<< Record Collectors 2014 Reggae Reissue Album Best 5 / main / いやおうなしに >>

Tribal Inna Yard / Freddy McKay

不遇なシンガー「誰が買うんだ」盤のレヴューに戻ります。
3 枚目はベテラン・シンガー Freddy (Freddie) McKay の 1983 年作品。
リイシュー元は、仏 Iroko (ライナーによると、アイロコと呼ぶようだ。)なるレーベルで、あまりなじみがないなあと思ったら、12" などアナログの復刻を中心としている模様。

さて、McKay 氏は 60s 半ばから活動していて、Prince Buster、Duke Reid、Coxsone Dodd の下でレコーディングを行っていた。
中では、スタワンでの「Picture On The Wall」や初期ルーツの名作「Lonely Man」あたりのアルバムが有名でしょうか。

で、今作は、Linval Thompson の制作、演奏は Roots Radics、Mix は Scientist、と役者が勢揃いの作品。
それに、ソウルフルで定評がある彼のヴォーカルが乗っかっているとあれば、悪いわけがないでしょう。

彼は、この後すぐ、'86 年に心臓発作で亡くなってしまうのだが、実力もあり、名作も残しているのに、残念ながら一般的な知名度はほとんどないと言える。
レゲエ界の常ではあるが、やっぱり、7" 中心の活動で、レーベルを渡り歩いていると、そうなってしまいがちなのかなあ。

★★★★
 

REGGAE 区切り 22:57 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 22:57 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2101

Trackback