Dub You Crazy With Love / Mad Professor

中途半端な大盤振る舞いAriwa 復刻シリーズからもう 1 枚。

マッド教授の「狂おしくダブして!」シリーズの番外編、と言うかラヴァーズ編の第 1 作ですねー。

オリジナルのリリースは 1997 年で、カタログ No. は ARICD 124。

あ、この時代になると、もうアナログじゃあないわけですね。

ちなみに、この番外編、これまでに 3 枚リリースされていて、2 枚目は 2000 年、3 枚目は 2009 年のリリースということです。

 

1997 年と言えば、オリジナルの Dub Me Crazy! シリーズが、既に Pt.12 まで到達していて、次の Black Liberation シリーズがスタート済みの段階。

なので、ずいぶんと後発だったんですねえ。

 

とは言うものの、Ariwa の 2 本柱は、ラヴァーズとマッド教授のダブなので、ある意味、Ariwa にとっての王道作品と言えなくもない。

とか何とか、理屈っぽいことを考えてないで、素直に楽しむのが吉でしょう。

おそらく、聴きやすさは Ariwa ダブの中でも随一だろうし。

 

ところで、今作、ボートラとして、シリーズ第 2 弾、第 3 弾から、それぞれ 1 トラックずつ収録されているのだけど、何だか中途半端な大盤振る舞いと言うか…。

 

★★★★

 

--------------------

Mad Professor = Ariwa Sounds の過去レヴューは ↓

A Breath Of Fresh Air / Mother Nature

Dub Me Crazy Vol.2 + 3 / Mad Professor

Diggin' Ariwa / Muro

OK? Tropical Ghetto dub -FOR ARIWA- Mixed by DJ Hikaru

The Ariwa Posse
A Slice Of English Toast + Something Fishy Going On / Ranking Ann

Genital Zone

Dub Me Crazy!! / Mad Professor
Reggae Ron / Taugenixe
New Decade Of Dub / Mad Professor & Jah Shaka
My Computer's Acting Strange / Robotiks
Soulful Reggae / Susan Cadogan
Punky Reggae Party / Anti Social Workers And The Mad Professor
A Caribbean Taste Of Technology / Mad Professor
African Rebel / Tony Benjamin + Ariwa Sounds : The Early Sessions
Judgement Day / Sergeant Pepper
London's Burning
Country Life / Sandra Cross
 

DUB 区切り 23:46 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

A Breath Of Fresh Air / Mother Nature

母なる自然Ariwa 初期の音盤をもう 1 枚。

1984 年産の Mother Nature なるユニット唯一のアルバムで、オリジナル・カタログ No. は ARILP 017。

今までに CD 化されたことがなく、オリジナル・アナログ盤は激レア化して、高価で取引されていたらしい。

構成としては、オリジナル 10 曲に、ボートラとして同時期にリリースされたらしい 12" シングル曲 1 曲と、2006 年(えっ?)に突然リリースされたという、女性ヴォーカルをフィーチャーした 12" シングル曲 3 曲が追加収録されている。

 

謎のユニットということなのだが、クレジットはきっちり記されていて、初期常連 Sergeant Pepper やマルチミュージシャン Black Steel あたりが参加しているようだ。

キャプションあたりから判断して、インスト盤なのかなあと思っていたら、マッド教授の Mix が効いていて、ダブ盤的風情。

… と思いきや、ヴォーカルをフィーチャーしたトラックもいくつかあって、つかみどころがない感じも。

まあ、↓ の Dub Me Crazy! シリーズがギミック強めなことを考えれば、ダブ盤のつもりじゃあなかったのだろうが。

 

いずれにせよ、1984 年と言えば、Ariwa が本格的にラヴァーズ方面に走る直前といったところなので、そのあたりの UK ルーツ系をお好みの方にはオススメです。

いや、そんなマニアックな趣味の方は、こんなところで言われなくても、もう聴いてるか。

 

★★★★

 

