<< House Masters Volume Two / Masters At Work / main / Prince @ youtube >>

Universes / Seven Davis Jr

由来は?さて、今日は Seven Davis Jr の 1st アルバム。
この名前を最初に見かけたとき、Sammy Davis Jr というかつてのエンターテイナーを真っ先に思い出したのだが、やっぱり狙ってこんな名前を名乗っているのだろうか。それとも、何かの偶然?
ライナーによると、幼いころにナット・キング・コール、シナトラ、バカラック、そしてサミー・ディヴィスを聴いていたらしいので、確信犯のような気もする。

で、その実態は、ハウスとファンク=ソウルの融合体だった。
と書くと、何だかありふれたイメージだけど、ファンク=ソウルにありがちなトゥー・マッチ感がほとんどないところが新鮮で、今までありそうでなかった感じと申しましょうか。
いかにも Ninja Tune といったところです。
インストの M-2 "Freedom" なんかは、コズミック・ディスコ的な仕上がりで、なかなかカッコいいです。

★★★★
 

HOUSE 区切り 23:44 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:44 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2478

Trackback

Seven Davis Jr - Universes (Ninja Tune:ZENCD224)
Amazonで詳しく見る(日本盤) Amazonで詳しく見る(MP3) ヒップ・ホップやブレイク・ビーツにロックなど雑食性が高く癖のある音楽性を得意とするNinja Tuneにとってでさえ、2015年はレーベルにとって印象に残るような一年となるだろう。何と言っても二人の才能ある若

| Tokyo Experiment | 2016/04/29 1:47 AM |