもレゲエがベースになっている。特に、Dr. Pablo をフィーチャーした 3rd あたりは、哀愁のメロディカ・レゲエという保守本流的なテイストで、"Tribute" と称する Bob Marley メドレーがあったりして。

と思ったら、4th には Jah Wobble や Keith Levene が客演していて、脱レゲエ的展開が目立ってたかなあ。

 

ところで、こうなると次に登場するのは、当然、Singers & Players ってことになるでしょうねー。

 

★★★★

 

--------------------

Adrian Sherwood の過去レヴューは ↓

Outside The Echo Chamber / Coldcut × On-U Sound

Man vs. Sofa / Sherwood & Pinch

Environmental Holes & Drastic Tracks 1981-1986 / African Head Charge

Dread Operator: From the On-U Sound archives produced by Adrian Sherwood

Sherwood At The Controls Volume 2: 1985-1990

Bleeds / Roots Manuva

Trevor Jackson Presents Science Fiction Dancehall Classics
Late Night Endless / Sherwood & Pinch
Sherwood At The Controls Volume 1 : 1979-1984
The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
Jungle Revolution / Congo Natty
Recovery Time / Adrian Sherwood
Survival & Resistance / Adrian Sherwood
Love Forever / New Age Steppers
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
The Modern Sound of Harry Beckett
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
Becoming A Cliche / Adrian Sherwood
 

DUB 区切り 22:53 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/16PAGES + >>