No Music, No Life. Tower Records 40th Anniversary Japanese Groove 1977-2006 Light'n Up

City Pop つながり(えっ、昨日の中山美穂は City Pop ネタだったのか?)で、タワレコ日本進出 40 周年記念コンピレ盤を。

この 6 月に、40 周年と言いつつも、タワレコが設立された 1960 年以降の曲をセレクトしたコンピレ盤がリリースされていたのだが、セールス的に好調だったらしく、先月末に調子に乗って、海外 AOR 編、国内 Universal Music 編、国内 Sony Music 編の 3 セットが追加リリースされている。

この 3 セット、ジャケ画は同じで、縁取りが赤、グレー、パープルと違っているだけなのだが、国内編はいずれも新宿店でも推されている City Pop 的なセレクションとなっている。

 

個人的には、国内 Universal 編は、あまり魅力を感じない選曲だったので、ここは Sony 編で。

タイトルにも起用されている吉田美奈子が 3 曲使われているのは、まあ分かるのだが、西城秀樹と郷ひろみもそれぞれ 3 曲収録されているのは意外なところ。他には、坂本龍一のカクトウギ・セッションのみならず、YMO 本体も収録されていたりして。

かつての日本人の認識としては、革命的だった世界の YMO と、ローカルでチャラい City Pop を一緒になんかできるか! という感じだったと思うのだが、欧米の City Pop コンピレ盤にはそんな先入観は皆無なので、根っこは意外と近いところにあることが分かってきたということだろうか。

 

ところで、今作が税込 3520 円、Universal 編が 3080 円。一方、海外編は 6 月のが 3080 円、AOR 編が 2420 円ということで、今作の割高さが目立つのだけど、もう償却も終わったような資産なのに、チャンスがあればとにかく金をよこせという魂胆なのでしょうかねえ。

コンピレなのだから、もうちょっと敷居を低くしてもよさそうなものだが。

 

★★★★
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:34 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

ニュートンの林檎 〜初めてのベスト盤〜 / 椎名林檎

椎名林檎、当ブログ初登場です。

いや、昔はグランジ系歌謡かと思っていて、何枚か買ってたんだけど、そのうちにレトロっぽいテイストが濃厚になってきて、何だか企画モノみたいになってきたように思って、疎遠になっちゃったんだよねー。今にして思えば、そっちの方が本来の姿だったのにね。

それが、「カーネーション」の主題歌あたりでちょっと見直したと言うか、ベスト盤が出たのなら、ちょっと聴いてみようかなという感じで。

 

宇多田とのコラボ曲と時効警察の主題歌の新曲 2 曲を含む、全 30 曲 2CD セット。

疎遠になった時期のはずの 2 枚目の収録曲もほとんど知っていたことに、自分でもちょっと驚いた。まあ、ドラマの主題歌も結構やっているし、最近は紅白の常連でもあるし、何だか政府公認アーティストみたいになってるし。あ、それはあまり関係ないか。

 

ところで、初回生産限定盤特典として、重力半減ケースになっているらしいのだが、それってこのケースが軽いってこと?

そう言われてみると、軽いような、そうでもないような…。

あと、AR 対応ブックレットということなのだが、アプリをダウンロードするのが面倒なので、やってないです。

 

★★★★
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:03 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Perfume The Best "P Cubed"

Perfume のメジャーデビュー 15 周年を飾るベストアルバム 3CD セット。

3 人だから Cube なのだろうと勝手に納得していたのだが、通販予約していた現物が届いてビックリした。だって、ホントに立方体仕様なんだもん。

かつて「Relax In The City」の完全生産限定盤が同じく立方体仕様で、いまだに置き場所に困っているのだが、それとほぼ同じサイズの Box がもう 1 個増えてしまうとは。

 

内容物は、3CD + 付録 Blu-ray を収納する厚めのウレタン × 4 と、そのウレタンより厚いフォトブックレット+歌詞ブックレット。

まず最初に悩んだのは、外装ビニールの開け方。フツーはシール部分をペリペリっと剥がせばいいのだが、そのシール部分が見当たらない。逆に、どうやってビニール包装したのかと思いつつ観察してたら、シール部分の上から背面の曲目シールがベッタリと貼られていて、結局切開しないと開けられないことに。

開けてみると、ウレタンの匂いが結構強くって、新品のスニーカーのケースを開けたときのような。

更には、上記の内容物が透明な枠に収められているのだが、その枠が小さめで、内容物を出したり戻したりするのが、結構大変なのだ。

 

収録されているのは、メジャーデビュー後のシングル全曲+セレクトされた c/w 曲とアルバム曲が 50 曲、それから新曲 2 曲の計 52 曲。新曲が少々地味めだったり、これを入れるなら、あっちの方が … 的な感想もないではないけれど、まあ、ベスト盤ってそういうものですからね。

