<< Rastafari: The Dreads Enter Babylon 1955-83 / main / Ninja Mi Ninja Showcase / Courtney Melody >>

Two Big Bull In A One Pen / Anthony Red Rose & King Kong

昨日、近所の diskunion を巡回していたら、一昨日レヴューした Gladdy のアルバムが、なんと 1000 円で売られているではないか。
それなりに評判がいい作品のはずなのだが、やっぱり Reggae って人気ないんだねー。
それで、ふと思いついて、diskunion の web 通販を調べてみたら、Scientist の漫画ジャケ・シリーズ、Upsetters の「The Good, The Bad 〜」の Jamaican Edition、Tommy McCook の Dub I 逆転ジャケなどなど、このブログで過去レヴューしてきた盤が軒並みセール価格だ。
Gladdy の前日にレヴューした Jerry Harris に至っては、いきなり 540 円になってた。
なんか、こういうの見ると、リリース直後に慌てて買い集めるのが、バカらしくなるなあ。

神の手で、そんな中、Dub Store から、King Tubby の Firehouse 作品が 2 枚リリースされている。
いや、Scientist あたりでも ↑ のような状況なのに、こんなのリリースするなんて、無謀にも程がある。

それで、1 枚目が "Tempo" で知られる Anthony Red Rose と King Kong の 1986 年産 Showdown アルバム。
なんでサッカーしてるのか、と思ったら、この年はワールドカップ・イヤーだったのか。
検索してみたところ、マラドーナが「神の手」でイングランドを破ったのがこの大会だったようだ。

元々、King Tubby が Jammys のコンピュータライズド・リディムに対抗すべく制作したのが、"Tempo" や Firehouse 作品群で、要するに、ルーツ至上主義者から忌み嫌われているデジタル・レゲエ最初期なわけです。
今作では、アナログ各面の 1 曲目、すなわち M-1、M-6 が Anthony Red Rose と King Kong 両者の共演で、残りはそれぞれのソロ録音。
参加メンバーは、Steely & Clevie の他、Flabba Holt (B)、Bingy Bunny、Dwight Pickney (G)など。
今作に関しては、デジタルとは言うものの、それなりに厚みのあるサウンドで、想像していたよりは聴きやすかったかなあ。
やっぱり、メンバーがいいからでしょうかね。

★★★☆

--------------------
King Tubby の過去レヴューは ↓
Gussie presenting The Right Tracks
I Admire You In Dub / King Tubbys Meets Larry Marshall
Herb Dub / Jah Lloyd
Evolution Of Dub Volume 7 : Creationist Rebel (King Tubby Meets The Upsetter At the Grass Roots of Dub, King Tubby Surrounded By The Dreads At The National Arena)
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3
King Tubby's Prophesy of Dub / Yabby U
Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2
Greenwich Farm Rub A Dub / King Tubby & Scientist
Clocktower Records Presents King Tubby's Rastafari Dub (1974-1979)
Shalom Dub / King Tubby and The Aggrovators
Linval Thompson Meets King Tubbys "Ina Reggae Style Dub" "Dis A Yard Dub"
Original Ragga Muffin (1975-77) / Jah Stitch
Blazing Horns - Tenor In Roots / Tommy McCook
King Of Dub
Sound System International Dub LP / King Tubby & The Clancy Eccles All Stars
Dub Like Dirt 1975-1977 / King Tubby & Friends
Heroes of Reggae in Dub / The Skatalites meet King Tubby
Big Dub : Glen Brown Meets King Tubby 15 Dubs From Lost Tapes
Freedom Sounds In Dub / King Tubby & Soul Syndicate
If Deejay Was Your Trade : The Dreads at King Tubby's 1974-1977
Termination Dub (1973-79) / Glen Brown and King Tubby
Evolution Of Dub Volume 2 : The Great Leap Forward (Brass Rockers / Tommy McCook & The Aggravators)
Dub Me / Morwell Unlimited Meet King Tubby's
Zion High / Ranking Joe
Once Upon A Time At King Tubby's
Evolution Of Dub Volume 1 : The Origin Of The Species (Dub From The Roots / King Tubby, The Roots Of Dub / King Tubby, Dubbing With The Observer / Observer All Stars & King Tubby)
Black & White In Dub / Carlton Patterson & King Tubby
King Tubby meets The Aggrovators at Dub Station
 

REGGAE 区切り 23:31 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:31 区切り - 区切り - 区切り

Comment

ホント怒りを出したいぐらいユニオンにはやられます。
前は(主に)サイトでレゲエ関係はアウトレット価格になってましたが、Gladdyのは安値で取り置き物をキャンセルしようか悩んでます(が入荷待ちと一斉なので他の値段が変わりそうで…)。
SCIENTISTやJerry Harrisなどユニオン自体が国内盤を出す作品は、発売直後に飛びつくのは考えたりな最近です。
ダブストアも月1〜2の限定セールで、自社レーベルのレコードがセールで出たりしてて…いい気分はしませんよね、(自分は今の余裕では)パス物ですが。

でも確かに何処もレゲエコーナーは年々小さくなってますね。

区切り 2016/02/29 1:37 AM

通さん、こんばんは。
マイナーなジャンルを好む者としては、国内仕様盤のリリースは喜ばしくはあるのですが、すぐに値下げされてしまうのもちょっと…。
まあ、在庫として残ってしまうぐらいなら、何でもいいから売ってしまえ、という感じなのでしょう。
昨年末の Beat Records の Warp などの一斉値下げも結構ショックでした。

ayu-mikasama 区切り 2016/02/29 10:52 PM

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2430

Trackback