<< Cracked Actor (Live Los Angeles '74) / Bowie / main / The Singles / Can >>

Heroes / King Crimson

Standing by the Wallそして、ボウイーさんの誰もが知ってる超名曲、NME あたりで「●●●の All Time Best 100」みたいな企画をやると、常に上位に入ってくる "Heroes" を、オリジナルでギターを弾いた Robert Fripp 翁率いる King Crimson がカヴァー、それもベルリンでのライヴを収録した EP 盤。

 

えーと、ひょっとすると、King Crimson は当ブログ初登場?

あ、Fripp & Eno をレヴューしたことがあったか。

その際にも書いたようだが、若いころは King Crimson を結構聴いてましたねー。

でも、今は誰がメンバーなのかも全く知らなくって。

あ、今は Mel Collins がいるのか。と言うか、ドラムスがいったい何人いるんだよ?

 

で、"Heroes" は全くオリジナルに忠実なカヴァーでしたね。

その他の収録曲もライヴテイクで、第 3 期でしたっけ? "Starless" とか "Easy Money" とかが中心。

"Starless" は前半部と言うか、ヴォーカル部分だけの編集ヴァージョンなので、特に書くこともなし。"Easy Money" はフル収録なので、まあ、それなりに聴きごたえありかな。

あと、日本盤ボートラとして、東京録音の "Peace" が収録されていて、あれ? こんな歌詞だっけ? と思ってたら、日本語だった。

最近はこんなこともやっているのか。ずいぶんサービスがいいですねえ。

 

個人的に、超久しぶりのクリムゾンなので、おまけしたいところだけど、やっぱり

★★★☆

ぐらいかなあ。

 

--------------------

King Crimson 関連の過去レヴューは ↓

No Pussyfooting / Fripp & Eno
 

ROCK / POP 区切り 23:38 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:38 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/2836

Trackback