--------------------

Mad Professor = Ariwa Sounds の過去レヴューは ↓

Dub Me Crazy Vol.2 + 3 / Mad Professor

Diggin' Ariwa / Muro

OK? Tropical Ghetto dub -FOR ARIWA- Mixed by DJ Hikaru

The Ariwa Posse
A Slice Of English Toast + Something Fishy Going On / Ranking Ann

Genital Zone

Dub Me Crazy!! / Mad Professor
Reggae Ron / Taugenixe
New Decade Of Dub / Mad Professor & Jah Shaka
My Computer's Acting Strange / Robotiks
Soulful Reggae / Susan Cadogan
Punky Reggae Party / Anti Social Workers And The Mad Professor
A Caribbean Taste Of Technology / Mad Professor
African Rebel / Tony Benjamin + Ariwa Sounds : The Early Sessions
Judgement Day / Sergeant Pepper
London's Burning
Country Life / Sandra Cross
 

DUB 区切り 23:50 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Dub Me Crazy Vol.2 + 3 / Mad Professor

ダブてんこ盛り。今回のレゲエ・ローテーションのスタートが MURO の Ariwa Mix で、そのときには Ariwa 復刻シリーズの第 3 期のリリースが始まってるけど、通販で発注した盤が未着なので…的なことを書いて、スルーしていたのだが、ようやく到着したので、晴れてレヴューを。

 

で、まずは、マッド教授ご本人の「狂おしくダブして!」シリーズの第 2 弾と第 3 弾の 2 in 1 から。

これまでのレヴュー・スタイルを踏襲すると、オリジナル・カタログ No. は、ARILP 003 と 005。

それぞれ 1982 年と 1983 年にリリースされたもの。

ちなみに、今回のパッケージには第 2 弾のデザインが使われていて、第 3 弾のはブックレットの裏表紙となっている。

なお、第 2 弾は Beyond The Realms Of Dub、第 3 弾は The African Connection なるサブタイトルが付されている。

 

(おそらく)別ヴァージョンが、第 1 弾のリイシューのボートラとして収録されていた Kunte Kinte を皮切りに、約 80 分にわたり、ギミック多めのマッド教授のダブが満載。

お得意のスティールパン・ダブも当然登場します。

もうお腹いっぱいで、どのあたりが第 2 弾で、第 3 弾がどんな感じだったのか、記憶が定かではありません。

まあ、区別する必要もないのかも知れないが。

 

★★★★

 

--------------------

Mad Professor = Ariwa Sounds の過去レヴューは ↓

Diggin' Ariwa / Muro

OK? Tropical Ghetto dub -FOR ARIWA- Mixed by DJ Hikaru

The Ariwa Posse
A Slice Of English Toast + Something Fishy Going On / Ranking Ann

Genital Zone

Dub Me Crazy!! / Mad Professor
Reggae Ron / Taugenixe
New Decade Of Dub / Mad Professor & Jah Shaka
My Computer's Acting Strange / Robotiks
Soulful Reggae / Susan Cadogan
Punky Reggae Party / Anti Social Workers And The Mad Professor
A Caribbean Taste Of Technology / Mad Professor
African Rebel / Tony Benjamin + Ariwa Sounds : The Early Sessions
Judgement Day / Sergeant Pepper
London's Burning
Country Life / Sandra Cross
 

DUB 区切り 23:50 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Dubbing In The Backyard / King Tubby's and The Agrovators & Go Away Dream / Delroy Wilson

裏庭でダブ。Pressure Sounds の No.94 は、1982 年に英 Starlight 傘下の Black Music なるレーベルからリリースされていた Prince Jammy のダブ盤と Delroy Wilson のヴォーカル盤の抱き合わせ復刻。

いずれも、Prod. は Bunny Lee、Mix は Jammy、そして(実際の)演奏陣は High Times Band で、1 枚目には 2 枚目からのダブも 3 曲収録されているということで、実際には姉妹作的な位置付けと言えましょう。

不思議なことに、2 枚目はアナログでは No.95 として単独別売されているのに、CD 版では Bonus CD とされていて、CD 派としては得した気分だけど、アナログ派の方々は納得できないのでは?

