<< Disco / Grace Jones / main / Tropical Disco Hustle Volume Two >>

DISCO 2 : A Further Fine Selection of Independent Disco, Modern Soul and Boogie 1976-80

LiLiCo?同じく 70s 後半の Disco 系を。
オランダのディスコ番長こと Disco Patrick によるマイナー・レーベルのディスコ・コンピレ from Soul Jazz の続編。

前作をご紹介したのは半年ぐらい前なのだが、その間、このあたりのマイナー地下ディスコ系を結構聴いてきたので、以前に比べて、ライナー読んでもちんぷんかんぷん、というようなこともなくなってきた。
マイナー・レーベルと言っても、TK-Disco や Salsoul 傘下の Free Spirit あたりから、ワン・ショット・レーベルまで様々(あ、今回は Salsoul 本体の Ripple までいた!)なのだが、地下ディスコ界お決まりの変名・匿名構成員の実体を解明したライナーを見てみると、キー・パーソンは自ずと絞られてくるわけで、なるほど、前作を聴いたときに、マイナーなのにチープじゃないと感じたのは、そういうことだったのか。

まあ、今回は ↑ の Ripple の他、またしても登場した Cream De Coco、更には Timmy Thomas などというどこかで見かけたことあるネームもあったりして、前作ほどの得体の知れなさはないかな。
と思ったら、Anita Maldonado なるクレジットの、非常識にも 16 分以上にわたるとんでもないトラックがあったりして、油断できないのだが。

★★★★

--------------------
Disco @ Soul Jazz の過去レヴューは ↓
DISCO : A Fine Selection of Independent Disco, Modern Soul and Boogie 1978-82
 

DISCO 区切り 23:42 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:42 区切り - 区切り - 区切り

Comment

質問をすみません、この1&2は国内盤と輸入盤のどちらを買われましたか?
国内盤のライナーが何処まで訳されてるか気になり…ブラッド&ファイヤー国内盤みたいな細かさは気にしませんが、くだらい(国内盤オリジナル)ライナーなら輸入盤をと考えてるので。

Bu 区切り 2015/11/13 1:16 PM

Bu さん、初めまして。
自分が買ったのは国内盤ですが、付属しているライナーは英文の対訳のみです。
元々の英文自体がそんなに小難しい文章ではないので、国内盤でなくてもよかったような気もします。

ayu-mikasama 区切り 2015/11/14 12:27 AM

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2335

Trackback