<< Red Hot + Fela / main / S.O.S. + Sands Of Time / The S.O.S. Band >>

Purple Snow : Forecasting The Minneapolis Sound

カンパ〜イ今日は、濃すぎるが故に当ブログにもあまり登場しない Numero の記念すべき No. 50。
タイトルのとおり、ツイン・シティの片割れミネアポリス・サウンドの原型を集めた 2 枚組コンピレ盤。
オリジナル録音時期は 1974〜84 年。全 32 トラックのうち、半分弱が未発表曲だ。

冒頭、94 East の "If You See Me" で、Prince Nelson という人が小気味よいギターを弾いている。この Nelson 氏、他にも数曲でギターを弾いているようだ。
その他に登場するのは、後に The Time となる Flyte Tyme、Jimmy Jam が参加していた Mind & Matter、Alexander O'Neal、André Cymone (Jody Watley でおなじみ)などなど。

70s の作品は、少々クセはあるけれど、まあ、フツーのファンク系、スウィート・ソウル系、フィリー系等なのだが、'80 年を越えたあたりから、いわゆるミネアポリス・サウンドがはっきりと現れてくる。
ということで、ありきたりだけど、ミネアポリス・サウンドの形成過程を知ることができる貴重なコンピレと言えましょう。

ところで、このコンピレ、50 作目を記念してか、豪華ハードカヴァー仕様のパッケージとなっていて、ライナーがなんと 140 ページを超えているんですねえ。
さすがにこれは、全部読み切れないなー。

★★★★

--------------------
Numero の過去レヴューは ↓
Don't Stop : Recording TAP
Personal Space : Electronic Soul 1974-1984
Los Nombres
Gone : The Promises Of Yesterday / 24-Carat Black
You Can Fly On My Aeroplane / Wee
 

SOUL 区切り 23:38 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:38 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/1910

Trackback