 

Delroy Wilson と言えば、かつて同じ Pressure Sounds から、同じ Jammy によるサウンドシステム向け Remix 盤がリリースされておりました。

そちらは、確か 1978 年産だったように記憶しているのだが、Jammy らしくヴォーカルを際立たせるソリッドな Remix が好印象でしたね。

今作の 2 枚目も、そちらに近い感触と申しましょうか。

1 枚目も、基本的には、同じテイストのダブミックスなのだが、ダブ盤として単独で聴いちゃうと少々地味に思えなくもないかも。

 

★★★★

 

--------------------

Prince (King) Jammy の過去レヴューは ↓

Can't Conquer Rasta / I Roy

King Jammys Dancehall 3: Hard Dancehall Murderer 1985-1989 + 4: Hard Dancehall Lover 1985-1989

King Jammys Dancehall 2: Digital Roots & Hard Dancehall 1984-1991

King Jammy presents New Sounds Of Freedom

King Jammy's Roots Reality And Sleng Teng

Dub Of Thrones / Alborosie meets King Jammy
Big Showdown / Scientist
More Jammy's From The Roots
Vocal Superstars at King Jammy$
Rootsman Vibrations at King Jammy$
King Jammys Dancehall 1985-1989 Part 1
Evolution Of Dub Volume 6 : Was Prince Jammy An Astronaut?
Prince Jammy Presents Strictly Dub
Jammy's From The Roots 1977-1985
Heavyweight Dub - Killer Dub / Inner Circle & The Fatman Riddim Section
Dub Like Dirt 1975-1977 / King Tubby & Friends
Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson
Evolution Of Dub Volume 3 : The Descent Of Version (Goldmine Dub / The Revolutionaries)
S Reggae! 2
Dub Connection
Prince Jammy Destroys The Invaders
Black Sounds Of Freedom / Black Uhuru
20th Century DEB-Wise / DEB Players
S Reggae !

 

Delroy Wilson の過去レヴューは ↓

Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson

 

Pressure Sounds の過去レヴューは ↓

Time A Go Dread / Lloyd Parks

Beware Dub / Yabby You & The Prophets

Tape Rolling! / Bunny Lee & Friends

Dub In Blood / Skin Flesh & Bones
Mr. Perry I Presume / Lee 'Scratch' Perry
Next Cut! / Bunny 'Striker' Lee & Friends
Live It To Know It / Jimmy Riley
Consider Yourself / Inturns
Full Up : Bunny 'Striker' Lee's Early Reggae Productions 1968-72
Nuh Skin Up / Keith Hudson & The Soul Syndicate
Deeper Roots Part 2 (More Dubs & Rarities) / Yabby You & the Prophets
Get Wise / Horace Andy
Lee Perry & his Upsetters present Roaring Lion : 16 untamed Black Art masters & dub plates
Reggae In Jazz Featuring The Great Tommy McCook
Unity Is Power / Joe Higgs
Zion Hill / Bobby Kalphat And The Sunshot All Stars
Rebel Rock / The Third World All Stars
Talking Revolution / Peter Tosh
Deeper Roots : Dub Plates and Rarities 1976-1978 / Yabby You & Brethren
The Sound Doctor : Black Ark Singles and Dub Plates 1972-1978 / Lee Perry and the Sufferers'
Take Me To Jamaica
Mek It Run / Dennis Bovell
Listen To The Music : Caltone's Jamaican 45's 1966-69
High Plains Drifter : Jamaican 45's 1968-73 / Lee Perry And The Upsetters
Dial-M-For Murder In Dub Style
Message Music : Augustus Pablo's Digital Productions 1986-1994
The Return Of Sound System Scratch : MORE Lee Perry Dub Plate Mixes & Rarities 1973 to 1979
Sound System Scratch : Lee Perry's Dub Plate Mixes 1973 to 1979
Prince Jammy Presents Strictly Dub
Harder Shade Of Black
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Plate Style : Remixed by Prince Jammy 1978 / Delroy Wilson
Pleasure Dub / Tommy McCook & The Supersonics
Once Upon A Time At King Tubby's
Dub I / Jimmy Radway & The Fe Me Time All Stars
Pressure Sounds presents "Tuff Cuts" dj KENTARO Crucial Mix
Every Mouth Must Be Fed 1973-1976
Tribulation (Down in Jamdown 1974 to 1979) / Bim Sherman
Rockstone - Native's adventures with Lee Perry at the Black Ark
Drum Sound / The Revolutionaries
Life Goes In Circles - sounds from the talent corporation
 

