<< AIM / M.I.A. / main / Starboy / The Weeknd >>

Lemonade / Beyoncé

おばあさん曰くとうとう 2016 年最後の記事になりました。ラストはビヨンセで。

いや、内容的に重いので、先送りにしているうちに機を失してしまったと言うか…。

リリースされたのは半年以上前だもんねえ。

 

タイトルは、Jay-Z のおばあさんの 90 歳の誕生パーティーでの "I had my ups and downs, but I always find the inner strength to pull myself up. I was served lemons, but I made lemonade" に由来するのだとか。

で、今さらですが、今作は前作に続く Visual Album となっているのだが、各曲のアタマに Denial とか Anger とか Emptiness とかいう、モノローグの導入部があって、なんだかヘヴィーな印象。

ここでも英語力のなさを再認識したと言うか、そんなことなら日本盤を買えばいいのだろうが、日本盤は倍近い価格設定だからなあ。

 

音楽的にも、R&B 一辺倒ではなく、レゲエっぽいものとか、ロックっぽいものとか、いわゆるアメリカーナ系とか、ヴァラエティに富んでいて、従来よりワンランク・アップしたと申しましょうか、なかなか手強いアルバムでございました。

あ、ゲストには、James Blake、The Weeknd、Kendrick Lamar など、相変わらず気の利いたメンツを参集させております。

 

★★★★

 

--------------------

Beyoncé の過去レヴューは ↓

Beyoncé

4 / Beyoncé
I Am... World Tour / Beyoncé
Beyoncé @ Saitama Super Arena
Above And Beyoncé : Video Collection & Dance Mixes / Beyoncé
I Am... Sasha Fierce / Beyoncé
Irreplaceable - Listen / Beyonce
 

 

で、本来なら、ここで締めるところなのだが、先ほど思わぬ訃報を発見したので。

いや、新年早々訃報から始めるわけにもいかないし…。

 

映画『男と女』の歌手ピエール・バルーさん死去一緒なら、きっと、うまくいくさ

1966 年の名作フランス映画『男と女(Un homme et une femme)』のテーマ曲で作詞と歌を務めたシンガー・ソングライター/作曲家のピエール・バルー(Pierre Barouh)さん(82)が 28 日、死去した。妻の潮田敦子(Atsuko Ushioda)さんが明らかにした。

潮田さんがAFPに語ったところによると、バルーさんは5日間にわたり入院していたが、心臓発作により亡くなった。

いや、先日、日経の最終面に Saravah の成り立ちについて寄稿していたと記憶していたのだが…。

どうも、日経の最終面に載ると、不幸なことが多いようだ。

「Le Pollen」は昔愛聴してたなあ。最近は入手しにくいみたいだけど。

ご冥福をお祈りします。

 

えーと、訃報で一年を締めてしまったのだけど、まあ、とにかく、みなさまよいお年を。
 

R&B 区切り 18:28 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 18:28 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2660

Trackback