あと、Blu-ray の方は、Coachella を含むライヴ映像、今年元旦に放送された E テレ 60 周年記念番組、それにまたまた「ただただラジオが好きだからレイディオ」など。E テレのでは「コンピューターおばあちゃん」をカヴァーしてるけど、おばあちゃんが明治生まれという人は、今となってはほとんどいないのでは。と言うか、みんな「明治」って知ってるのかな。

 

えーと、今回は採点はパスしておきましょうか。

それにしても、ライヴのチケット、全然当たらないよ。

 

--------------------

Perfume の過去レヴューは ↓

Future Pop / Perfume

無限未来 / Perfume

If you wanna / Perfume

TOKYO GIRL / Perfume

COSMIC EXPLORER / Perfume

STAR TRAIN / Perfume
Relax In The City / Perfume
Cling Cling / Perfume
Sweet Refrain / Perfume
LEVEL3 / Perfume
Magic of Love / Perfume
未来のミュージアム / Perfume
Perfume Global Compilation : Love The World
Perfume 3rd Tour "JPN" (DVD)
Spending all my time / Perfume
Spring of Life / Perfume
Perfume 3rd Tour "JPN"
JPN / Perfume
レーザービーム / Perfume
ねぇ / Perfume
VOICE / Perfume
不自然なガール - ナチュラルに恋して / Perfume
Δ / Perfume
ワンルーム・ディスコ / Perfume
GAME / Perfume
Perfume - Complete Best / Perfume
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:23 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Plastic Love / Emma Hazy Minami

どこかの雑誌で見かけた、イラストのキャラクターを使って youtube に動画を投稿するヴァーチャルシンガー。

最初は、初音ミクみたいなヴォーカロイドなのかと思っていたのだが、どうやら違うようだ。

テレビ東京の日曜深夜の乃木坂と欅坂に挟まれた相内ユウカみたいな感じ? イラストも似た感じだし。

 

そんなヴァーチャルシンガーが、いわゆるシティポップのカヴァーアルバムを配信リリースしているらしく、ちょっと興味があったのだが、Spotify では聴けないようだ。

そこで、本丸の youtube を訪ねてみたら、なんと MV が存在しているではないか。

 

 

いま流行りの竹内まりや "Plastic Love" のカヴァーですねー。個人的には、この曲がなんでこんなに取り上げられているのか、少々疑問なのだが、それはこの際置いておこう。

で、この MV、トリちゃんことトリンドル玲奈が出演しているではないか。

えーと、ヴァーチャルシンガーの MV に、リアルな女優(と言うか、タレントか?)が出演しているとは、逆転現象みたいな…。

 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:22 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

METAL GALAXY -JAPAN Complete Edition- / BABYMETAL

自分史上 3 枚目の Metal 盤 DEATH。まあ、1 枚目も 2 枚目も彼女たちなのだが。

かれこれ 3 年半ぶりの BABYMETAL の 3rd アルバムで、1st と 2nd の間が約 2 年だったことを思うと、今回は結構インターヴァルが開いていますねえ。その間、YUIMETAL の脱退があって、SU=METAL と MOAMETAL の 2 名体制になったわけで。

 

彼女たちを TV で見かけることはあまりなくって、また、日ごろリリース情報をこまめにチェックしているわけでもないので知らなかったのだが、今 2CD セットに収録されている全 16 曲のうち 5 曲は配信シングルとしてリリース済みだったようだ。いや、まあ 3 年半もあったわけだし、だからどうだということもないのだが。

 

これまでに 3 枚しかアルバムを聴いたことがないメタル素人としては、前 2nd は軽めのトーンの曲であっても、演奏は本気メタル度がアップしているように思ったのだが、web 上の評を見てみたら、リアルメタルマニアによると、本物のメタルアルバムではないとのことらしい。

そんなメタル素人でも気が付くのは、今作にはゲストが多数参加しているということ。Tak Matsumoto って、B'z のヒトですよねえ。

その他にもスウェーデンのメタルバンドのヒトとかが参加しているのだが、申し訳ない、よくわかりません。有名なヒトなのかなあ。

それはさておき、今作では、インド風だったり、ラテン・テイストだったり、かなり Pop 寄りだったり、特に 1 枚目で振れ幅の広い展開となっていて、これはまたリアルメタルマニア方面がとやかく言うのでは。

 

ところで、今作は、なんと全米 #13 をゲットしたらしい。

BABYMETAL、米・ビルボード13位 日本人女性アーティスト最高位更新

10 月 11 日に世界同時発売した、BABYMETAL の 3rd アルバム「METAL GALAXY」が、21 日付アメリカ・Billboard のアルバム総合チャート「Billboard TOP 200」で 13 位にランクインしたことがわかった。