DUB 区切り 00:36 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Jah Shaka Meets Aswad In Addis Ababa Studio

やっと逢えたね。以前、Aswad について検索して調べていたときに存在を知った Jah Shaka との共演盤。

クレジットによると 1984 年産とのことで、Aswad の Pop 化が進行しつつある時期の揺り戻しとでも申しましょうか。

それで、すごく興味を持ったのだが、通販サイトでも見かけたことなかったし、聴くのを半ば諦めていたのだが、先日最寄りの diskunion の中古盤棚にあるのを発見したというわけで。

今にして思えば、トータル 30 分弱の EP 程度なのに、それなりのお値段が付けられていたので、やっぱりレア・アイテムという位置付けなのだろうか。

 

これまたクレジットによると、全 7 曲の作曲・制作・アレンジ・ミックス全てを Jah Shaka がやったことになっているが、実際には Aswad の 2nd の 1 曲目 "Behold" の再演だったり、例の "Chapter 3" だったりも収録されていたりする。

でも、どうやら Aswad はバンドとしての演奏を提供した程度(ヴォーカルも入ってないし。)で、主役は Jah Shaka だったという感じだったのではないかなあ。

 

とは言うものの、それなりに Dub ではあるものの、予想していたほどガッツリと Dub ではなかったですね。

 

★★★★

 

--------------------

Jah Shaka の過去レヴューは ↓

New Decade Of Dub / Mad Professor & Jah Shaka

Jah Shaka Presents The Positive Message

 

Aswad の過去レヴューは ↓

Showcase / Aswad

Aswad + Hulet / Aswad
Motion - featuring George Oban
The BBC Sessions / Aswad
 

DUB 区切り 00:01 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Red Hot Dub / Elroy Bailey

正体不明Burning Sounds のリイシュー盤を 1 枚、ご紹介し損ねておりました。

今回は 2 in 1 ではなく、ストレート・リイシューです。

 

登場するのは、英 Black Slate のベーシスト Elroy Bailey 名義の 1979 年産唯一のアルバム。

まあ、タイトルのとおり、ダブアルバムなのだが、彼自身の Prod. であること以外のクレジットが一切なく、元ネタが何なのかもよくわからない正体不明ダブ。

 

某ショップのサイトでは、早すぎた驚愕のスピリチュアル・ダブ と記されていたのだが、いったい何のこっちゃ?

個人的に、UK ダブと言って、すぐに思い出すのは Dennis Bovell だったり、Adrian Sherwood だったり、要するに、手の込んだ一種室内楽的なダブなのだが、今作はそういう側面はあるものの、本場ジャマイカ物のストレートなダブ的な感触があるところが面白かったかな。

ひょっとすると、そんなところを「スピリチュアル・ダブ」と評していたりして。

 

★★★☆

 

--------------------

Black Slate の過去レヴューは ↓

Amigo / Black Slate

 

Burning Sounds の過去レヴューは ↓

Book Of Revelation - Variation On A Theme / Revelation

Rocking Vibration - Love Is The Question / Linval Thompson

Burning Up!

Give Thanks & Praise - Love Train / Well Pleased And Satisfied

Dread Hot In Africa - Propaganda / Leroy Smart

Guerilla Dub / The Aggravators & The Revolutionaries

Burning Dub / The Revolutionaries

Star Wars Dub / Phill Pratt

Crab Race / The Morwells

Showcase - Majority Rule / Jimmy Riley
 

DUB 区切り 01:19 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

King David's Melody / Augustus Pablo

ダヴィデ王の … 何だっけ?さて、今日は Augustus Pablo。

いや、同じレゲエとは言え、全く脈絡のない順序でのレヴューになってしまい、申し訳ないです。

これも ↓ の Jammys と同じく、機を失してしまいそうだったからなので、ご容赦ください。

 

