<< Dub Off Her Blouse & Skirt Volume 1 + 3 / The Revolutionaries / main / Select Cuts From Blood & Fire Chapter One + Two >>

Sherwood At The Controls Volume 2: 1985-1990

今度は脳内記憶装置Adrian Sherwood のプロダクション・アーカイヴ第 2 弾。

第 1 弾はおよそ 1 年ぐらい前にご紹介しましたかねえ。

 

彼が 1983 年の Prince Far I の死に衝撃を受けて、しばらくレゲエ離れをしていたのは有名な話で、このブログでも書いたことがあるはず。その後、Scratch との邂逅により、「Time Boom X De Devil Dead」でレゲエ界に復帰することになるのだが、その間、Sugarhill 界隈で NY hiphop Classic を演奏していた連中(要するに、Tackhead だったり、Fats Comet だったり。)と行動を共にしていたり、ポスト・パンク・シーンにインダストリアルなトラックを提供していたりしていたわけです。

 

今作では、そのあたりからレゲエ復帰まで、的なストーリー仕立てとなっておりまする。

これまた、半年ぐらい前にご紹介した Trevor Jackson のコンピレと、コンセプトが若干カブり気味のような気もするけど、まあ、そういうことは気にせずに行きましょう。

Scratch のトラックは未発表のアウトテイクだし。

 

★★★★

 

--------------------

Adrian Sherwood の過去レヴューは ↓

Bleeds / Roots Manuva

Trevor Jackson Presents Science Fiction Dancehall Classics
Late Night Endless / Sherwood & Pinch
Sherwood At The Controls Volume 1 : 1979-1984
The Music Killer EP / Sherwood & Pinch
Jungle Revolution / Congo Natty
Recovery Time / Adrian Sherwood
Survival & Resistance / Adrian Sherwood
Love Forever / New Age Steppers
On-U Sound Presents Lee "Scratch" Perry Nu Sound & Version
Dubsetter / Lee "Scratch" Perry & Adrian Sherwood
The Modern Sound of Harry Beckett
The Mighty Upsetter / Lee "Scratch" Perry
Becoming A Cliche / Adrian Sherwood
 

DUB 区切り 01:00 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 01:00 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2551

Trackback