2016 年に発売した 2nd アルバム「METAL RESISTANCE」で記録した同チャート 39 位の日本人女性アーティスト最高位記録を更新。日本人全体でも 1969 年に坂本九が記録した 14 位を上回り、2018 年 11 月に 3 位を獲得した 88rising 所属のシンガー・Joji に次ぐ歴代 2 位の記録となった。

わー、スゴいなあ、と言いたいところだったのだが、88rising の Joji って誰? 全く初めて見かけるネームなのだが。

 

★★★★

 

--------------------

BABYMETAL の過去レヴューは ↓

METAL RESISTANCE / BABYMETAL

BABYMETAL
 

J-POP / J-ROCK 区切り 22:51 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

NAMI SHIMADA Songs selected by NAOKO SHIMADA

島田奈美をもう 1 枚。

タイトルどおりに島田奈美の楽曲を島田奈央子が選曲したコンピレ盤。要するにセルフセレクションなわけだが、シティポップという切り口で選曲されたとのことで、今の流れから言うと、昨日 ↓ の盤より、こっちの方がメインということになるのでしょう。

 

そう言えば、彼女のことをほとんど知らないことに気が付いた。

検索してみたところ、彼女は元々映画「パンツの穴」第 2 弾のオーディションで準優勝し、1986 年にアイドルデビュー。'87 年から '88 年にかけて、ザ・ベストテンに 5 曲がランクインしていたらしい。結構売れてたんですねー。

で、1990/7 の MZA 有明(!)でのラストコンサートを以って引退。彼女は 1971 年生まれなので、10 代のうちに引退したことになりますねえ。その後は、ライター、DJ などで活動している模様。

 

それで、今作なのだが、全 16 曲のうちシングル A 面曲は 1 曲だけという、まあ、本人ならではのセレクションですねえ。

どこかで見かけたのだが、彼女は当時 Scritti Politti あたりが好きだったようで、まあ、そんなテイストが強めに反映されているかなあ。

でも、いわゆるシティポップやら、ジャパニーズブギーやらは、最近かなり深くまで発掘されてますからねえ。そんな激戦区の中では、ちょっとインパクト薄めかも。

 

あ、「Sun Shower」はオリジナルと Larry Levan Remix が両方ちゃんと収録されております。

今にしてみると、オリジナルは Swing Out Sister っぽいかも。

 

★★★☆

 

--------------------

島田奈美の過去レヴューは ↓

Re-Mix Wax: Nami (Non) Nonstop / Nami Shimada

Sunshower Remixes finalized
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:22 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

Re-Mix Wax: Nami (Non) Nonstop / Nami Shimada

えーと、本日のお題は少々説明が必要ですね。

例の「Sun Shower」を含む島田奈美(現島田奈央子)の楽曲を寺田創一が Non-Stop Remix して、1989/12 にリリースした「Mix Wax: Nami Nonstop」に、今回新たに Re-Edit した Mix を追加してのリイシュー盤です。

元々、全 6 トラック(詳しくは知らないのだが、その 1 年ほど前のアルバム「Everytime I Look At You」収録曲が中心だったようだ。)で 28 分程度だったものが、容量倍増しているわけで、それに連れてアルバムタイトルも微妙にパワーアップしております。

… って、こんなのでわかるでしょうか。
 

ちなみに、オリジナル盤のジャケ写は →

個人的には、無理やりオトナ感を出すより、アイドルっぽさを残した今回の方が好きかなあ。

 

まあ、かれこれ 30 年も昔の話だし、そのあたりのことを詳しく調べたこともないので、そもそも「Sun Shower」の Remix が先だったのか、こっちが先だったのかはよくわからないのだが、最終的には「Sun Shower」を Larry Levan が Remix するに至るわけです。

 

寺田創一氏の Remix コンピレ盤は、以前当ブログでご紹介したのだが、まあ、そちらでも手を変え品を変え、いろんなテイストで Remix していたのだけれど、やっぱりアングラ感が拭えなかったかなあ。

でも、こちらは現役アイドルのオフィシャル・リリースだけあって、適度にカラフルでフツーのアイドルファンでも聴ける仕上がりとなっているような。

 

前々から不思議に思っていたのだが、讃美歌のメロディーが使われているのは、ひょっとすると今作がクリスマス時期のリリースだったから?

