<< Prins Thomas Presents Paradise Goulash / main / Overseas Call & Exclusivamente Brasil Vol.3 / Paul Mauriat >>

Principe del Norte / Prins Thomas

IV じゃあなかったのね。そして、Prins Thomas をもう 1 枚、こちらはオリジナル盤ですね。

これまでの彼自身名義のアルバムは、II だとか、III だとか、素っ気ないタイトルだったのに、今回はちょっと様子が違います。
なんでも、あちらこちらのキャプションなどによると、アンビエント系なのだとか。
そう言えば、トラック名がアナログ 4LP の各面に対応した A1、A2、B、C、… H となっていて、そのあたりも何となくアンビエント風。
これは手強そうです。

と、それなりに覚悟しつつ聴いてみたのだが、2CD の前半 1 枚目は、なるほどアンビエントと言われればそうかと思うが、アンビエントというよりは、いわゆるクラウトロックあたりに近い感じで、そんなに身構えるほどのことはなかったですねー。
そして、後半 2 枚目は、従来同様のコズミックなディスコ・ビートが主役じゃあないですか。
いやあ、最初にキャプション見たときはどうしようかと思っていたのだが、これならアンビエント不感症の自分でも十分楽しめました。

★★★★

--------------------
Prins Thomas の過去レヴューは ↓
Prins Thomas Presents Paradise Goulash
Rainbow Disco Club Vol.1 / Prins Thomas
10 Years Of Full Pupp (2004-2014)
III / Prins Thomas
II / LindstrØm & Prins Thomas
II / Prins Thomas
Prins Thomas Presents Cosmo Galactic Prism
Zero Set II - Reconstruct
Prins Thomas
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 23:56 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:56 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2481

Trackback

Prins Thomas - Principe Del Norte ( Smalltown Supersound:STS269CD)
Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(アナログ盤) ノルウェーはOsloからのニュー・ディスコ旋風を盛り上げた一人でもあるPrins Thomasの新作は、何と KLFやThe OrbにThe Black Dogなどから影響を受けたというアンビエント寄りの作品だと聴いた時に、衝撃を

| Tokyo Experiment | 2016/05/05 1:11 PM |