<< David Bowie RIP / main / Red Carpet / Namie Amuro >>

Sound+Vision / David Bowie

少々クセあり。Bowie さんと言えば、1 年ぐらい前に買ったコンピレ盤をレヴューするタイミングを失したままになっていた。

こちら「Sound+Vision」は、元々は 1989 年に彼の RCA カタログが Rykodisc からリイシューされる前に予告編的扱いとしてリリースされたもの。
3CD + Video-CD (だから "Sound+Vision" だったのか?)の計 4 枚が、LP サイズの透明ケースに収納されていたのだが、今ではフツーになっている、リイシューの際の発掘音源収録が当時は珍しかったものだから、かなり興奮しながら聴いていた記憶が。
このとおり、オリジナル盤は "Space Oddity" (1969)から、↓ で PV をアップした "Ashes To Ashes" from 「Scary Monsters」(1980)までのセレクションだったのだが、2003 年に "Baal" (1982)〜「The Buddha Of Suburbia」(1993)までの音源を追加した 4CD ヴァージョンとして復刻され、それが更に 2014 年にリイシューされたわけです。

実は、このセットを買った直後に、新たに「Nothing Has Changed」なる 3CD コンピレがリリースされていて、そちらは当時の最新盤「The Next Day」までカヴァーしたオールタイム・ベストだったので、やや損したような気分になったんだよね。
そのときは、それ以上深追いしなかったのだが、さっき調べてみたら、「Nothing 〜」がヒット曲を漏らさずセレクトしているのに対して、こちらは "Aladdin Sane" は入ってないし、"Heroes" は独語ヴァージョンだし、果ては "Let's Dance" すら入ってないという、かなりクセのあるセレクションで、要するにマニア向けと言えましょう。

まあ、今日は採点など、無粋なことはやめておきましょう。

--------------------
David Bowie の過去レヴューは ↓
 

ROCK / POP 区切り 23:44 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:44 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2388

Trackback