<< Soul Clap / main / 丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンと P ファンク軍団の決めゼリフ >>

Motor City Booty / Amp Fiddler

祝初登場P-Funk ネタが登場したところで、本家ゆかりの Amp Fiddler のソロ名義アルバムを。

彼のアルバムは、2008 年のスラロビとの共演「Inspiration Information」以来、ソロ名義となると 2006 年の「Afro Strut」以来ということで、以前にも書いたかも知れないが、ソロ名義では当ブログ初登場ということになる。

J Dilla から Model 500 まで、あちらこちらに客演として登場していたので、初めてという感じが全然しないのだが。

 

で、今作は Yam Who? なる DJ ユニットが主宰する Midnight Riot レーベルからのリリース。

内容的には、直系 P-Funk あり、デトロイト・ビートダウン風あり、Sly 風リズムボックス・ファンクあり、みなさまご存知の "1960 What?" のゴスペル系カヴァーあり、更には Motown 風(しかも、それを自己サンプリングした四つ打ち改変版もあり)あり、と彼のキャリアやバックグラウンドが詰め込まれた構成となっている。

 

ジャケ画が南部の売れないラッパーのごとき垢抜けない感じなので、ショップで最初に見かけたときには、買うのを一瞬躊躇したのだが、そんなことは気にせず聴くのが吉でしょう。

 

★★★★☆

 

--------------------

Amp Fiddler の過去レヴューは ↓

Inspiration Information / Amp Fiddler + Sly & Robbie
 

FUNK 区切り 00:55 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 00:55 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2703

Trackback

Amp Fiddler - Motor City Booty (OCTAVE LAB.:OTCD-5886)
Amazonで詳しく見る(日本盤) Amazonで詳しく見る(MP3) ダンス・ミュージックの聖地であるデトロイトと言えばテクノ/ハウスに於けるオリジネーターやイノベイターが存在し、他にも数多くの才能がひしめき合って発展を遂げてきた。黒人音楽由来のファンクを電子化した

| Tokyo Experiment | 2017/02/22 12:02 PM |