<< Future Pop / Perfume / main / CAPTURISM / fox capture plan >>

Midnight In Tokyo Vol.2

半年ぐらい前に、Mule Musiq 傘下の新設レーベル Studio Mule からリリースされたジャパニーズ・ディスコ&ブギー、と言うか、今流行りの City Pops 系のコンピレ盤をご紹介したのだが、その第 2 弾をショップで発見。

このレーベル、

クラブミュージックから離れ、音楽的制限を無くし、その時々にフィットする少し変わった面白い音楽をリリースしていく

というコンセプトらしく、この Midnight In Tokyo シリーズも

東京の真夜中に聴くサントラというテーマで構成されたコンピレーション・アルバム

という設定のようだ。

 

で、今作なのだが、選曲者が前作の Toshiya Kawasaki 氏から、web レコードショップ ondas を運営する dubby 氏に交替。

内容も、前作の単純再生産ではなく、80s のエレクトリックなジャズフュージョン、これまた今流行りの言い回しでは和ジャズをコンピレしたものとなっている。

と言っても、ゴリゴリの和ジャズではなく、ヴォーカル物もあるし、アフロ・テイストだったり、トロピカル系(レゲエのつもり?)だったり、全体としては、前作の名残りとも言うべき、アーバン感溢れるセレクションとなっておりまする。

 

さっき検索してみたら、近く Vol.3 もリリースされるみたいで、楽しみですねー。

 

★★★★

 

--------------------

Midnight In Tokyo の過去レヴューは ↓

Midnight In Tokyo Vol.1
 

JAZZ / CROSSOVER 区切り 00:52 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 00:52 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/3134

Trackback

Midnight In Tokyo Vol. 2 (Studio Mule:Studio Mule 6 CD)
Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(日本盤) 近年再発掘がされる和モノはもはやムーブメントに近い勢いとなっているが、その流れに乗るレーベルも少なくはない。2005年の設立以降、ダンス・ミュージックのシーンにおいて世界規模での成功を成し遂げた日本

| Tokyo Experiment | 2019/03/01 11:33 AM |