 

★★★☆

 

--------------------

島田奈美の過去レヴューは ↓

Sunshower Remixes finalized
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:36 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

クレイジーキャッツ スーパーデラックス 平成無責任増補盤

今日、タワレコ新宿を例によって巡回していたら、洋楽フロアにいつになくレジ待ちの行列ができていて、しかも洋楽フロアではあまり見かけない若い女性が目立っていたので、いったい何事かと思ったら、どうやら嵐のベスト盤がリリースされたらしく、邦楽フロアでは捌ききれなくって、洋楽フロアにまで流れ込んでいた模様。

ということは、そんなに常連客ではないと思われるのだが、みんなアプリなどを示してきっちりポイントを付けてもらっていて、それで時間がかかっていたのだ。男性なら、常連客じゃあなければ、めんどくさいのでポイントなんかいらないよ、と言いそうなところなのだが、やっぱり女性はしっかりしていますねえ。

 

で、それとは全く関係なく、↓ のライヴ盤に連動して再発されたクレイジーキャッツのベスト盤。

えーと、大瀧詠一の訃報記事を書いたときにピックアップした盤のリイシューなのだが、公式によると、元々は 1986 年にアナログで発売されたものを、2000 年に CD 化、そして今回、拡大リイシューしたものとのこと。

記憶が定かではないのだが、おそらく初 CD 化されたものを買っているはずで、CD 棚をちゃんと探せば見つけられるのだろうが、拡大リイシュー盤とのことなので、まあ、ついでに買っておくか、みたいな。

とは言うものの、タイトルからして、拡大されているのは間違いないのだろうが、旧盤の記憶が薄れているので、どれくらい拡大されているのかわからないという…。

何だ、それ?

 

まあ、中味の方は、今さらもう書くべきこともないほど、聴き尽してきているし、クオリティは保証できまする。

そんなこんなで、今さら採点する必要もないのかなあ。
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:50 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Niagara Concert '83 / 大瀧詠一

今は亡き大瀧詠一の発掘ライヴ盤。

2CD + DVD のセットで、CD-1 は 1983/7/24 西武球場での All Night Nippon Super Fes. での録音。CD-2 はその他のライヴでのオールディーズ・カヴァーのコンピレーション。そして DVD は 1977/6/20 渋谷公会堂でのライヴ。

いや、大瀧詠一を出すなら、City Pop からの方がつながりがいいのはわかっているのだが、そうするとこの後の乃木坂の置き場所に困ることになりそうなので。

と言うか、個人的に大瀧詠一はかなり遠いところにいて、彼のアルバムをちゃんと聴いたことは一度もない。亡くなったときは記事にしたのだが、使ったのは「風立ちぬ」とクレイジーキャッツだったし。

なので、それこそ、何で今さらなのかと言うと、要するに同居人の趣味です。

 

ライナーによると、彼は A LONG VACATION 以降、3 回しかライヴをやっていないのだが、やるときはやると申しましょうか、この西武球場ライヴは新日本フィルのストリングスをフィーチャーした(全体の 1/3 ぐらいは Niagara Fall of Sound Orchestral 名義のインストだけど。)、野外とは思えないような豪華なもの。セットリストも薬師丸ひろ子提供曲や、「冬のリビエラ」夏ヴァージョンなどサービス満点だ。これはもうファンにはたまらない物件でしょう。

2 枚目のオールディーズは、さすがに年代が違うので、個人的にはあまり…。

えーと、DVD は、なんだかうちの PC の調子が悪くって、勝手に静止画になっちゃったりしているので…。シリアポールが出たりしているようだけど。

 

そんな感じなので、とりあえず今日の採点はパスさせていただきましょうか。
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:14 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

Pacific Breeze: Japanese City Pop, AOR and Boogie 1976-1986

↓ の qimygo のルーツであるらしい、ジャパニーズ・シティポップ系のコンピレ盤。

リリース元は好事家向け再発レーベル Light In The Attic で、要するに逆輸入系と申しましょうか。

ジャケ画は、以前、マニアックな Philly コンピレをセレクトしていた永井博氏。いま、タワレコ 40 周年ということで、記念コンピレのジャケ画も彼が担当しているんだけど、そのジャケ画とそっくりじゃあないか。

 

それはさておき、近ごろ、ブームということらしく、いわゆる和モノのコンピレや Mix 盤が数多くリリースされていて、まあ、そのうち何枚かは当ブログでもご紹介しているのだが、国内盤はツボを押さえてはいるけれど、やっぱりレーベル縛りの掟があったりするので、そういう意味では海外レーベルの方が面白かったりする。予想もしなかったセレクションをしている場合もあるし。

 

で、今作。

そうは言っても、過去にご紹介した盤とそんなに違いはないのだけど、ティンパンアレー系、特に細野晴臣関連が多めにセレクトされているので、その勢いでテクノ色がちょっと強めになっているような。

ちなみに、この手のコンピレの常連、当山ひとみは今回も登場しているけれど、大橋純子は欠席です。

あと、小林泉美が「コーヒー・ルンバ」を演っていて、↓ とカブっていますねー。まあ、デジタルクンビアではないけれど。

 

★★★★
 

J-POP / J-ROCK 区切り 23:09 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

+ 1/27PAGES + >>