<< On The Way To The Peak Of Normal / Holger Czukay / main / Disco / Grace Jones >>

Der Osten Ist Rot & Rome Remains Rome + Eleven Years Innerspace / Holger Czukay

東は赤い。Holger Czukay 紙ジャケ・シリーズの 2 枚目は、1984 年の 4th 「Der Osten Ist Rot」と '87 年の 5th 「Rome Remains Rome」の 2 in 1。
ライナーによると、ストレートな 2 in 1 ではなく、2014 年にリリースされた両者の抜粋合体盤 10" × 2 と、その後の Record Store Day にリリースされた、↑ とは重複しない、これまた 10" × 2 を合体させ、オリジナルの曲順に並び替えたものなのだとか。結果的に、「Der Osten 〜」のうち 2 曲が欠落している模様。

「Der Osten 〜」も昔ちょっと聴いた記憶がある。
M-1 が妙に明るい Pop Song だったり、M-2 に妙な日本語が登場したり、インダストリアルなサウンド・コラージュがあったり、かなり振幅が大きい難敵だったのだが、タイトル曲が中華人民共和国国歌のコラージュ版で、「Persian Love」から入った者としては、前作より取っつきやすかったかな。
ライナーによると、このワールド・ミュージック・コラージュ路線は、"E.F.S." (= Ethnological Forgery Series。ニセ民族音楽シリーズ?)と呼ばれていたらしい。

後半の「Rome Remains 〜」の方は、聴いたことあるのかないのか、すら記憶になかったのだが、基本的に同じ路線。
ブルージーに始まりつつ、グレゴリオ聖歌やローマ法王の声をコラージュした畏れ多い "Blessed Easter" や、Jah Wobble も参加した "Sudetenland" など、"E.F.S." 目当ての者にとっては更に親しみやすい展開だと思っていたら、ラテン系や JB の声ネタまであったりして。
なかなか面白かったですね。

★★★★

気さくな爺さんそして 3 枚目は、今年 4 月の Record Store Day に限定 500 セットがリリースされた、またまたアナログ 10" × 2 を日本限定で CD 化したもの。
ライナーによると、タイトルのとおり、ケルンにあった Innerspace Studio での 1968〜1979 の 11 年間の未発表曲をコンピレしているらしいのだが、過去曲の別ヴァージョンや短縮版も含まれているようだ。
でも、全 6 曲の詳しい情報は、「本人が何も教えてくれない」のでわからないのだとか。

聴いてみたところ、おそらく M-4 は Can のアウトテイクなのだろうが、他は彼お得意のコラージュ物。
但し、M-5 のシューベルトのコラージュなど、ノンビートのトラックが多くって、個人的には少々厳しかったかなあ。

★★★☆

--------------------
Can (Holger Czukay)の過去レヴューは ↓
On The Way To The Peak Of Normal / Holger Czukay
Tago Mago (40th Anniversary Edition) / Can
 

ALTERNATIVE 区切り 23:09 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:09 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2333

Trackback