それはさておき、みなさまお馴染み(?)の今作のオリジナルは 1983 年のリリースで、元々は 1976 〜 1982 年に発表されたインスト曲のコンピレ盤。

それが、ダブ版などボートラ 9 曲を追加した全 20 曲仕様でリイシューされたもの。

そんなこんなで、オリジナルでは "past and present classic instrumentals" となっていたサブタイトルが、今回は "classic instrumentals & dubs" と微妙に変わっておりまする。

そう言えば、オリジナル盤の英国配給元は Greensleeves だったので、今回は VP の復刻レーベル 17 North Parade 経由のリイシューではなく、Greensleeves 自身からのリリースとなっているようだ。

 

まあ、Pablo 作品の中では定番というわけではないけれど、Greensleeves 配給ということで流通環境がよかったのだろう、よく見かける盤だったので、どこかで聴いていると思いつつも、これだけボートラが付いてくると改めて入手しても損はないよね。

内容については、書くまでもないことだし。

 

ところで、このアルバム・タイトル。ハイレ・セラシエ皇帝がダヴィデ王の子孫だというところから来ているらしいのだが、ラスタファリズムどころかキリスト教にも疎いので、いまひとつイメージがわかないんだよねえ。申し訳ない。

 

★★★★

 

--------------------

Augustus Pablo の過去レヴューは ↓

Augustus Pablo Presents Rockers International

Original Rockers (Deluxe Edition) / Augustus Pablo
Java Java Java Java + This Is Augustus Pablo
Message Music : Augustus Pablo's Digital Productions 1986-1994
Classic Rockers / Augustus Pablo
 

DUB 区切り 00:57 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

In Dub / Jah Wobble

お家芸のはず。Jah Wobble をもう 1 枚。

いや、縁遠いとか言っておきながら、連日のレヴューなんだけど、このタイトルを見れば手を出すしかないでしょう。それこそ「Betrayal」とか、熱心に聴いていた初期のころを思い出すもんね。

と言うか、彼のお家芸ともいうべきかも。だって、それで Jah なんて名乗ってるんでしょう?

 

それにしても、↓ とのインターヴァルがずいぶんと短いが、ライナーによると、彼は自らの 30 Hertz レーベルを売却したらしく、それで新レーベルの新録と旧レーベルのコンピレが競合することになったのかも。

 

で、今作には、1983 年の "Invaders Of The Heart" から新録(えっ、売却して縁が切れたわけではないのか?)まで、ダブ・コンピレとは言うものの、中近東系や怪しげな中国ダブ・日本ダブなども交えて、彼の振れ幅が大きい音楽性が網羅される形となっている。

ノーマル・ヴァージョンとダブを続けて収録して、レゲエと言うところの Discomix スタイルになっているものも数曲あり(接続はしてないけど)。

まあ、中には、これってダブと言うより、単なるインストでは? というようなのもあるけれど。

 

それにしても、新録がことごとくカッコいいのは、どういうことか。

いろいろと企画モノに走るより、オーソドックスにやってればいいってことに思えなくもないのだが。

 

★★★★

 

--------------------

Jah Wobble の過去レヴューは ↓

Everything Is No Thing / Jah Wobble & The Invaders Of The Heart

Yin & Yang / Jah Wobble & Keith Levene

The Early Years / Jah Wobble
 

DUB 区切り 01:07 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Environmental Holes & Drastic Tracks 1981-1986 / African Head Charge

意外と重かった…。On-U 絡みをもう 1 枚。

African Head Charge の初期作品集 5CD Box セット。

 

内容はと申しますと、

My Life In A Hole In The Ground (1981)

Environmental Studies (1982)

Drastic Season (1983)

Off The Beaten Track (1986)

Unreleased Tracks & Version Excursions

の 5 枚で、要するに、1st〜4th +未発表曲集というわけですね。

因みに、未発表曲集は Return Of The Crocodile と Super Mystic Brakes という 2 パートから成っていて、いずれも '81〜'85 に制作されたもので、後者は 2016 年の Record Store Day に限定リリースされたものなのだとか。

