<< Flamagra / Flying Lotus / main / DJ Kicks / Laurel Halo >>

Ambitions / Prins Thomas

またまた出ました、Prins Thomas の今回はソロ名義でのニューアルバム。

タイトルがいったんナンバー系に戻ったと思ったら、また変わりましたね。

それはさておき、前作「5」からは 1 年以上経っているのだけど、その間、コラボ作やら Mix やらがリリースされているので、全くご無沙汰感がありません。

 

キャプションによると、今作は、ヤキ・リーベツァイト、細野晴臣、ダニエル・ラノワ、シンイチ・アトベやリカルド・ヴィラロボスにインスピレーションを得て制作に着手した らしいのだが、まあ、いかにもな感じですね。

不勉強にして、シンイチ・アトベ氏は初めて聞くネームだったのだが、謎の伝説的邦人アーティストということらしい。

 

例の「Principe del Norte」でアンビエント方面に舵をきった後、「5」ではいわゆるコズミックディスコに揺り戻したように感じていたのだが、今にして思えば「5」は十分に脱フロア・モードだった。

それに比べれば、今作は、更に揺り戻したと申しましょうか、序盤のハッピーオーラ、いや、これは日向坂か、こういうクラブ系の場合は多幸感と言うのでしょうか、とにかく、そのあたりが感じられるだけで気が楽になる。

M-3 "Feel The Love" なんて、彼史上初のヴォーカル入りトラックだもんねえ。なんでも、このコーラスは、リトアニア出身のポーランド人で、ノルウェイに移住していた Alex なるシンガーの 1977 年産 "Feel A Love" をサンプリングしているとのこと。

初めて聞く曲名なので、さっき検索して聴いてみたら、バリバリのいなたいディスコチューンだった。

 

ところで、今作、日本盤もリリースされているというのに、いつも巡回しているショップには影も形もなく、結局、通販でオーダーする羽目に。どうしたんだろう、あまり売れないのかなあ。

 

★★★★

 

--------------------

Prins Thomas の過去レヴューは ↓

Smalltown Supersound 25: The Movement Of The Free Spirit

Bugge Wesseltoft & Prins Thomas

"Häxan" 'Versions' by Prins Thomas / Dungen

5 / Prins Thomas

Square One / Bjørn Torske & Prins Thomas

Principe del Norte Remixed / Prins Thomas

Principe del Norte / Prins Thomas

Prins Thomas Presents Paradise Goulash
Rainbow Disco Club Vol.1 / Prins Thomas
10 Years Of Full Pupp (2004-2014)
III / Prins Thomas
II / LindstrØm & Prins Thomas
II / Prins Thomas
Prins Thomas Presents Cosmo Galactic Prism
Zero Set II - Reconstruct
Prins Thomas
 

ELECTRONICA / etc. 区切り 23:12 区切り comments(0) 区切り trackbacks(1) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 23:12 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://mikasama.jugem.jp/trackback/3302

Trackback

Prins Thomas - Ambitions (Smalltown Supersound:STS344CD)
Amazonで詳しく見る(US盤) Amazonで詳しく見る(日本盤) 2017年にタイトル通りに5枚目となるアルバム『5』(過去レビュー)をリリースした後も、Bjorn TorskeやBugge Wesseltoftとも共同制作を行い2枚のアルバムをリリースと、多忙な活動を続けているノルウェー産ニュ

| Tokyo Experiment | 2019/09/04 12:41 PM |