<< Mah-Ná-Mah-Ná / The Dave Pell Singers / main / No Pier Pressure / Brian Wilson >>

The Many Moods Of Murry Wilson + Here Today!: the songs of Brian Wilson

デザインはかなりイイ。Suburbia Suite Collection 1000 シリーズの 2 枚目は、The Beach Boys の Wilson 兄弟の実父にして、悪名高きマネージャーでもあった Murry Wilson の 1967 年産ソロ名義アルバム。

彼は、確か "Help Me Rhonda" か何かのレコーディングの際にクビになったはずなので、'67 年と言うと、息子たちとは絶縁状態になっているはず。
なのに、息子たちと同じ Capitol から、しかも「All Summer Long」に似たデザイン(但し、個人的には、おねえさんたちがコラージュされた、こちらの方が全然好みだが。)のアルバムをリリースしているなんて。
更には、M-10 "Italia" は Al Jardine のオリジナル(元々は Beach Boys には合わないとしてボツになった曲らしい。)だし、また、その曲は Brian が Prod. しているとの説まであるとは、切っても切れない親子関係といったところか。

さて、内容の方は、ストリングスをフィーチャーした、いわゆるイージーリスニングの類い。
それ以外に書くことも特に見当たらず、そもそも、ネームとしてそれなりに知られているということ以外に、リイシューする意味があったのだろうか、と思ってみたり。
そんなことを書いていると、じゃあ、自分も買ってるじゃあないか、と言われそうだが。

ところで、今作周辺情報を検索していたら、Mike Love の甥っ子が NBA で活躍していて、全米ナショナル・チームのメンバーとして、世界選手権やロンドン・オリンピックで金メダルを取っていることを初めて知りました。

★★★

孤独な天才ついでに、もう 1 枚。
Ace Records からの Brian Wilson 作品のカヴァー曲集。
同レーベルでは、Songwriter Series と称して、同趣向のアルバムが多数リリースされているようで、さっき公式をのぞきにいったら、Bacharach やら Allen Toussaint やら Goffin & King やら、かれこれ 40 作品以上がラインアップされていた。
あ、Ashford & Simpson や Phillip Mitchell まで、あるみたいだぞ。

さて、今作に関しては、タイトルに使われているのが Pet Sounds Era の曲だし、冒頭の M-1 が幻の Sweet Insanity 収録曲の Darian Sahanaja によるカヴァーだったりして、いきなり盛り上がるわけですよ。
でも、その後、序盤〜中盤の約 2/3 のほとんどがサーフィン or ホットロッド系で、そのあたりの曲って、どうしても原曲尊重型になっちゃうんだよねー。
まあ、終盤は Pet Sounds 曲が続き、Betty Everett の "God Only Knows" とか、Carmen McRae の "Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder)" とか、意外なセレクションがなかなか面白かった。

ラストの Kirsty MacColl の "You Still Believe In Me" は、Xmas ソングを思わせるアレンジで、季節柄いい感じでしたねえ。
… って、今作がリリースされたのは、今年の真夏だったっけ?

★★★☆

--------------------
The Beach Boys = Brian Wilson 関連の過去レヴューは ↓
Made In California / The Beach Boys
That's Why God Made The Radio / The Beach Boys
The Beach Boys Disc Guide + Pet Sounds / Jim Fusilli
In The Key Of Disney / Brian Wilson
The Smile Sessions / The Beach Boys
Reimagines Gershwin / Brian Wilson
That Lucky Old Sun / Brian Wilson
Pacific Ocean Blue (Legacy Edition) / Dennis Wilson
 

ROCK / POP 区切り 23:44 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:44 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2362

Trackback