それはさておき、Box セットのタイトルは、1st〜4th のタイトルから 1 ワードずついただいてきたものだったんですね。さっき、気が付いた。

 

Afriacan Head Charge と言えば、個人的には、On-U レーベル内のヴァーチャルなユニットで、要するに On-U おなじみのメンバーがおなじみのダブをやっているのだと思っていた。

ところが、実態は違っていて、そもそも 1st のタイトルが Eno & Byrne の「My Life In The Bush Of Ghosts」からいただいてきたように、Eno の "vision of a psychedelic Africa" というコンセプトに感化された、かなりエクスペリメンタルなユニットだったんですねえ。

なので、アフリカン・ポリリズムやダブやジャズなどか、渾然一体となった世界が展開されておりまして、えーと、想像を遥かに上回る重さでした。

 

★★★☆

 

--------------------

Adrian Sherwood の過去レヴューは ↓

Dread Operator: From the On-U Sound archives produced by Adrian Sherwood

Sherwood At The Controls Volume 2: 1985-1990

Bleeds / Roots Manuva

Trevor Jackson Presents Science Fiction Dancehall Classics
Late Night Endless / Sherwood & Pinch
Sherwood At The Controls Volume 1 : 1979-1984
The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
Jungle Revolution / Congo Natty
Recovery Time / Adrian Sherwood
Survival & Resistance / Adrian Sherwood
Love Forever / New Age Steppers
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
The Modern Sound of Harry Beckett
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
Becoming A Cliche / Adrian Sherwood
 

DUB 区切り 22:00 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Dread Operator: From the On-U Sound archives produced by Adrian Sherwood

マイナー盤大集合続いては、On-U Sound 初期のマイナー盤 4 枚を寄せ集めた復刻 Box セット。

あれ? これって Hot Milk だったのか。まあ、元々 On-U は Cherry Red 経由でリリースされていたみたいだからね。

 

今回のラインアップは、この 4 枚。

Leaps & Bounds / Singers & Players (1984)

Threat To Creation / Creation Rebel + New Age Steppers (1981)

Lows & Highs / Creation Rebel (1982)

Wild Paarty Sounds Vol.1 / Various (1981)

 

そうそう、2 枚目の Creation Rebel と NAS のダブルネーム Dub 盤って、忘れられがちだもんねー。

そうは言っても、定番リディムの使い回しが多い On-U なので、例え初めて聴く盤であっても、既聴感は高めです。

あと、Singers & Players の "Breaking Down The Pressure" なんかは、Sherwood & Pinch でも使われていたし。

 

4 枚目のコンピレは今回初めて存在を知ったのだが、レゲエ系あり、当時のニューウェイヴ系あり、という混沌としたセレクションですねえ。

いかにも '81 年作品という感じで、今回聴いた中では一番面白かったかな。でも、ちょっと前に聴いてたら、一番苦しいと思ってたような気もしなくはない。

 

★★★★

 

--------------------

Adrian Sherwood の過去レヴューは ↓

Sherwood At The Controls Volume 2: 1985-1990

Bleeds / Roots Manuva

Trevor Jackson Presents Science Fiction Dancehall Classics
Late Night Endless / Sherwood & Pinch
Sherwood At The Controls Volume 1 : 1979-1984
The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
Jungle Revolution / Congo Natty
Recovery Time / Adrian Sherwood
Survival & Resistance / Adrian Sherwood
Love Forever / New Age Steppers
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
The Modern Sound of Harry Beckett
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
Becoming A Cliche / Adrian Sherwood

 

Hot Milk の過去レヴューは ↓

Linval Thompson presents Strong Like Sampson

Twelve Tribe Of Israel / Mr. Spaulding
Girls Fiesta / Ranking Dread
The Thompson Sound 1979-82 / Barry Brown
The Good, The Bad And The Upsetters Jamaican Edition / The Upsetters
Boss Man's Dub / Linval Thompson & The Revolutionaries
Planet Earth & Planet Mars Dub / Mighty Diamonds
Torch Of Freedom / Keith Hudson
 

DUB 区切り 23:38 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/16PAGES + >>