<< FABRICLIVE 57 / Jackmaster / main / FABRICLIVE 56 / Pearson Sound : Ramadanman >>

DJ Kicks / Motor City Drum Ensemble

何か悲しいことでも?約半年ぶりに DJ Kicks のレヴューを。
今回登場するのは、Motor City Drum Ensemble。
何だか、名前からしてデトロイトっぽいが、実際はドイツの人らしい。
Motor City Drum Ensemble こと Danilo Plessow はわずか 6 歳からジャズドラムを叩き、11 歳でコンピューターを使う音楽制作をはじめた。ジャズ、ソウル、ファンク、ヒップホップ、そしてハウスに影響を受け、若干 16 歳でファースト EP をリリース、その後ジャイルス・ピーターソンなど、世界で活躍するレフトフィールド DJ たちのフェイバリットプロジェクトである「Inverse Cinematics」を Joachim Tobias と共に結成、7 枚の 12 インチレコード、1 枚の LP、多くのリミックスやコンピレーションを手がけた。いくつかの Nujazz、アンダーグラウンド HipHop プロジェクトを経た後、2008 年、Danilo は自身の幹であるルーツ、ハウスミュージックに戻り、「Motor City Drum Ensemble」プロジェクトを開始。ソウル、ディスコ、そしてデトロイト、シカゴの 90 年代ハウスの要所にリスペクトを表し、ムーディーマンやセオ・パリッシュなどを髣髴させる BPM120 弱の漆黒のコズミック・ソウルとジャイルス・ピーターソンまでを虜にする全方位のクロスオーバー・センスを用いた EP シリーズ「Raw Cuts」を発表し、インターネット上のハウス・テクノバイブル「レジデント・アドバイザー」に大きくフューチュアされるなどその才能はワールドワイドに波及している。
ということなんだとか。少々、パクリが長すぎたか。

さて、こちらの mix、登場するメンツを見てみれば、振れ幅の大きさは昨日の Jackmaster を上回ってる。なにせ、オープニングが Sun Ra だからねー。
その後、Rhythm & Sound、Tony Allen、Mr. Fingers、Robert Hood、Loose Joints、AFX、Recloose と来るもんね。
でも、聴いてみたら、ボトムに一貫してミニマルな感触があって、クールで端正な印象。
KDJ 一派と言うよりは、Henrik Schwarz あたりに近い感触と申しましょうか。
エンディングは意外な感じだったけどね。

★★★★

--------------------
DJ Kicks の過去レヴューは ↓
DJ Kicks / Apparat
DJ Kicks / Chromeo
DJ Kicks / Hot Chip
DJ Kicks / Henrik Schwarz
 

other compilations / mix cd 区切り 23:09 区切り comments(0) 区切り trackbacks(2) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:09 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback

Motor City Drum Ensemble - DJ Kicks (Studio !K7:!K285CD)
Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(日本盤) タイコクラブへの出演が決まっていたにも拘らず、東日本大震災の影響で来日がキャンセルとなったMotor City Drum EnsembleことDanilo Plessowでしたが、その穴を埋めるには十分な作品がリリースされました。St

| Tokyo Experiment | 2011/08/18 12:08 PM |

MOTOR CUTY DRUM ENSEMBLE - DJ KICKS
 2011年に聴いたミックスの中で暫定1位なのが、Motor City Drum EnsembleによるDJ KICKSだったりする。そこまでの派手さはないけど、飽きさせない展開とほのかなトライバル感あって、一旦プレイしたら最後まで聴いてまう。ちなみにレコードだと楽曲はセパレート仕様で

| Aso Parade | 2011/09/05 3:13 AM |